国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/10/25

検索 詳細検索
   
 

2017/10/18号 2017/10/25号 2017/11/01号

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『できる人の時短仕事術』 - なぜ一流の人はノー残業でも結果を出せるのか

人材関連書籍


第1章 時代は「時短・JITAN」を求めてる
第2章 ホンキの「ノー残業」を実現しよう
第3章 ミスをなくすと時短になる
第4章 仕事が速い人、仕事が遅い人の違い
第5章 なぜあのチームはいつも仕事が速いのか
第6章 先が読めると楽に時短できるようになる
第7章 仕事を速く済ませて「本当にすべきこと」とは何か

 水沢博樹著 ぱる出版
 2017/10 207pp 1400円+税 
 9784827210859

 

 本書は、「どうすれば、効率的で生産性の高い仕事の仕方ができるか」をテーマに、テクニックとともに、いま進められている「働き方改革」をチャンスとして、自分の仕事の仕方や発想を全面的に見直すためのヒントや考え方を述べたものである。

 「時短=単なる労働時間の短縮と残業の廃止」ではなく、新しい働き方や生き方を「スタイル」としてとらえたいという思いが著者にある。本書では、労働時間の短縮をJITANと呼び、単に業務改革をして作業時間を減らすだけでなく、JITANという新しい仕事のやり方、ワーキングスタイルの確立こそが重要だという思いを込める。
 やがて、残業をしないことが当たり前の時代が来る。そのときは働き方そのものが変わっている。JITANを身につけていなければ、仕事はなくなる。

 本書は、「いかにして残業をなくすか」を問題にする。なぜ残業が発生するのか、その理由を自覚するところから、時短・残業削減の第一歩となる。長時間労働が生まれる理由には、いろいろ複雑な事情があるが、大まかに次の3つのパターンが考えられる。

(1) 仕事のゴール(時間的・レベル的・組織的)が正しく認識・共有されていない
(2) 作業に手戻りが発生する
(3) 想定外のことが発生する

JITAN仕事術として以下の4つをあげる。

(1) ミスをしない
(2) スキルアップする
(3) コミュニケーションをよくする
(4) 先読みする

この4の項目について、それぞれ3章から6章に説明されている。その内容をまとめてみた。

ミスの根本にある原因を見つける
ミスを減らす第一歩は、ミスしそうなことをやらないこと
人はミスがあるものだ、と思ってやるとミスがなくなる
忙しい人ほどミスがなくなる ― なぜか?
スピードを重視すると質が高まる
確認するとミスがなくなる
記録をつけるとミスがなくなり、仕事も改善される
しくみ化・パターン化・ルーティン化できると、ミスがなくなる

仮説を持つと仕事が速くなる
質問力があると仕事が速くなる
情報を一覧して整理すると仕事が速くなる
伝わるように「書く」「資料を作る」と仕事は速くなる
上手に「伝える力」があると仕事が速くなる
みんなが当事者意識を持って話し合うと会議は速くなる
決定すべき人が正しく決定すると仕事の流れが速くなる
上手にセルフマネジメントすると仕事が速くなる

つながっていると、仕事が速くなる
プロセスを共有すると仕事が速いチームを作れる
徹底的に話し合う組織だけが最強のスピードチームを作れる
上手に「任せる」と人も育つ仕事の速いチームが作れる
マニュアルなどで、「あらかじめ決めておく」ことで仕事が速くなる

時短の必須スキルは先を読む習慣をつけること
先読みができると「今何をしなければならないか」がわかってくる
結果を前提に仕事の全体を組み立てられるから無駄がない
予知能力向上(日常業務のなかで「先読み」トレーニングをする)

 仕事の中に人生を位置づけるのではなく、人生の中に仕事を位置づけることで自分自身が人生の主人公になる、と著者は最後に書いている。


先週の新刊 人財関連

●『完全残業ゼロの働き方改革』- どんな会社でも実践できる 
 米村歩/上原梓著 プチ・レトル 1500円+ 9784907278656

覚悟とやり方次第で完全残業ゼロ、売上・利益アップは実現できる。「ホワイト企業アワード」を受賞した元ブラックIT企業が、驚くほどシンプルな、残業ゼロの仕組みを明かす。 
米村歩氏は、(株)アクシア代表取締役社長。上原梓氏は、テレビ番組プロデューサー、ライターなど。

●『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』- 毎日遅くまで
 残っていたチームが早く帰れるようになった理由 石川和男著 
 明日香出版社 1500円+ 9784756919298

いつもの習慣を少し変えるだけで残業はなくなる。職場の環境・時間管理・仕事の進め方・部下育成・意識改革など、短時間で結果を出すために、理想的なチームを作る50の習慣を紹介する。著者は、建設会社総務経理担当部長、大学講師、時間管理コンサルタント、セミナー講師、税理士。

●『短時間で成果を上げる働きながら族に学べ!』- 経営者・管理者必携!
 山本昌幸著 労働調査会 1400円+ 9784863196315

働きながら、子育て・介護・持病の治療・自己啓発に励む「働きながら族」。限られた時間のなかで成果を出す「働きながら族」を、いかに活用し、組織の業績を上げて、人出不足時代を乗り切るかを解説する。著者は、マネジメントシステムコンサルタント。あおいコンサルタント(株)主席コンサルタント。

●『仕事を任せたくなる人の条件』- 社長から見た特性と行動 平松陽一著 
 産業能率大学出版部 1800円+ 9784382057500

仕事はできるほうだと自負しているのに重要な仕事を任せてもらえない。そんな悩みを持つビジネスパーソンに向け、「仕事を任せたい」と思わせる人の5つの特性・13の行動をわかりやすく解説する。社長インタビューも収録。著者は、IMコンサルタント代表。

●『一流の人に学ぶ自分の磨き方』 スティーブン・シーボルド著 
 弓場隆訳 かんき出版 1200円+ 9784761272913

一流の人と二流の人の差は“紙一重”。「限界に挑戦する」「たえずスキルを磨く」「常に目標を念頭に置く」といった、一流の人の実用的な思考、哲学、習慣を紹介する。2012年刊を普及版として再編集。著者は、アメリカの経営コンサルタント。コンサルティング会社ゴーブ・シーボルド・グループ代表。能力開発の第一人者として世界の優良企業で社員研修を担当し、大勢の人材を育成。

●『“ひとりの時間”が心を強くする』 植西聰著 青春出版社 
 青春新書PLAY BOOKS 1000円+ 9784413210980

「ひとりの時間」こそ、ありのままの自分と向き合える。「ひとりの時間」がある方が、感情コントロールがうまくなる。「ひとりの時間」をポジティブにとらえ、自分を見失わず、流されずに前に進むヒントを紹介する。著者は、人生論の研究に従事。独自の「成心学」理論を確立。「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)取得。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『第三創業の時代』- 成熟に打ち克つ事業構想力 関山正勝著 
 事業構想大学院大学出版部 1800円+ 9784883354122

自ら「事業構想修士」を取得した経営者が語る、飛躍の秘訣。来るべき変革の時代、すなわち「第三創業の時代」を危機から勝機へと変え、持続的に発展していく企業の構築法を考察する。巻末付録「事業構想ノート」つき。著者は、日建リース工業(株)代表取締役社長。事業構想研究所客員教授。

●『中国科学院』- 世界最大の科学技術機関の全容 優れた点と課題 
 林幸秀著 科学技術振興機構研究開発戦略センター編 丸善プラネット 
 1200円+ 9784863453470

世界最大のポテンシャルを有する科学技術機関、中国科学院。その沿革と組織の現状を紹介し、研究開発、教育・人材育成、科学者顕彰・助言について述べ、同院の優れた点と課題を解説する。著者は、国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー。ライフサイエンス振興財団理事長。

●『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』- ドイツに27年住んでわ
 かった定時に帰る仕事術 熊谷徹著 SBクリエイティブ 
 800円+ 9784797390865

ドイツ在住27年の著者が、“残業が当たり前の日本”と“残業しないのが当たり前のドイツ”の違いを徹底分析。最短の勤務時間で最大のパフォーマンスを発揮するための方法、考え方を個人・組織・国のレベルで伝授する。著者は、早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務を経て、フリージャーナリスト。

●『ついにあなたの賃金上昇が始まる!』- 2018〜世界と日本経済の真実 
 高橋洋一著 悟空出版 1200円+ 9784908117411

実は日本は財政赤字ではない。人口減少社会に怯える必要はない・・・。元スーパー官僚で総理のご意見番・高橋洋一が世界と日本経済の真実を読み解く。著者は、数量政策学者、(株)政策工房会長、嘉悦大学教授(政策研究)。

●『異次元緩和の終焉』- 金融緩和政策からの出口はあるのか 
 野口悠紀雄著 日本経済新聞出版社 1800円+ 9784532357481

日本経済にとっての最大の課題は、金融緩和政策からの脱却をいかにして実現するかである。異次元金融緩和政策の誤りを総括し、本当に必要とされる経済政策を明らかにする。著者は、イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。

●『逆説の日本経済論』 斎藤史郎編著 永守重信ほか述 PHP研究所 
 1900円+ 9784569836928

人口減少でも日本経済は成長していく。超低金利政策は、資本主義を崩壊させる。識者たちが俗論を撃つ。2017年の小泉進次郎の講演記録も収録。日本経済研究センターのホームページ掲載に加筆し書籍化。編著の斎藤史郎氏はジャーナリスト。日本経済研究センター参与。



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記