国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/11/08

検索 詳細検索
   
 

2017/11/01号 2017/11/08号 2017/11/15号>    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『TIME TALENT ENERGY』  - 組織の生産性を最大化するマネジメント

人材関連書籍


プロローグ 本当に希少な経営資源
 第1章 組織の生産力を最大限に引き出すには
PART1 TIME [時間]
 第2章 組織の時間を取り戻せ
 第3章 オペレーティングモデルの簡素化
PART2 TALENT [人材]
 第4章 「違いを生み出す人材」を見つけて育てよ
 第5章 オールスターチームの編成・配置
PART3 ENERGY [意欲]
 第6章 社員のやる気を奮い立たせる
 第7章 「勝てる文化」を醸成せよ
エピローグ 好循環を生み出す
      日本企業への示唆

 マイケル・マンキンス/エリック・ガートン著 
 プレジデント社
 2017/10 317pp 2400円+税 
 9784833422437

 

 社員の生産性が実力どおり、あるいは要求どおりに発揮されないのは、社員ではなく、組織に原因がある。そして、組織の生産力を左右するのは、「時間」「人材」「意欲」の3要素である。
いま、最も希少な経営資源は、もはや資金管理ではなく、「時間」「人材」「意欲」なのだ。この3要素について優れている企業が優秀な経営成績を残す。大企業病は、仕事量に対して著しく時間が多く、有能な人材に乏しく、社員の意欲が低下している状況である。

 1.時間について

 時間を総合的に管理している企業は皆無に等しい。しかし、生産性に大きな影響力を持つ時間を短縮するためには、資金と同様に、時間予算を作成し、時間投資に目を光らせ、時間の無駄遣いを削減するのである。社員一人一人がそれを心がけても、効果は小さい。組織として時間管理に取り組むことが必然である。

 会社の中で浪費されている時間の最大は、コミュニケーションと会議である。ICTの発達によってコミュニケーションは劇的に仕事の効率を高めたが、その便利さがかえって通信量を増加させ、その処理に以前よりも多くの時間が費やされるようになった。
会議は、無駄なものが多い。組織として取り組まなければ会議の合理化は実現しない。スティーブ・ジョブズは、会議の途中で、会議終了の緊急指令を出すのが日常茶飯事だった。会議の進行状況を見て、成果がないと見るや会議を終了させた。

 組織は、時間の経過とともに幾何級数的に複雑化するものである。複雑さが生産性を低下させる。生産力を解き放つには、組織の複雑化を元から断つ必要がある。管理層を少なくし、フラット化するだけでは、問題は解決しない。単なるフラット化ではなく、ピラミッド構造の圧縮が有効である。
オペレーティングモデルを簡素化する。オペレーティングモデルとは、戦略と実践の橋渡しとなるものである。企業の大まかな構造を示すもので、これにより意思決定権限と責任の所在が明確にされる。

 2.人材について

 優秀な人材とは、「違いを生み出せる」社員(ディファレンスメーカー)である。あることをさせると他の人とは明らかな違いを見せる人である。しかし、適材適所でなければ、たとえあることに超優秀であっても効果は発揮されない。本当に必要なのは、誰よりも組織の使命を理解し、戦略を実行に移すことのできる人材である。

 問題は、どのようにして「ディファレンスメーカー」を見つけるかである。1つは、行動特性である。優秀な人材は、特徴的な行動を見せるものだ。社員の行動の多くは、自分自身の経歴や生来の資質に起因するきわめて個人的な強い信念を反映している。さらに具体的な特性として見られるものには、「学習速度」「協調的知性」「これまでの足跡」「ハングリー精神」などがある。

 ビジネスの場合、他の社員との協力が不可欠である。協業チームを編成する場合、優秀な人材だけを集めた「オールスターチーム」を編成・配置することが望ましい。このチームに、会社の命運を握る仕事を当てる。

 3.意欲について

 どんなに優秀であっても、「意欲」がなければ、力にはならない。経営者やマネジャーなら誰でも社員にやる気を起こさせたいと思う。しかし、人の気持ちを変えるのは簡単ではない。
まず重要なのが会社の環境である。人間性あふれる理念を掲げる。自律性の高い組織をつくり上げる。不要な官僚主義や細かすぎる規則集を積極的に排除する。
さらに、他者のやる気を奮い立たせるリーダーシップ育成に投資する。これが、並外れた成果を生むことと社員のやる気を奮い立たせることの双方に長けたリーダーの育成につながる。

 生産性を向上させるための当たり前の方法をただ列挙しただけの本が多い中、なかなか歯ごたえのある本である。「なるほどそうすればよいのだ」と納得するのではなく、考えさせられる本が良書である。
本書は、世界的に知られる経営コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーのパートナーらによって書かれ、翻訳されたものである。



先週の新刊 人財関連

●『仕事を高速化する「時間割」の作り方』 
平野友朗著 プレジデント社 
 1300円+ 9784833422529

手帳、ノート、付箋、優先順位づけ、過剰品質なメール・・・全部、要らない。仕事からプライベートまで、あらゆる場面で応用できる、時間管理のテクニックを紹介する。著者は、(株)アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。

●『マッキンゼーが教える科学的リーダーシップ』- リーダーのもっとも重要な道具とは何か
クラウディオ・フェサー著 吉良直人訳 ダイヤモンド社 1600円+ 9784478103135

マッキンゼー・アカデミーが発信する最新理論の全技術を公開。組織全体の変革を成功させるためのパワフルな手法を頂点に、9つの影響力行使手法を体系化し、状況に応じて使い分ける方法を具体的に解説する。著者は、マッキンゼー・アンド・カンパニーシニアパートナー(チューリッヒオフィス)、マッキンゼー・アカデミーチェアマン。

●『アイコン的組織論』- 超一流のコンサルタントたちが説く「能力の好循環」

 ザビエ・べカルト/フィリス・ヨンク著 フィルムアート社 2000円+ 9784845916351 

一時の成功にとどまらず、絶対的な地位を保ち続けられるのはなぜか? オーケストラ、病院、レストラン、スポーツなど、14のアイコン的組織へのインタビューをもとに、長期に渡って成功し続ける「能力の循環」を解き明かす。ザビエ・べカルト氏は、戦略コンサルティング会社ベントハーストの共同創立者。フィリス・ヨンク氏は、戦略コンサルタント。新規事業立ち上げの戦略アドバイザーとしても活躍。 

●『退屈すれば脳はひらめく』- 7つのステップでスマホを手放す
 マヌーシュ・ゾモロディ著 須川綾子訳 NHK出版 1600円+ 9784140817261 

退屈しないとクリエイティブにはなれない。でも、今の世の中はデジタル機器のせいで退屈する時間がほとんどない。スマホを手放して退屈を受け入れ、ひらめく人に生まれ変わる1週間のプログラムを紹介する。著者は、BBCニュース記者/シニアプロデューサーなどを経て、ニューヨーク公共ラジオ局のテクノロジー番組のホストおよび編集ディレクター。 

●『人前で話す・教える技術』- ライブメソッド5つの公式
 寺沢俊哉著 生産性出版 1800円+ 9784820120735 

ライブメソッドとは、対話を通じて心を動かし、発見を通じて行動をうながす技術のこと。人前で教える人がライブメッソドを活用できるよう、5つの公式、52のメソッドとして紹介する。「ライブ講師実践会」から生まれた本。著者は、公益財団法人日本生産性本部主席経営コンサルタント。テラメディア(株)代表取締役。ライブ講師実践会代表。 

●『STOP STRESS』- 北欧の最新研究によるストレスがなくなる働き方
 マリーネ・フリース・アナスン/マリー・キングストン著 フォレスト出版 1800円+ 9784894517769 

「世界幸福度ランキング」1位常連国デンマークで実践されている、ストレスゼロで生産性高く働く秘訣を公開。職場を健全な精神的労働環境にして、健康を増進し、能率を向上させるために管理職に必要な知識やツールを紹介する。マリーネ・フリース・アナスン氏は、ストレス研究の専門家。デンマーク管理職経営者協会のストレス・シンクタンクのメンバー。マリー・キングストン氏は、組織心理学の専門家。デンマークなどでストレスに苦しむ管理職にアドバイスやケアを施す。 

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『Zoomオンライン革命!』- 新しいWeb会議システムが世界を変える!
 田原真人著 秀和システム 1500円+ 9784798049359 

無料で使えるWeb会議システム「Zoom」の登場で、コミュニケーションが進化した。「Zoom」の活用事例を紹介し、便利な機能を使いこなして「学び」「コミュニティ」「働き方」「社会」を変える方法を解説する。著者は、河合塾などで10年以上、物理を教える。 

●『コーポレートベンチャーキャピタルの実務』
 倉林陽著 中央経済社 2200円+ 9784502238512 

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)とは、事業会社がベンチャー企業に直接投資を行うこと。日米の第一線で活躍し、実務経験豊富な著者が、CVCやオープンイノベーション成功の秘訣を説く。著者は、同志社大学博士(技術・革新的経営)。Draper Nexus Venturesマネージングディレクター。 

●『対デジタル・ディスラプター戦略』- 既存企業の戦い方
 マイケル・ウェイド/ジェフ・ルークス著 日本経済新聞出版社 2000円+ 9784532321659 

既存企業は、なぜ、どのようにして苦戦を強いられるのか? あらゆる業界をのみ込む「破壊の力学」と、それを支える「デジタル・ビジネスモデル」を解明。勝ち残りをかけた既存企業の戦い方を明らかにする。マイケル・ウェイド氏は、IMD教授。企業エグゼクティブ向けプログラムの統括教授。ジェフ・ルークス氏は、シスコ・デジタイゼーションオフィスのディレクター。

●『めざそう!ホワイト企業』- 経営者のための労務管理改善マニュアル
 ホワイト弁護団編著 旬報社 1500円+ 9784845115174 

ホワイト企業をめざす経営者に向けて、労務管理に関する哲学や基本スタンスなどについての方向性を示し、労務トラブルの中核となるような典型的な問題を素材に、Q&A形式で経営者として必要とされる情報・知識を紹介する。 

●『挑発的ニッポン革命論』- 扇動の時代を生き抜け
 モーリー・ロバートソン著 集英社 1400円+ 9784087808261 

保守的・排他的になるのではなく、不利益やカオスを「多様化」として受け止めて許容し、それ以上の利益を生み出す社会に―。扇動の時代を生き抜くために、白黒つけにくい複雑なことを考える習慣をつけることの大切さを説く。著者は、米ニューヨーク出身。ハーバード大で電子音楽を専攻。国際ジャーナリスト。 

●『テクノクラシー帝国の崩壊』- 「未来工房」の闘い
 ロベルト・ユンク著 山口祐弘訳 藤原書店 2800円+ 9784865781465 

技術への人間の従属を強いる原発産業の構造を「原子力帝国」で暴いたユンクの遺書。原子力のみならず生物工学、情報産業などの過剰な進展が同様の“帝国”をもたらすと訴え、“生命の危機”に抵抗する全ての運動の連帯を説く。著者(1913〜94)は、ベルリン生まれ。ジャーナリストとして活動。ベルリン工科大学名誉教授。 



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記