国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/09/06

検索 詳細検索
   
 

<2017/08/30号 2017/09/06号 2017/09/13号>    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『外国人労働者をどう受け入れるか』- 「安い労働力」から「戦力」へ

人材関連書籍


第1章 最下層労働者たちの実態 −シェルターで見た奴隷労働
 1 「使い捨て」の実態
 2 人権を無視した「奴隷制度」
 3 国際社会からの糾弾

第2章 外国人受け入れの建前と矛盾 −それでも日本で働きたい?
 1 技能実習制度の矛盾
 2 変貌する「外国人労働」の現場
 3 アジア人材争奪戦における日本
 4 人出不足を補う実習生

第3章 「共生」社会を目指して −2020年の労働力 どうなる?
 1 見直される外国人受け入れの指針
 2 新しい“格差”−多重格差社会
 3 外国人と「共に暮らす」社会へ

NHK取材班著 NHK出版 NHK出版新書
2017/8 188pp 780円+税  9784140885253

 

 日本で働いている外国人の労働状況の現実をNHKが取材した報告である。そこで明らかになったのは、過酷な労働実態だった。長時間労働、酷使、安い賃金、残業代の未払いなど。あまりのひどさに取材班も驚く。その一方、日本語のわからない外国人を雇って働かせることの難しさを話す経営者もいる。
 背景にあるのは、斡旋業者にお金を払ってでも日本で働きたいと思う外国人、労働力不足で日本人を雇えない経営者の悩みがある。その基礎にあるのが、不完全で非合理なわが国の移民政策である。

 日本の外国人労働者数が、2016年、初めて100万人を超えた。しかし、そのほとんどは、「就労」を目的にした在留資格者ではなく、別の目的で来日している。
 大きく2つのタイプがある。1つは、「留学生」として学びにやって来る外国人の若者たちで、その多くはアルバイトとしてコンビニ、居酒屋などのサービス業で働いている。もう1つが、日本の技術などを学ぶ目的でやって来る「外国人技能実習生」である。

 外国人技能実習生は、日本の最先端の現場で、先進的な技術などに触れ、学び、それを持ち帰り、自国の発展に生かすというのが本来の目的である。しかし、現実は、農業、水産加工業、建設業、製造業などの「日本人のやりたがらない」「きつい・安い」といった肉体的な負担の大きい労働現場で、単純労働力として機能している。
 しかも、彼らの待遇に問題が多い。取材を通じて、悲惨な事例が多く集まった。劣悪な環境で働かされ、出来高制の賃金であったり、長時間労働を強いられる一方、残業代が支払われなかったり、作業中に怪我をしても労災を出さず、放置されたというケースさえある。そういう人たちを救おうと立ち上がったボランティアのシェルターもできているほどである。

 ひどい労働環境や労働条件に耐え切れず、帰国期限の前に経営者のもとから逃げ出す外国人が後を絶たず、不法滞在を増やす原因になっている。一方、不法滞在を前提に来日し、「実習生」を身分証に利用し、すぐに失踪してしまう外国人も増え始めている。
 外国人を雇用する側では、日本語ができないため、教えるのが難しい。捨ててはいけないものまで流してトイレを詰まらせる、トイレットペーパーを持ち帰る。雇用者側として何よりも恐いのは、逃げ出されることだという。失踪されると、翌年から受け入れの条件が厳しくなる。失踪者が捕まった場合、本国への送還費用は受け入れ企業が拠出する。

 背景にあるのは、わが国の厳しい労働力不足である。その一方で、わが国は移民を受け入れない立場をとっている。その矛盾を解決するために、期限付き外国人労働者で対応している。
日本人が集まらず、就労資格としても認められない業種(農業や製造業などの単純労働など)の抜け穴として機能するようになった技能実習制度だが、1993年に成立した当初は、アジア各国から日本の先端技術を学ぶための制度として、崇高な理念に基づくものだった。実績をあげていた。しかし、学ぶべき技術が高度化し、技能実習という仕組みが現実にそぐわなくなってきたこともあって、実習生は次第に「労働力」に置き換えられるようになっていった。

 外国人労働者は、大きく4類型に分けられる。(平成28年10月末現在)

(1) 定住する許可を得ている外国人 38.1%
(2) 留学生 22.1%
(3) 技能実習生 19.5%
(4) 専門的・技術的分野の在留資格 18.5%

 外国人技能実習生を受け入れる方式には、実習を行う企業が、海外の企業や支店から直接職員を受け入れる「企業単独型」と、現地の仲買業者(送り出し機関)を通じて監理団体(組合等)が受け入れる「団体監理型」があり、問題となるのは後者である。実習先が農業や縫製工場といった小規模の事業である。

 このような外国人の労働事情に、政府も対応策を取り始めている。2017年1月には、認可法人「外国人技能実習機構」が新設された。受け入れ先の企業に技能実習計画の提出が義務づけられた。また、国家戦略特別区域法の改正により、実質的な規制緩和が促進された。就労目的の在留資格についても提言がなされている。一方、民間レベルで、外国人と共に楽しく働けるようにする取り組みも始まっている。
 少子高齢化により深刻化する労働力不足、グローバル化などの世界的潮流などから、わが国もいよいよ抜本的に外国人労働の問題に向き合わなければならなくなっている。


先週の新刊 人財関連

●『「自分」の生産性をあげる働き方』 沢渡あまね著 
 PHPエディターズ・グループ 1600円+ 9784569836706

得意な仕事が自分に舞い込むようにする。苦手を克服しやすい環境をつくる。
いざというとき頼り/頼られる人間関係を整える・・・。自分に有利な環境をセットアップして、無理なく無駄なく、成果を最大化する仕事術を伝授する。著者は、あまねキャリア工房代表。業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士。

●『どんな人とも!仕事をスムーズに動かす5つのコツ』 濱田秀彦著 
 すばる舎リンケージ 1400円+ 9784799106372

知識、スキル、頭のよさよりも、自身の力をどう使い、周囲との関係でどう活かせるかのほうが、仕事の成果に直結する。研修講師として3万人のビジネスパーソンを見てきた著者が、仕事をスムーズに動かすコツを紹介する。
著者は、マネジメント、コミュニケーション研修講師。

●『君を成功に導く49の言葉』- 5年後リーダーになる人 5年後も部下
 のままの人 岩田松雄著 大和書房 1400円+ 9784479796060

スターバックス、ザ・ボディショップでCEOを務めた著者が、励まされ、癒され、元気づけられてきた49の名言・格言を紹介。5年後にリーダーになれる人と5年後も部下のままの人の思考や行動を対比させた解説も掲載する。
著者は、(株)リーダーシップコンサルティング代表。立教大学ビジネスデザイン科教授・早稲田大学非常勤講師。元スターバックスコーヒージャパン代表取締役最高経営責任者。

●『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければい
 いのか?』 安達裕哉著 日本実業出版社 1400円+ 9784534055170

知らないふりをしたほうが会話はうまくいく、知識レベルに差があるときは手加減が必要・・・。仕事で必要なコミュニケーション能力の身につけ方を伝授する。『Books & Apps』掲載を加筆・修正し書籍化。著者は、仕事、マネジメントに関するメディア「Books & Apps」を運営。企業の現場でコンサルティング活動を行う。

●『モテる会社の人事のしくみ』- 給料で社員は口説けない! 高山正著 
 税務経理協会 1900円+ 9784419064785

人工知能やロボット技術の進歩により、私たちの働き方が今まさに変わろうとしている。そんな時代の人事制度を、給料評価制度について多くのページを割きながら、理論的かつ科学的な視点から解説する。著者は、税理士・社会保険労務士法人未来経営人事戦略コンサルタント。賃金制度、人事制度導入支援等を中心に、企業のコンサルティング業務を行っている。

●『神童は大人になってどうなったのか』 小林哲夫著 太田出版 
 1500円+ 9784778315870

灘や開成、麻布、ラサールなどの名門校で伝説的といわれた子どもたちはどうなったのか。東大を主席で卒業した人は? 「神童」と呼ばれた人たちを追跡し、「神童」が社会に役に立ったのか否かを探る。著者は、教育ジャーナリスト。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『SIMPLE RULES』- 「仕事が速い人」はここまでシンプルに
 考える ドナルド・サル/キャスリーン・アイゼンハート著 三笠書房 
 1400円+ 9784837957669

「シンプルなルールづくり」とはどういうものか、また、どうして物事はシンプルなほうがうまくいくのかを、医療からエンターテインメントにいたるまで、多岐にわたる業界の成功事例をあげながら解説する。
ドナルド・サル氏は、グローバル・ビジネスの戦略と実行においての専門家。
マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン校上級講師。キャスリーン・アイゼンハート氏は、スタンフォード大学工学部教授。専門は戦略学。

●『なぜジョブズは禅の生き方を選んだのか?』 桑原晃弥/藤原東演著 
 PHP研究所 1400円+ 9784569834696

ひらめきは「禅」の境地から生まれる―。数々の独創的な製品で世界をリードし続けたスティーブ・ジョブズ。彼の言葉を「禅」から見ることで、創造の秘密を明らかにし、その生き方に迫る。
桑原晃弥氏は、経済・経営ジャーナリスト。藤原東演氏は、臨済宗妙心寺派宝泰寺住職。

●『YKKの流儀』- 世界のトップランナーであり続けるために 
 吉田忠裕著 出町譲取材・構成 PHP研究所 1400円+ 9784569836560

71の国・地域で展開する非上場グローバル企業「YKK」。グローバル企業でありながら本社機能の一部を富山に移転するなど、YKKの知られざるユニークな経営と戦略について、会長自ら語った一冊。著者は、ノースウェスタン大学経営大学院(ケロッグ)修了。YKK(株)・YKK AP(株)代表取締役会長CEO。

●『競争社会の歩き方』- 自分の「強み」を見つけるには 大竹文雄著 
 中央公論新社 中公新書 820円+ 9784121024473

日本では否定的にとられがちな競争は、自分の強みを見つけ、社会を活性化させる機会でもある。チケット転売問題から、政府が取り組む女性活躍推進、社会保障給付の問題まで、競争社会を生き抜くためのヒントを探る。著者は、大阪大学社会経済研究所教授。同大学博士(経済学)。

●『世界が喰いつくす日本経済』- なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか 
 大村大次郎著 ビジネス社 1300円+ 9784828419732

貿易黒字に固執した日本の敗因とは? 東芝やタカタ、トヨタ、シャープの失敗を中心に、企業が海外展開することにはいかに危険が付きまとうか、企業のグローバル化というのは一体何なのかを明らかにする。著者は、元国税調査官。退職後、経営コンサルタント、フリーライターとなる。

●『難破する精神』- 世界はなぜ反動化するのか マーク・リラ著 
 会田弘継監訳 NTT出版 2400円+ 9784757143494

人はなにに怒り、なにを恐れているのか―。現代の欧米思想研究で知られる
コロンビア大学教授マーク・リラが、トランプ現象、Brexitから、イスラー
ム国まで、全世界を席巻する「反動思想」の歴史を解き明かす。著者は、コ
ロンビア大学教授。『パブリック・インタレスト』誌、元編集委員。専門は
政治哲学、政治神学。

  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記