国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/10/18

検索 詳細検索
   
 

2017/10/11号 2017/10/18号 2017/10/25号>)    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『モチベーション革命』- 稼ぐために働きたくない世代の解体書

人材関連書籍


第1章 「乾けない世代」とは何か?
第2章 偏愛こそが人間の価値になる
第3章 異なる「強み」を掛け算する最強チームの作り方
第4章 個人の働き方

 尾原和啓著 幻冬舎
 2017/9 246pp 1500円+税 
 9784344031821

 

 著者は「乾けない世代」と「乾いている世代」とに分ける。「乾けない世代」は「すでにある世代」、「乾いている世代」は「なにもなかった世代」ともいう。
 「乾けない世代」(30代以下)は、生まれたときから、何もかも揃っていて、埋めるべき空白がない。「乾いている世代」は世の中の空白を埋めるように仕事をしてきた世代である。仕事でよい成績をおさめ、何かを達成すれば、今までできなかったことができるようになる。それがモチベーションにつながっていた。

 しかし、すべてが満たされている「乾けない世代」には、そのようなことはモチベーションにならない。30代以下の世代にとって、最も犠牲にしたくないものが「自分の時間」である。「残業するほど暇ではない」という言葉が飛び出すのである。どうして、自分のやりたいことを犠牲にしてまで、やりたくない仕事を優先しなければならないのか分からない。

 アメリカ人心理学者のマーティン・セリグマンは「ポジティブ心理学」の第一人者として知られるが、人の幸せを次の5種類に分けた。「達成」「快楽」「没頭」「良好な人間関係」「意味合い」である。「乾いた世代」にとっては、「達成」「快楽」こそが幸せを生むものだった。しかし、「乾けない世代」にとっては、その2つは無意味で、「良好な人間関係」「意味合い」「没頭」を重視する。「いくら稼げるか」よりも「仕事に夢中になって時間を忘れてしまった」ということに喜びを感じる。

 では、30代以下の世代は、どう生きていけばよいのか。それが著者が本書で「乾けない世代」の人たちに語りたい主要なテーマである。

 これからは、人工知能の時代になる。「ロボットが単純作業を人間の代わりにやってくれる」と思われているが、AIは人間を部品の一部として認識し、「単純作業は、高度な知能を持つロボットではなく、人間にやらせてしまおう」ということが起きるかもしれない。少なくとも、ワークだけの「サラリーマン的な仕事」の価値はどんどん落ちていくに違いない。

 しかし、人工知能にも代替不可能なものがある。それは「嗜好性」である。簡単に言えば、「私は誰になんと言われても、これが好きだ」とう偏愛である。人が頭で考えて答えを出せるようなものは、人工知能のほうがより優れた答えを早く出せるようになる。
人の嗜好とは無駄なものによって塗り固められたもので、任天堂やソニーのゲーム、スタジオジブリのアニメ映画、ドワンゴのニコニコ動画、カラオケなどいろいろある。

 これからは、偏愛とも言える嗜好性を、個人がどれだけ大事に育て、それをビジネスに変えていけるかが資本になっていく。エンターテインメント企業で働くのが正解ということではなく、この「偏愛」を突き詰めることが、どんな業種でも生き残りをかけた分水嶺になる。

 これからの時代は、変化することが当たり前の時代となる。このことを「VUCA」の時代と呼ぶ。(VUCAは米国軍事大学が作った)
Volatility (変動が大きく)
Uncertainty (不確実)
Complexity (複雑に絡み合い)
Ambiguity (曖昧)

 このような時代を生きるには、異なる「強み」を掛け算する最強チームを作ることである。従来の画一的な人間を揃え一直線に走らせるマネジメントとは正反対の、自分の「好き」を追及している個人を組み合わせて組織としのて効果を出すのである。

 未来は、「乾けない世代」こそが活躍する時代になるだろう。「偏愛」を突き詰めることは、まさに「乾けない世代」の得意分野なのである。誰にでも、まだ目覚めきっていない無数の可能性が眠っている。それを見つけ、まっすぐ成長させていけるかどうかだ。それは「乾けない世代」に限ったものではない。

 そのほか、「乾けない世代」の人たちのための生き方、働き方についてのアドバイスがいろいろと述べられている。この世代のこうした特徴を知ることは、「乾いている世代」の人たちにも役立つだろうとしている。2つの世代は、一緒に働かなければならないのである。

 著者は、IT批評家、藤原投資顧問のシニアアドバイザーで、現在、バリ島在住。1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー、リクルート、Google、楽天などを経て現職。阪神・淡路大震災時の避難所ボランティアの経験から、仕組みやプラットフォームに強い興味を抱くようになったと言う。


先週の新刊 人財関連

●最適解の技術』- 仕事でも!日常でも!間違えない・失敗しない“選び方”
 鳥原隆志著 すばる舎リンケージ 1400円+ 9784799106594

誰でも正しいプロセスを踏めば、きちんと選んで、決められる。仕事や日常で、正解のない選択肢の中からでも最善手を見出し、選び取るためのテクニックを紹介する。著者は、(株)インバスケット研究所代表取締役。インバスケット・コンサルタント。

●『部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ』- ペップトークで不安を消す・励ます・元気づける 占部正尚著 日本実業出版社 1400円+ 9784534055279

米国のプロスポーツ界で生まれた、論理的に相手を励ます話術・ペップトーク。「部下にやる気が見られないとき」「年上の部下に接するとき」など、場面ごとに有効なフレーズのペップトークを紹介する。著者は、マーケティングオフィス・ウラベ代表。(一財)日本ペップトーク普及協会理事。プロ講師養成講座「雙志館」主宰。

●『HRテクノロジー入門』- AI・ビッグデータで加速する働き方改革と人事変革 岩本隆著 ProFuture 1800円+ 9784908020087

働き方改革第2章の鍵は「HRテクノロジー」。テクノロジーの進化がもたらす社会・産業の変革と人材シフト、世界の人事の最前線とHRテクノロジー、HRテクノロジーの応用事例などを解説。著者は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)特任教授。HRテクノロジーコンソーシアム会長兼代表理事。

●『FOCUS集中力』 ダニエル・ゴールマン著 土屋京子訳 日本経済新聞出版社 日経ビジネス人文庫 850円+ 9784532198367

成功は「集中力」で決まる。適切な習慣によって注意力の向上が可能なこと、集中が苦手な脳でもリハビリ可能なことを紹介するとともに、ゲーム脳の功罪、良きリーダーに必要な3つの集中力などを解説する。「フォーカス」(2015年刊)の改題。

●『人材育成ハンドブック』- いま知っておくべき100のテーマ 眞崎大輔監修 トーマツイノベーション編著 ダイヤモンド社 3800円+ 9784478102428

人材育成担当者が知っておくべき100のテーマを「理論編」「制度・手法編」「経営テーマ編」「研修編」に分類し、コンパクトに解説。人材育成の全体像が正しく把握できる一冊。

●『新卒採用力が会社の未来を決める!』- 強い中小企業が密かにやっている人材戦略 小山昇著 マネジメント社 1500円+ 9784837804802

内定辞退者ゼロのヒミツはここにある。株式会社武蔵野の代表取締役社長が「どうやって就活生を集めるのか」「集めた就活生はどう見きわめたらいいのか」など新卒採用のノウハウをこと細かに解説する。著者は、(株)武蔵野代表取締役社長。全国の経営者でつくる「経営計画研究会」主催。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『ビッグデータ解析の現在と未来』- Hadoop,NoSQL,深層学習からオープンデータまで 原隆浩著 喜連川優コーディネーター 共立出版 
 1800円+ 9784320009202

データベース研究者である著者が、ビッグデータ登場の背景や、ビッグデータ解析の応用事例を紹介するとともに、ビッグデータを支える技術について解説。オープンデータの潮流にも触れる。章末に演習問題つき。著者は、大阪大学大学院情報科学研究科教授。工学博士。専門はデータ工学、モーバイルコンピューティング。

●『ITビッグ4の描く未来』 小久保重信著 日経BP社 
 1800円+ 9784822259570

アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブック。未来を描き、現実にしているIT巨大企業4社の戦略、ビジネスの本質を、これまでの動きやデータを示しつつ読み解き、未来がどのように変わるかを論じる。著者は、翻訳者、同時通訳者を経て、(株)ニューズフロントフェロー。日経BP社ITproの『NEWSの裏を読む』等でコラム記事を執筆。

●『リーダーは歴史観をみがけ』- 時代を見とおす読書術 出口治明著 
 中央公論新社 中公新書ラクレ 880円+ 9784121506009

歴史書をひもとき、過去と現在を結ぶ歴史観をみがくことで、未来を見とおすヒントが得られる。時代を見とおす本物の眼力が身につく本109冊を紹介する。『読売新聞』、書評サイト『HONZ』掲載を書籍化。著者は、ライフネット生命創業者。読売新聞読書委員。

●『情動の社会学』- ポストメディア時代における“ミクロ知覚”の探求 
 伊藤守著 青土社 2400円+ 9784791770175

ポストメディア社会では、時として「情報」によって、あらぬ方向へ駆動されていく。SNSなどの状況から、領土問題やオリンピックなどの政治問題まで、判断や思考を揺さぶる情動的な社会を最新のメディア理論で読み解く。著者は、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は社会学、メディア・文化研究、人文社会情報学。

●『現代経済の解読』- グローバル資本主義と日本経済 第3版  
 SGCIME編 田中史郎ほか著 御茶の水書房 
 2500円+ 9784275020772

2008〜2009年に頂点に達した世界経済危機を、戦後確立したパックス・アメリカーナの衰退と転換というコンテキストで捉えるとともに、現代経済を多角的視点から考察する。年表、用語・事項索引付き。

●『人類が絶滅する6つのシナリオ』 フレッド・グテル著 夏目大訳 
 河出書房新社 河出文庫 1000円+ 9784309464541

スーパーウイルス、気候変動、食糧危機、生物兵器、コンピュータの暴走。人類はどうすれば滅亡の危機から逃れられるのか? 主として科学技術が地球にもたらす災厄を、気鋭のジャーナリストが科学的根拠とともに描く。



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記