国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/03/15

検索 詳細検索
   
 

<2017/03/08号 2017/03/15号 2017/03/22号>    

 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『フィードバック入門』――耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

人材関連書籍


第1章 なぜ、あなたの部下は育ってくれないのか?
第2章 部下育成を支える基礎理論
    フィードバックの技術 基本編
第3章 フィードバックの技術 実践編
第4章 タイプ&シチュエーション別 
    フィードバックQ&A
第5章 マネジャー自身も成長する!
    自己フィードバック・トレーニング

中原淳著 PHP研究所 PHPビジネス新書
2017/3 246pp 870円+税  9784-569832906 

 

 アメリカでのHRに関する話題の中で頻繁に出てくる「feed back」が、日本で紹介されないのはなぜだろうと思っていた矢先、この本が出版された。著者も、緒言で「フィードバック」は、あまたある部下育成手法の中で最も重要なものにもかかわらず、日本ではあまりこれまで注意されてこなかったと述べている。著者は、東京大学 大学総合教育研究センター准教授。

 フィードバックとは、「耳の痛いことを部下にしっかりと伝え、彼らの成長を立て直すこと」だと定義する。
 フィードバックをテーマに取り上げた理由として次の5つをあげる。
 (1) 企業の現場において、フィードバックのニーズが非常に高まっている
 (2) 職場の多様な人材(年上の部下など)に悩まされているマネジャーが増えている
 (3) ハラスメントに対する意識が職場で過剰に高まった
 (4) コーチングの「気づき」を重視する部下育成手法の普及によって、言うべきことをしっかり言うという文化がおざなりになってしまった
 (5) 外資系企業を中心に、目標管理制度の運用を見なおすところが増えてきている

 2000年代後半から管理職研修に華々しく導入されたのが「コーチング」だった。いろいろな定義があるが、要約すれば、コーチングとは、「他者の目的達成を支援する技術」である。育成する相手に、「現状」と「めざすべきゴール」のギャップを、第三者からの「問いかけ」によって意識化させ、振り返り(内省)を促し、「今後、何を為していくべきか」の行動指針や行動計画をともにつくっていく技術である。

 コーチングが導入される前は、「いかに教えるか」「いかに伝えるか」といった、上司から部下への一方的、垂直的情報伝達が重視され、「ティーチング」が主流をなしていた。
 その反省として、一方的に教えるのではなく、コーチングという「学習者に気づきを促す部下育成手法」が重要とされ、影響力を持った。ティーチングは時代遅れの部下育成手法であると喧伝されて、ティーチングを否定しつつコーチングが現場に導入されていったのである。

 その結果、「教えない上司」「言わない上司」が増え、むやみやたらに「気づかせようとする上司」が増えていった。二項対立の「コーチングなのか? ティーチングなのか?」という視点を越え、コーチングよりもさらに広い視座で、部下育成の問題をとらえることの必要性を著者は強調する。
 その方法として、「ティーチング(一方向的な情報伝達)」と「コーチング(振り返りの促進)」をバランスさせ、これら2つの働きかけを通して、部下の成長を促進するというのがフィードバックである。

 耳の痛いことを伝えて立て直すフィードバックを実際に行う場合、3つの段階がある。
 【事前】観察による情報収集
 【フィードバック】
 【事後】フォローアップ

 【事前】観察による情報収集
 できるだけ具体的に相手の問題行動の事実を指摘するための情報を得ておかねばならない。フィードバックするときに必要になるデータとして、「SBI情報」を準備しておく。SBIとは、シチュエーション、ビヘイビア、インパクトである。
 こうした情報を得るには、1対1の面談を通しての観察が重要である。

【フィードバック】
 本格的なフィードバックの実施は、次のような注意のもとに行われる。
 ・信頼感の確保
 ・事実通知(鏡のように)
 ・問題行動の腹落とし(現状と目標のギャップの意識化)
 ・振り返り支援(真因探求、行動計画づくり)
 ・期待通知(自己効力感を高めて、コミットさせる)

【事後】フォローアップ
 フィードバックは、フィードバック面談では終わらない。そこからのフォローアップとモニタリングが決定的に重要となる。

 フィードバックの実力をつけるには、フィードバックする経験を重ねることである。フィードバックを受けたことのない人にフィードバックはできない。自分自身もフィードバックされる機会を持つ必要がある。自分のフィードバックを観察するには、「模擬フィードバック」という方法も有効である。上司、部下の立場を演技的に行うのである。


先週の新刊 人財関連

●『社員の力で最高のチームをつくる』 
 ケン・ブランチャード/ジョン・P・カルロス著 ダイヤモンド社 
 1300円+ 9784-478100677

組織がエンパワーされたとき、すぐれた顧客ニーズ対応、イノベーション、 財務の健全化が実現する。苦境に陥った経営者の物語を通して、エンパワー メントの方法論を具体的に示す。あとがきでは星野リゾート代表が体験を綴る。「1分間エンパワーメント」(1996年刊)の改題新版。
ケン・ブランチャード氏は、世界で最も影響力のあるリーダーシップの権威 の一人。ケン・ブランチャード社CSO。ジョン・P・カルロス氏は、経営コンサルタント。 

●『明日から会社で使える説明力』- 説明がすごく苦手だったIQ148の
 メンサ会員が使うたった12のテクニック 
 ひえだともあき著 秀和システム 1400円+ 9784-798049342 

「信頼される話し方」で、あなたの人生は変わる。「社会不安障害」と診断された経験を持つ著者が、自身のあがり症・説明下手を克服したテクニックやトレーニングをイラストを交えて伝授する。著者は、あがり症・緊張しいのためのスピーチ練習会「キンスピ」代表。説明力オンラインサービス『タフマウス』運営。全人類人口上位2%のIQを持つ人の団体MENSA入会。

●『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』 
 - 想定外の時代を生き抜くためのヒント 上田正仁著 
 PHP研究所 PHP文庫 640円+ 9784-569766881

独創的なアイデアを生み出す思考のトレーニング法とは? 「考える」プロである東京大学の教授が、人気講義をもとに「考える力」を養う3ステップを図解入りで徹底伝授。考えることが楽しくなる入門書。

●『人より評価される文章術』 高橋慈子/堀内伸浩著 
 宣伝会議 1300円+ 9784-883353880

ビジネス文章は、ロジカルに組み立ててパターンに従って書く「技術」と、相手の共感を引き出す「表現力」で差がつく。自分の評価アップと組織の競争力につながる、文章力の磨き方を解説する。
高橋慈子氏は、株式会社ハーティネス代表取締役。テクニカルライター。
堀内伸浩氏は、文章コンサルタント。

●『失敗事例から学ぶ職場のメンタル不調防止対策』 
 - ここがターニングポイント!フローチャート 
 ベリーベスト法律事務所 金ケ崎絵美著 第一法規
 2000円+ 9784-474057258

従業員のメンタル不調に対して、会社はどのような対応をとるべきか。実際に生じた裁判例を参考事例としながら、事例全体をフローチャートで示し、ターニングポイントごとに詳しく解説する。

●『人材を逃さない見抜く面接質問50』新版 キャロル・マーティン著 
 岡村桂訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン 
 1600円+ 9784-799320372 

「あなたの長所は何ですか?」「この仕事のどこに魅力を感じましたか?」・・・。その聞き方ではわからない。面接担当者が「伸びる人」「伸びない人」を見分けるキラークエスチョンを厳選・収録。回答欄&自己採点欄あり。
著者は、プロの面接担当者。面接コーチとして面接担当者と応募者両方に指導している。フォーチュン500社はじめ多数の会社の人事にかかわってきた。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『アイデアはどこからやってくるのか』- 考具 基礎編 
 加藤昌治著 CCCメディアハウス 1500円+ 9784-484172040

考えるための基礎力、持っていますか? アイデアを生み出す「既存の要素」とそれを活性化する方法、アイデアの数を増やす方法などを解説。アイデアが湧き出すアタマとカラダのつくり方を教える。Q&Aも掲載。「アイデアパーソン入門」(講談社 2009年刊)の改題、大幅に加筆修正。著者は、大手広告会社入社。情報環境の改善を通じてクライアントのブランド価値を高めることをミッションとする。

●『世界が称賛する日本の経営』 伊勢雅臣著 
 育鵬社 1500円+ 9784-594076856

欧米の優良企業が取り入れ、成功している日本の伝統的マネジメント。儲かればいいというだけではない創業者の深い思いや社風、進化を遂げる創意工夫など、日本的経営の極意を語る。「国際派日本人養成講座」第3弾。著者は、カリフォルニア大学バークレー校で経営学博士(Ph.D.)となる。メールマガジン『国際派日本人養成講座』編集長。

●『なぜ世界は日本化するのか』 佐藤芳直著 
 育鵬社 1500円+ 9784-594076825

国や人間が豊かになり量より質を求めると、質的なモノづくりに特化した日本と巡り合う。その結果、「世界は日本化する」のである。日本の歴史や教育、日本的経営、日本人が再び「日本を取り戻す」ためにすべきこと等を述べる。著者は、S・Yワークス代表取締役。

●『2100年へのパラダイム・シフト』
 - 日本の代表的知性50人が、世界/日本の大変動を見通す 
 広井良典/大井浩一編 作品社 1800円+ 9784-861825972

資本主義の危機、ポピュリズムの台頭、宗教とテロ、覇権国家の交代・・・。
世界、そして日本はどうなるのか? 日本を代表する50人の知性が、“21世紀の歴史”の大転換を予測する。『毎日新聞』連載をもとに単行本化。
広井良典氏は、京都大学こころの未来研究センター教授。専攻は公共政策・科学哲学。大井浩一氏は、毎日新聞学芸部編集委員。

●『資本主義の限界とオルタナティブ』 伊藤誠著 
 岩波書店 5800円+ 9784-000611848

戦後の高度経済成長が破綻したのちに、資本主義諸国は新自由主義に舵を切った。それによる一連の改革は成果をあげてきたか。資本主義の限界を見据え、その先を展望する、新たなる<経済学批判>の試み。著者は、東京大学名誉教授。

●『海の人類史』- 東南アジア・オセアニア海域の考古学 
 小野林太郎著 雄山閣 2600円+ 9784-639024408

人類の祖先は、いかにして環太平洋圏にひろがる海域世界へ進出したのか? 
東南アジアからオーストラリアにまたがるウォーラシア海域周辺の発掘成果を中心に、出アフリカからポリネシアまで続いた人類の旅の軌跡をたどる。
著者は、東海大学海洋学部海洋文明学科准教授。博士(地域研究)。



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記