国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/07/26

検索 詳細検索
   
 

<2017/07/19号 2017/07/26号 2017/08/02号>    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『ダークサイド・スキル』――本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

人材関連書籍


Prologue 「表のスキル」だけでは生き残れない時代

Part.機。靴弔離澄璽サイド・スキル
その1 思うように上司を操れ
その2 KYな奴を優先しろ
その3 「使える奴」を手なずけろ
その4 堂々と嫌われろ
その5 煩悩に溺れず、欲に溺れろ
その6 踏み絵から逃げるな
その7 部下に使われて、使いこなせ

Part.供.澄璽サイド・スキルを磨くポイント
その1 いつでも戦える態勢を整える
その2 人を操る3つの力
その3 ブレないリーダーになるために

Part.掘.澄璽サイド・スキル実践編
対談 良品計画・松井忠三×IGPI・木村尚敬

木村尚敬著 日本経済新聞出版社
2017/7 263pp 1500円+税  9784532321512

 

 わが国の経営には、「あうんの呼吸」とか、「ムラに対する帰属意識」といった価値観が脈々と流れている。こうした価値観が時代にそぐわないとして批判されることが多い。しかし、すべてのことには、良い面と悪い面とがあり、捨て去るべきだとされる習慣も、良い方向へ作用させるべきだというのが著者の考えである。
 多くの経営指導書は、論理的思考能力とか、合理的な経営論が必要だと教えるが、現実的にはもっと泥臭いヒューマンスキルの効果を無視できない。前者を「ブライトサイド・スキル」、後者を「ダークサイド・スキル」と名づけ、中間管理職の人たちミドルリーダーにとって、「ダークサイド・スキル」こそ身に付けるべきだとし、その内容および実践について本書は教える。

 ミドルリーダーに必要なダークサイド・スキルとして、次の7つをあげる。それぞれの解説の中から、気になるアドバイスを拾ってみた。

 (1)思うように上司を操れ
 (2)KYな奴を優先しろ
 (3)「使える奴」を手なづけろ
 (4)堂々と嫌われろ
 (5)煩悩に溺れず、欲に溺れろ
 (6)踏絵から逃げるな
 (7)部下に使われて、使いこなせ 

・ミドルの人たちに求められているのは、表向きはファイティングポーズを維持しつつ、裏で先を見通したネゴシエーションを進めておくしたたかさだ。

・ミドルがトップを使いこなすには、CND(調整・根回し・段取り)を駆使する。

・業績を伸ばした人は当然評価されて昇進するが、撤退戦を戦って上手に
手仕舞いした人も同じように評価に値するはずだ。

・KYな人間をどれだけ許容できるか、KYな発言をどれだけ拾えるか。

・重要なのは、上司が自分で答えを言わないことだ。先に答えを言えば、部下はそこにすり寄ってきてしまう。

・担当役員をすっ飛ばしてトップにダイレクトにつなげる。

・KYな人間でも活躍できるのは、多様性のある組織である。

・他人のスキルをパクってくること。ここにダークサイド・スキルが隠れている。

・リーダーになるとき、完璧なスキルを身につけている人はいない。足りないものがあるから、人を集める。

・社内に神経回路を張り巡らせるには、まず自分に足りないものを冷静に棚卸しする。自分にできない部分をどう補うかを考えた戦略を立てる。

・ミドルの人は、自分なりの神経回路を持ち、手駒をどう動かせばどういう展開になるかを何度もシミュレーションしておく。転職ばかりしている人は、このシナプスを構築する時間がない。

・本当の意味での意思決定というのは、たいていが不完全な情報下で行わなければならないものだ。

・意思決定する側と、その影響を受ける側の時間軸がかなり違うので、たとえ正しい判断だったとしても、意志決定する側は常に嫌われるリスクがある。

・改革を推進するリーダーは、みんなから好かれているだけでは責任を果たせない。

・自分の奥底にある自己の思いを知るには、過去の人生を振り返る必要がある。自分なりの価値観というのは、自分の生きざまそのものだからだ。

・自分の煩悩を認め、それをコントロールするのは、ダークサイド・スキルである。

・チャンスはどこに転がっているかわからない。左遷もまたそうである。

・危機感を抱くミドルが集まって、組織のなかに危機感を広げていく。

・他人からフィードバックをもらうこと。なかでも部下からネガティブフィードバックをもらうことは貴重である。

・昔はポジションパワーでマネジメントができた。いまはヒューマンパワー、人間力の勝負になっている。

・一口にリーダーシップといっても、人によってやり方は千差万別で、誰かのやり方を真似てもうまくいかない。

・自分なりの価値観のコンパスを持っていること。結局、自分とは何者なのか、何を実現したいのか。そこから逆算していくのが、ダークサイド・スキルを駆使するリーダーのあり方である。

 著者が言うほど、ここで説明されているスキルは「ダーク」ではない気もする。スキル自体がダークだというわけではなく、日本人の心の底の暗いところにあるスキル、あるいは今日の人材育成論の陰になっている暗所にあるスキルということか。


先週の新刊 人財関連

●『ミスなくすばやく仕事をする技術』- 50のコツ! 
 成吉新一著 秀和システム 1300円+ 9784798051253

最低限これだけやれば、仕事が「速く」「正確」になる。スケジュール管理、引き継ぎ計画の立て方、トラブル対応の心得など、アウトソーシング会社の人材育成で活用されている即効ノウハウを紹介する。著者は、NOC日本アウトソーシング(株)業務コンサルティング部部長。さまざまな企業の業務の統括管理に携わっている。

●『会社では教えてもらえない残業ゼロの人の段取りのキホン』 
 伊庭正康著 すばる舎 1400円+ 9784799106228

残業ゼロで結果を出す人たちの共通点は、段取りが良いこと。「「やらなくちゃ」で頭をいっぱいにしない秘訣」「70点の完成度で手離れする勇気を持つ」など、時間管理のプロが、38の実践テクニックを具体的に解説する。著者は、研修会社(株)らしさラボ設立。リーディングカンパニーを中心にセッションを行っている。

●『残業ゼロの仕事のルール』- 捨てる「思考」で生産性が劇的に上がる 
 鳥原隆志著 PHPエディターズ・グループ 1500円+ 9784569836478

先送りはしない、情報をさばく、見える化する・・・。限られた時間の中で成果を上げる考え方や着眼点を伝え、より楽しく、より楽に仕事を進めるための30のルールをストーリー形式で紹介する。著者は、(株)インバスケット研究所代表取締役。インバスケット・コンサルタント。

●『最速のリーダー』- 最小の時間で最大の成果を上げる 
 赤羽雄二著 KADOKAWA 1400円+ 9784046020604

生産性を上げる人は、「見えないところ」で何を指示しているのか。マッキンゼーで14年間、徹底した効率化で自分とチームの成果を「速く出し続けた」著者が、究極のマネジメント術を紹介する。著者は、マッキンゼー勤務を経て、ブレークスルーパートナーズ(株)を共同創業。

●『そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!』 
 後藤功太著 アニモ出版 1500円+ 9784897952031

新入社員が定着するかどうかは、入社後3か月までに決まる。年間500人以上の社員と接してきた人材定着コンサルタントが、3か月という期限を決めた「定着マネジメント」の方法とコツを公開する。 

●『グローバル展開企業の人材マネジメント』- これだけはそろえておき
 たい英文テンプレート 鈴木孝嗣著 経団連出版 
 1600円+9784818517028

日本を本国としてグローバルに事業を展開する企業がより効率的な人材マネジメントを実践し、グローバルビジネス競争で勝ち続けるためのツールを提供。異文化理解とコミュニケーションスキルの向上もめざす。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『AIが神になる日』- シンギュラリティーが人類を救う 
 松本徹三著 SBクリエイティブ 1400円+ 9784797393064

シンギュラリティーに到達した究極のAIは、この世界での人類のあり方を根本的に変える。豊かな知見を通して、人間とは何か、人間が信じてきた神とは何かを考察し、今後人間がどにようにAIに向かい合うべきかを提示する。著者は、(株)ジャパン・リンク代表取締役社長。ソフトバンク(株)シニア・アドバイザー。コンサルタントとして世界を舞台に活躍。

●『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』 
 ロッシェル・カップ/到津守男著 クロスメディア・パブリッシング 
 1680円+ 9784295401056

アジャイル開発、リーンスタートアップ・・・。成功しているシリコンバレー企業のルールとビジネス・アプローチを解き明かし、日本企業がそれらを導入し、効果的に活用できるようにするための「秘訣」を紹介する。
ロッシェル・カップ氏は、ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創業者で社長。到津守男氏は、異文化を対象にしたグローバル組織開発コンサルタント。

●失敗の法則』- 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか 
 池田信夫著 KADOKAWA 1400円+ 9784046019417

なぜ日本人の働き方は非効率なのか。「失敗の法則」について、稀代の評論家が「日本人の決め方」を分析しながら8つに類型化。経済学をはじめ膨大な知識に裏打ちされたどこにもない日本人論。『アゴラ』掲載を大幅に加筆修正。著者は、(株)アゴラ研究所所長、SBI大学院大学客員教授。学術博士(慶應義塾大学)。

●『10年後の働き方』- 「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベー
 ションの予兆をつかむ 未来予報株式会社著 インプレス 
 1500円+ 9784295001928

食料危機を救う培養肉マイスター、バイオ衣装デザイナー、3Dプリント建築家・・・。現在ある業界の課題と、解決策を示す新ビジネス50の事例を紹介。10年後の未来の働き方を描く。

●『かくて行動経済学は生まれり』 マイケル・ルイス著 
 渡会圭子訳 文藝春秋 1800円+ 9784163906836

「人間の直感は間違う」ことを発見した2人のユダヤ人心理学者、ダニエルとエイモス。彼らがいかにして人の頭に潜むバイヤスや錯覚を暴き出し、「合理的な人間像」を前提とした既存の経済学を打ち壊していったかを描く。
著者は、ニューオリンズ生まれ。作家。

●『不透明な未来についての30章』- 私たちはどうなっていくのか 
 雨宮処凛著 創出版 1500円+ 9784904795477 

いつから私たちは、「明るい未来」を信じられなくなったのか。作家・活動家である著者が、これから日本が、世界が、そして私たちがどうなっていくのかを問う。2014年7月〜2017年5月までの『創』連載を単行本化。

  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記