国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/07/19

検索 詳細検索
   
 

<2017/07/12号 2017/07/19号 2017/07/26号>    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『やり抜く人の9つの習慣』――コロンビア大学の成功の科学

人材関連書籍


第1章 目標に具体性を与える
第2章 目標達成への行動計画をつくる
第3章 目標までの距離を意識する
第4章 現実的楽観主義者になる
第5章 「成長すること」に集中する
第6章 「やり抜く力」を持つ
第7章 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える
第8章 自分を追い込まない
第9章 「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する

ハイディ・グラント・ハルバーソン著 林田レジリ浩文訳 
 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 2017/6 119pp 1200円+税 
 9784799321133

 

 多くの心理学の調査から、仕事や私生活で目標を達成した、いわゆる“成功者”と呼ばれる人たちには、共通する思考や行動のパターンがあることが明らかになっている。本書は、こうした目標を達成できる人に共通する思考や行動を「9つの習慣」にまとめて紹介している。
 これらの一つひとつは、ごくあたりまえのことだし、実行に移すのにそれほど難しくはないが、誰もがあたりまえに実行しているとは限らない。日頃まったく意識していなかったと気づくものもある。

1.目標に具体性を与える
 目標は、数字で示すなど、具体的に決める。次に、「目標達成のために何をすべきか」と同時に、「目標達成への障害は何か」を明確にし、それを繰り返し心の中で考える(メンタル・コントラスト)。さらに成功した自分と今の自分のコントラストを考える。

2.目標達成への行動計画をつくる
 行動計画をつくるにあたっては、行動予定だけでなく、if-thenを考えることが有効である。if-thenとは、「もしこうなったら、こうする」という意味。if-thenを考えることが有効な理由は、脳への働きかけが違ってくるからで、脳は無意識のうちに周囲をスキャンするようになる。障害にぶつかると、それに対する対応ができるようになる。

3.目標までの距離を意識する
 脳は無意識のうちに、「今の自分の状態」と「自分が望む、好ましい状態」を比べている。そのギャップについて知らせてくれるのが「フィードバック」で、フィードバックによって、向上しているか、していないかがはっきりする。最近の研究では、初心者はあまり頻繁にフィードバックをしないほうがよいとも言われている。思考を行うとき、「これまでにどこまでやり遂げたのか」(これまで思考)と「あとどれだけやらなければいけないのか」(これから思考)とがある。モチベーションの維持には「これから思考」が大事。

4.現実的楽観主義者になる
「目標は達成できる」と信じること(ポジティブシンキング)は大切だが、「目標は簡単に達成できる」と考えてはいけない。成功することの困難を意識することが大事である。それはネガティブシンキングだと批判されがちだが、心理学者ガブリエル・エッティンゲンのダイエットに関する研究によると、「食べ物の誘惑に打ち勝つのは簡単ではない」と答えた人の方が、「打ち勝てる」と答えた人よりもずっと効果を発揮した。

5.「成長すること」に集中する
「失敗してもいい」「失敗なんて何でもない」と考えると、実際に失敗する確率は大幅に低くなるという研究結果がある。目標には、2つのタイプがある。「証明ゴール(Be-good Goals)」と「成長ゴール(Get-better Goals)」。前者は、「自分にはそれをする能力がある」ということを証明しようとし、後者は、「能力を伸ばして、今までできなかったことをできるようにする」に焦点を向ける。「成長ゴール」は、不安から解放し、失敗の落胆から守ってくれる。

6.「やり抜く力」を持つ
 Grit(やり抜く力)とは、心理学用語として、「長期目標に向かうときの粘り強さとやる気」を意味する。「成功は自分のがんばり次第」と信じて、自分をコントロールすることが大きな成果につながる。努力して、自分や状況を良くすることなど不可能と考えてしまう「固定的知能観」の人には、自分の成長が不安を駆り立てる原因になってしまい、チャンスを見逃すことになる。

7.筋肉を鍛えるように意志力を鍛える
 使わなければ衰えるという点で、意志力と筋力とは似ている。意志力を鍛えるには、取り組むことに価値があると信じて、気の進まないことも自らの意志でやってみる。すべての挑戦に共通するのは、「誘惑に打ち勝つ」ことである。筋力トレーニングと同様、意志力も、定期的に鍛えることで強くなっていく。方法として、「意志力の強い人」を思い浮かべるだけで、意志力をパワーアップさせたり、回復を早めたりすることが可能という実験結果がある。

8.自分を追い込まない
 禁煙について行われた実験(被験者は禁煙に成功した元喫煙者)で、「自分の意志で禁煙できる」と答えた被験者よりも、「たばこの誘惑のある状況を避ける」と答えた人(禁煙を続ける自信が弱かった人)の方が禁煙を続けられた。意志力には限界があるという事実を受け止めよう。

9.「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する
 ある行動を否定すればするほど、逆にその行動のことを考えてしまい、その結果、否定した行動を強化してしまう。「やめたいこと」に焦点を合わせるのではなくて、「自分が望む行動を起こす」ように代替プランを立てる。


先週の新刊 人財関連

●『コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた7つの仕事術』 
 Shin著 ダイヤモンド社 1400円+ 9784478101353

コピー取りすらまともにできなかった著者を、1年で大きな仕事を任せられるまでに成長させた仕事術とは? 吸収力、主体性、目標設定力、思考力、コミュニケーション力等の7つの問題点を改善しスキルを上げる方法を伝える。著者は、戦略コンサルタント。ビジネスブログ『Outward Matrix』を運営。外資系コンサルティングファームのマネジャーとして、企業の成長戦略業務等に携わる。

●『チームの生産性をあげる。』- 業務改善士が教える68の具体策 
 沢渡あまね著 ダイヤモンド社 1600円+ 9784478102534

どんな職場でも働き方は変えられる。仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップを伝授する。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータなど企業事例も掲載。「働き方改革」実践書。著者は、あまねキャリア工房代表。業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士。

●『なぜあの会社の社員は、「生産性」が高いのか?』- 社員の「行動習
 慣」を飛躍的に変革させる仕組み 望月禎彦/高橋恭介著 
 フォレスト出版 1500円+ 9784894517660

今いる人材で「生産性」を上げる仕組みを徹底伝授。仕事のできる社員の行動を洗い出し、行動基準として活用する方法や、人事評価の評価基準等へ活用する方法などを公開する。コアコンピテンシー診断付き。

●『超ロジカル思考』- 「ひらめき力」を引き出す発想トレーニング 
 高野研一著 日本経済新聞出版社 日経ビジネス人文庫 
 780円+ 9784532198268

スティーブ・ジョブズ、孫正義・・・。先が見えにくい世界をサバイバルし、勝ち残っていくビジネスの天才たちは、どのような能力を持っているのか。
天才たちの能力と、それを習得するためのトレーニングについて紹介する。

●『問題解決「脳」のつくり方』- なぜ、最高のソリューションが出ないの
 か? マシュー・E・メイ著 藤島みさ子訳 日本実業出版社 
 1750円+ 9784534055095

平凡な解決策しか出ないのは、「結論を出し急ぐ」「物事を複雑にする」「外部の意見を拒絶する」といった、「思考の落とし穴」があるから。脳神経科学、心理学の視点からメカニズムを解説し、問題解決の新手法を紹介する。著者は、イノベーション戦略アドバイザー。企業の経営幹部や組織のイノベーション戦略構築と創造性向上を支援する。専門はイノベーションプログラムの設計等。

●『仕事人生のリセットボタン』- 転機のレッスン 為末大/中原淳著 
 筑摩書房 ちくま新書 820円+ 9784480069764

働き続けるために必要なことは? 自分のこれまでの人生を振り返り、適切なタイミングで方向転換する考え方を身につける方法を、アスリートの為末大と人材育成研究者の中原淳が語り合う。ジャケット裏に「自分年表」付き。
為末大氏は、400mハードルの日本記録保持者。一般社団法人アスリートソサエティ代表理事。中原淳氏は、東京大学大学総合教育研究センター准教授。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『IT全史』- 情報技術の250年を読む 中野明著 
 祥伝社 1800円+ 9784396616120

産業革命後のフランスで腕木通信が誕生した1794年から、コンピュータの能力が人間を超える「シンギュラリティ」の2045年まで。情報技術の過去を振り返り、現在を検証し、将来を構想する。情報化時代の必須知識が満載。著者は、ノンフィクション作家。同志社大学理工学部情報システムデザイン学科非常勤講師。

●『アドラーをじっくり読む』 岸見一郎著 
 中央公論新社 中公新書ラクレ 800円+ 9784121505866

アドラー心理学はその基本的な思想が急進的であるがゆえに、誤解を受けやすい。アドラーの著作を多数翻訳した著者が、アドラー心理学の深い理解をめざして原著に立ち返り、その内容をダイジェストで紹介する。著者は、哲学者。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。

●『経営の針路』- 世界の転換期で日本企業はどこを目指すか 
 平野正雄著 ダイヤモンド社 1600円+ 9784478103111

組織的な思考停止から脱却して、戦略思考へ基づく経営へ。マッキンゼー支社長、カーライル共同代表を務めた著者による、渾身の企業経営論。世界経済を独自の視点から分析し、日本企業の課題を鋭く切り出す。著者は、マッキンゼー・アンド・カンパニーのディレクター及び日本支社長を経て、早稲田大学ビジネススクール教授。工学博士(東京大学)。

●『男子劣化社会』- ネットに繋がりっぱなしで繋がれない 
 フィリップ・ジンバルドー/ニキータ・クーロン著 晶文社 
 2000円+ 9784794969682

ゲーム中毒、引きこもり・・・。社会からはじかれている男子たち。行動心理学、社会学、生理学の成果などを駆使しながら、今、若者たち、特に男性にどんな変化が起きているかを検証。さらにその原因を解明し、解決法を提案する。
フィリップ・ジンバルドー氏は、スタンフォード大学心理学名誉教授。ニキータ・クーロン氏は、ジンバルドー氏とともに様々なプロジェクトに参加している。

●『秩序の砂塵化を超えて』- 環太平洋パラダイムの可能性 
 村上勇介/帯谷知可編 京都大学学術出版会 3500円+ 9784814001118 

格差拡大を背景にした民主主義の動揺、「イスラム国」など第二次大戦以降世界が経験しなかった力による版図の変更・・・。平和と安定を再構築する途を、旧体制や伝統と格闘する環太平洋地域の社会の現実について探る。
村上勇介氏は、京都大学東南アジア地域研究所准教授。博士(政治学)。帯谷知可氏は、京都大学東南アジア地域研究所准教授。

●『アメリカから<自由>が消える』増補版 堤未果著 扶桑社 
 扶桑社新書 850円+ 9784594077402

飛行機に乗れない、突然逮捕される、言いたいことが言えない・・・。「言論の自由」を抑えこまれている、アメリカ社会の驚愕の実態を明かす。袋綴じで「衝撃の未公開情報」も収録。新たに書き下ろしを加えた増補版。著者は、国際ジャーナリスト。

  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記