国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
利根川護の”人事部”の基本レシピ(第2回)
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2017/08/10)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/08/23

検索 詳細検索
   
 

<2017/08/10号 2017/08/23号 (2017/08/30号>)    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『超・検証力』- その仮説は本当に成果を出せるのか?

人材関連書籍


第1章 なぜ、企画や会議が成果につながらないのか?
第2章 見えない世界が見えてくる「観察力」の鍛え方
第3章 検証可能で具体的な「仮説力」を高める
第4章 再現性の高い本物の「検証力」を養う練習
第5章 「超・検証力」によって新に拓かれる世界

高野研一著 大和書房
2017/8 206pp 1400円+税  9784479796039

 

 情報革命の到来によって将来が見通ししにくくなり、過去の成功パターンが通用しなくなってきている。成果を生むことが、かつてないほど難しくなっている。たとえ、あるアイデアを思いついたとしても、それが成果につながるかどうかわからない。それを知るには、仮設があるかどうかが重要である。
 その仮説が果たして正しいのかどうか。それを確かめるのが「検証」である。検証=反省ではない。それを確かめるには、調査や実験をしなければならない。

 私たちは、とかく結論を急ぎ、目に映った材料を頼りに結論を出してしまう。大事なことは、「何をなすべきか」を問う前に、「自分にとって何が見えていないのか」を知る必要がある。見えないものを無視して仮説を立てても意味はない。
では、どうすれば見えない世界が見えてくるのか。逆説的だが、結論を求めて一生懸命考えないことが、見えていない世界を知る近道なのだ。答えを出そうとすればするほど、目に見えるものにすがりつくことになる。その結果「自分に何が見えていないのか」が見えなくなってしまう。

 考えるのではなく、観察するのだ。観察に時間をかける。観察してわかったことをノートに書き留める。その習慣を身につけると、次第に見えていなかった世界がノートの上に浮かび上がってくる。

 宮本武蔵は、『五輪書』の中に、「ひとつは「見る」と書き、文字どおり相手の一挙手一投足を見ることを意味する。もうひとつは「観る」と書き、相手の全体像を概観的に捉えることを意味する」と書いている。
「観る」は、一点を見つめるのではなく、むしろぼんやりと全体を観察するようなイメージである。問題の全体像を捉えながら、見えていない側面や、ファクターにイマジネーションが広がる瞬間を待つのである。
そのような状態は、無意識である。意識していない状態でも、脳は何かをしている。だが、それは私たちには脳がどうしているかはわからない。

 見えない世界が見えてくる「観察力」を鍛えるにはどうすればよいか。意識して考えるのではなく、逆に何も考えずにいるという方法が有効なことはすでに説明したが、なぜそうなのかを考えてみよう。
 あらゆる刺激が脳に注ぎ込まれると、脳には情報があふれ、処理能力を超えてしまう。そのため、ごく限られた情報だけが脳に届くようにできている。そのとき、捨てられる情報と残る情報の選択は、自分が何に関心を持ち、何に関心がないかによって決まる。集中しようとするほど、周りが見えなくなる理由はここにある。逆に、何も考えないと、多くの情報が捨てられずに脳の中に入ってくる。

 見えない世界を知ることが仮説の検証には欠かせないが、仮設が本当に当たっているかどうかを検証するためには、もう一手必要になる。それが調査や実験のデザインである。
「仮説が正しいとすれば、こうなるはずだ」という実験や調査をデザインすれば、見えていなかった世界を垣間見ることができるようになる。一般に、検証ではなく、反省で終わってしまうのは、調査や実験の手間を省いているのである。

 具体的に、調査や実験の仕方を考えてみよう。例えば、新しい清涼飲料水を売り出すに当たり、商品のボトルのデザインが本当に消費者の心に訴えるものかどうかを検証する。
 いくつかのデザインを用意して、消費者にアンケート調査を行うというのは従来よく使われてきた方法である。しかし、この方法は、答える消費者の心理状況によって解答が違う恐れがある。夏の暑い日に、消費者をバーベキューパーティーに招いて、複数の試作品を並べておき、消費者がどのデザインのものを選ぶのかを見るという検証法が考えられる。どのような調査・実験方法が適当かを考えるのがデザインである。

 今後求められるリーダーは、強い影響力を発揮しながら、他者を活かす人である。これをビジョナリーリーダーと呼ぶ。ビジョナリーリーダーに求められるのは、「観る」「仮説」「検証」ができる能力である。


先週の新刊 人財関連

●『ハラスメント時代の管理職におくる職場の新常識』 樋口ユミ著 
 朝日新聞出版 1200円+ 9784021002595

「君ならもっとできるはず」「最近やせたよね」そんなひとことがハラスメントに? ハラスメント防止策の専門化が、さまざまな事例を元にした具体的なエピソードで、ハラスメントの実態や問題点を解説する。著者は、教育研修会社コンサルタント等を経て、株式会社ヒューマン・クオリティー代表取締役。ハラスメント防止策の専門機関としてあらゆる組織を対象に活動。

●『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』 西村直哉/清家三佳子著 
 幻冬舎メディアコンサルティング 1400円+ 9784344913370

「クレーム対応はしなくていいよ」「育児が大変だろうから時短でいいよ」など間違った一言が女性社員の意欲を奪う。男性管理職に向けて、女性の部下がバリバリ働き、グングン育つ、マネジメントの秘訣を紹介する。

●『変革するマネジメント』- 戦略的人的資源管理 第2版 日沖健著 
 千倉書房 2000円+ 9784805111154

経営コンサルタントの著者が、「マネジャーの役に立つ」をコンセプトに、人材マネジメントの基本理論と実践技法をわかりやすく説明する。組織と人を巡る近年の変化を踏まえ、マネジャーが直面する新しい課題を追加した第2版。著者は、日本石油勤務を経て、日沖コンサルティング事務所代表。産業能率大学マネジメント大学院講師等を歴任。

●『経営者が知らない人材不足解消法』 山本法史著 幻冬舎メディアコン
 サルティング 経営者新書 800円+ 9784344912069

採用しても能力が足らない、いい人材ほどすぐに辞めてしまう・・・。資金力、知名度のない中小企業が熾烈な生存競争を生き抜くために、コストも人手もかけず人材不足を解消し、社員定着率と生産性を向上させる究極の方法を解説する。 

●『少子化社会対策白書 平成29年版』 内閣府編集 日経印刷 
 2200円+ 9784865790924 

少子化をめぐる現状として最新のデータを掲載するほか、待機児童対策など少子化対策の実施状況を紹介。「子ども・子育て支援新制度の更なる展開」「働き方改革で切り拓く未来」「男性の家事・育児参画の推進」も特集する。

●『脳科学は人格を変えられるか?』 エレーヌ・フォックス著 
 森内薫訳 文藝春秋 920円+ 9784167908980

なぜ前向きな性格と後ろ向きな性格があるのだろう? 認知心理学と神経科学、遺伝学を組み合わせた先端的な研究を行う著者が、楽観的な人々と悲観的な人々のさまざまな経験を例に引きながら、人格形成の神秘を明らかにする。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『世界のエリートは10冊しか本を読まない』 鳩山玲人著 
 SBクリエイティブ 1300円+ 9784797389517

速読も多読も、もういらない。たった10冊で、未来は変わる。サンリオの時価総額を7倍にし、LINE、ピジョンの社外取締役も務める著者が、ハーバードで学んだ世界最強の読書術を始めて明かす。ブックガイド付き。著者は、鳩山総合研究所代表取締役。スタンフォード大学客員研究員。

●『視点を変えれば運命が変わる!』 ブライアン・トレーシー著 
 田中孝顕訳 きこ書房 1400円+ 9784877713690

あなたの足をひっぱっているのは「視点」、つまりものの見方である。視点を変えると、ものの見方や下す判断、そして結果が変わっていく。大きな飛躍をとげられるよう、視点を変えるためのさまざまな思考方法を紹介する。

●『生涯未婚時代』 永田夏来著 イースト・プレス イースト新書
 861円+ 9784781650906

2030年には男性3人に1人、女性4人に1人が生涯未婚に。新婚・出産を経て配偶者と添い遂げる、正社員で定年まで働くという人生設計が共有できなくなった時代の「結婚という選択肢」を、家族社会学の視点から再考する。
著者は、早稲田大学で博士(人間科学)を修得。兵庫教育大学大学院学校教育研究科助教。専門は家族社会学。

●『「人口減少社会」とは何か』- 人口問題を考える12章 友寄英隆著 
 学習の友社 1600円+ 9784761707057

人口減少は国民1人ひとりの暮らしや仕事にどのような影響をもたらすのか? 21世紀日本の現実的な問題となってきている「人口減少社会」、「少子化」時代の諸現象を考えるために知っておきたい基礎知識をまとめる。著者は、月刊誌『経済』編集長などを歴任。労働者教育協会理事。

●『9プリンシプルズ』- 加速する未来で勝ち残るために 
 伊藤穣一/ジェフ・ハウ著 早川書房 1800円+ 9784152096975

追いつくのも困難な超高速に変化する世界で生き残るには、まったく発想の異なる戦略が必須。MITメディアラボ所長とクラウドソーシングの父による、21世紀を生き抜くためのユーザーズマニュアル。 
伊藤穣一氏は、ベンチャーキャピタリスト。MITメディアラボ所長。ジェフ・ハウ氏は、ワイアード誌コントリビューティング・エディター。ノースイースタン大学助教授。

●『答えのない世界を生きる』 小坂井敏晶著 祥伝社 
 1800円+ 9784396616175

異質性との出会いから生まれる驚き、感動、迷い・・・。パリの大学で心理学を教える著者が紡ぐ、考えるための道しるべ。フランスでの生活を省みるとともに、異邦人や少数派が果たす役割を掘り下げ、開かれた社会の意味を考察する。「異邦人のまなざし」(現代書館 2003年刊)の改題、大幅に加筆修正。著者は、愛知県生まれ。パリ社会科学高等研究院修了。パリ第8大学心理学部准教授。 


  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2015, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記