国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2017/01/18

検索 詳細検索
   
 
<2017/01/11号 2017/01/18号 2017/01/25号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』

人材関連書籍


Prologue ノートで仕事は「シンプル」になる
#section1 方眼ノート - シンプルメソッド50
#section2 横罫ノート - シンプルメソッド30
#section3 無地ノート - シンプルメソッド20

コクヨ株式会社著 KADOKAWA
2016/12 221pp 1400円+税 9784-046017611

 

 文房具のメーカー・コクヨ株式会社が販売するキャンパスノートの数量は年間1億冊にもなる。デジタル・モバイル全盛時代にもかかわらず、ノートの販売冊数は減るどころか、増え続けているという。ちょっと意外である。学生だけでは、これだけの量にはなるまい。社会人にも広く使われているに違いない。

 どのように活用されているかは不明だが、本書には、コクヨ社員のノートの使い方100通りが紹介されている。なるほど、こういう使い方があるのだと納得するもの、確かにこれはうまい書き方だと知ってアイデアを拝借しようというものもある。

 100の中から15ほど選んでみた。番号は、本書に載っている通し番号を示している。

 001 日付とタイトルを右上に書く
会議の記録などには方眼ノート(A5サイズ)を使っている。書くときには、メモの右上に、日付とタイトルを最初に記入し線で囲む。そのページに何が書かれているのか、ひと目でわかるように、キーワードや重要事項は■や☆などのマークをつけたり、下線を引いて強調する。話が変わるときや重要なことを書く前には線を引いて区切る。区切り線は、メモの始まりと終わりをはっきりさせるのにも役立つ。

 003 商談メモには優先順位のマークをつける
商談時にとったメモが、そのままToDoリストになるよう、やるべきことに優先順位をつけて、その場でマーカーや印など、わかりやすい目印を記入している。ノートは後から見返すことを意識して記録する。

 004 図解で記録する
A4とA5サイズの方眼ノートを使い分けている。A4ノートは図解やスケッチなどの企画系の業務で利用、A5ノートは打ち合わせメモなど、持ち歩き用として使っている。図解すると記憶に残りやすい。人に説明するときにも活用できる。相手の発言だけでなく、印象に残ったこと、感じたこと、発想したことなどもメモしておく。

 007 疑問や重要事項は吹き出しで明示
疑問に思ったこと、思いついたこと、重要なこと、必ずやるべきことなどは、赤色の吹き出し文字にしておけば、わかりやすくなる。

 008 案件ごとに1ページにまとめる
上部に件名や日時、場所などを書く欄が独立してあり、その下の記述欄が方眼になっているA4サイズのリングノートを使っている。営業の訪問(案件)ごとに1ページにまとめてメモをとっておくと、見直しがしやすく、議事録としても利用する。方眼のフォーマットは、レイアウトなどもきれいに書け、客先でのメモを、そのまま社内での打ち合わせ資料に転用できる。

 009 聞きたいことを事前にノートに書いておく
スリムB5サイズ(B5サイズよりも約3センチ、ヨコ幅が短い)の方眼ノートを使用。ヒアリングや商談の前に、ある程度のスペースを空けながら先に自分が聞きたいことをメモしておく。聞き忘れを防ぐだけでなく、相手との話を効率的に進めていくのにも役立つ。

 011 写真や文書のコピーを貼る
書類を縮小コピーして貼ろうとすると見づらくなるので、A4サイズのノートをセレクト。写真や表なども貼り付け、情報はすべて1冊にまとめている。常時持ち歩くため、表紙に耐水性のある「リサーチラボノート」を使っている。

 022 アイデア出しは中心から書く
アイデア出しをするときは、A4ヨコ型の方眼罫キャンパスノートを使っている。必要なページだけキレイに切り離せるミシン目入りで、切り取った紙の大きさが正A4サイズになるため、資料と一緒にファイリングできる。ノート中央から上下左右に向かってアイデアを広げていくと自由自在に考えをふくらますことができる。

 028 右ページにメモを書いて、左ページにふせんを貼る
マニュアルの要点をノートの右側に書いておいて、それを見ながら仕事をするが、途中で気づいたこと、発見したことなどをふせんに書いておいて、それをノートの左ページに貼っておく。不要になればはがす。

 041 セミナー受講時には、自問自答の吹き出しをメモ
聞いたことのメモをとるが、気づいたことに自問自答して思ったことを吹き出しにして書く習慣をつければ、頭を働かせながら受講ができ、理解度がアップする。

 045 真ん中で分割して、左と右に役割を持たせる
ページの真ん中に区切り線を引いて、左右を分割して書いていく。左に事前インプット、右にヒアリング、あるいは、左にまとめメモ、右にToDo事項といったぐあいに。

 049 電子資料に取り込む前提でノートを使う
企画業務に使う場合は、思考の整理に使うので、見返すことは少ない。書いたものはどんどん捨てていく。ホワイトボードの感覚に近い。

 061 情報と思考を組み合わせて考える
情報と思考を組み合わせてノートする。ノートの中では何でもありで、思考を自由に駆けめぐらせることができる。自分の思考に合わせて縦横無尽にペンを走らせていると、思考が自由になり、アイデアが浮かんでくる。

 077 ノートのトップには自分のビジョン、目標を貼る
年初に立てた今年の目標や本を読んだりしたときに浮かんだ意識などは、しばらくすると忘れてしまう。自分のビジョンや行動指針、目標数字などをふせんに書いて、ノートのトップページに貼っておく。

 083 ふせんを使ってひとりブレスト
ひとりブレスト(ブレインストーミング)にB5サイズの無地ノートを使っている。ふせんに思ったことや、先輩がアドバイスしてくれたことを書き込み、貼っておく。スキマ時間に再検討もできる。

 1冊のノートだが、さまざまな使い方ができる。ノートは自分の頭の中で思考したことを見える化し、記録として保存できる。手帳や日記とは異なる存在になる。


先週の新刊 人財関連

●『まずは、書いてみる』 
  - <時間><アイデア><やりたいこと>がどんどん湧き出すメモの習慣 
  藍玉著 KADOKAWA 1200円+ 9784-040687384

手帳やノートは思いどおりの明日をつくるツール。書くことで、人生が変わる。1000人以上の手帳・ノートを見てきた手帳ライフ研究家が見出したスゴイ使い方。価値ある毎日をつくるメモのアイデアが満載。著者は、手帳ライフ研究家。ブログ『藍玉スタイル』開設。

●『巧みな質問ができる人できない人』- 問題の「急所」をズバリ突く技術 
  中島孝志著 三笠書房 1000円+ 9784-837926658

人を感動・納得させて動かすための最強ツールが「質問力」だ。物事をシンプルにし、本質をとらえる、すぐれた質問のワザや、強固な相手も折れる「最強の質問」などを紹介。質問力でビジネスを切り拓いていった実例が満載。2003年刊の再編集。著者は、経営コンサルタントほか。松下幸之助経営研究会を主宰。

●『できる人が絶対やらない部下の動かし方』 
  武田和久著 日本実業出版社 1400円+ 9784-534054593

上司が部下に対して抱えている現実的な課題を取り上げ、その対応策をレクチャー。NGのやり方とOKのやり方を示し、OKのやり方の理由や意図、背景について、当事者の心のなかの声を表現する形で解説する。著者は、一般社団法人リーダーシップ協会代表理事。

●『すごい上司』- ついて行きたいリーダーの背中 
  新井健一著 ぱる出版 1400円+ 9784-827210354

仕事のできない上司ほど、危機意識が低い。人徳のない上司ほど、嫌われる勇気がない。上司として、人生の先輩として、さらに、人として、見せてはいけない背中を具体的に解説しながら、「すごい上司」の人材像に迫る。著者は、経営コンサルタント、株式会社アジア・ひと・しくみ研究所代表取締役。

●『フォロワーが語るリーダーシップ』- 認められるリーダーの研究 
  小野善生著 有斐閣 5900円+ 9784-641164871 

リーダーシップの生成はフォロワーの認知によると規定し、3つの定性的事例研究におけるフォロワー、リーダー双方の語りから、両者の相互作用がリーダーシップの成立に至る内実を明らかにする。著者は、経営学博士。滋賀大学経済学部准教授。 


●『マネジャー育成講座』- リーダーシップの磨き方、組織力の高め方 
  本寺大志/小窪久文著 経団連出版 1800円+ 9784-818516083

今日の管理職に求められる実践的知識をまとめる。人と組織のマネジメントに必要なスキルやノウハウから、キャリア開発、労働法などの関連法規、報酬、メンタルヘルスまでを解説する。アカデミックな理論も積極的に紹介。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』  
  - 人を育て、成果を最大にするマネジメント 
  アンドリュー・S・グローブ著 小林薫訳 日経BP社 
  1800円+ 9784-822255015

シリコンバレーで尊敬されるインテルCEOの著者が、自らの体験をもとに、行動科学の理論を用いてマネジメント手法を分かりやすく説き明かした名著を復刊。行動指針チェック・リスト付き。
著者(1936〜2016年)は、ハンガリー生まれ。カリフォルニア大学で博士号取得。インテル社創設に参画、社長、CEO、会長を歴任。スタンフォード大学経営大学院で24年間指導した。 

●『RPA革命の衝撃』 大角暢之著 佐々木俊尚監修 
  東洋経済新報社 1600円+ 9784-492961247

企業の間接部門(ホワイトカラー)の生産性向上に欠かせないロボット技術、RPA。RPAとはなにかを解説し、欧米のRPA革命最前線、RPAを導入した企業のケースメソッド、日本型RPAの未来などについて紹介する。
著者は、一般社団法人日本RPA協会代表理事。RPAテクノロジーズ株式会社代表取締役社長。

●『社員が生き活きと「考働」する組織イノベーション』 
  横塚雅章著 幻冬舎メディアコンサルティング 
  800円+ 9784-344910591

中小企業の業績が伸び悩む原因を分析。いかにして会社に活力を取り戻せばよいのかを、「戦略的上位概念の構築」や「目標にするマネジメント」といった、経営コンサルティング手法に基づいて解説する。 

●『「経営の定石」の失敗学』- 傾く企業の驚くべき共通点 
  小林忍著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 
  1600円+ 9784-799320181

傾く企業は「経営の定石」に熱心に取り組んでいる!? 気鋭の企業再生コンサルタントが経営危機を徹底検証。「経営の定石」の罠にはまった実例を取り上げ、それらを反例として処方箋を紹介する。チェックリスト付き。著者は、日本電気株式会社(NEC)シニアエグゼクティブ。 

●『『日本はなぜ負けるのか』 
  - インターネットが創り出す21世紀の経済力学 新版 
  藤原洋著 インプレスR&D 1400円+ 9784-844397434 

過去20年間、日本のGDPだけが減少している。なぜ日本だけマイナスなのか。失われた20年の真相、日本のIT産業の構造的な欠陥など、これまで誰も語らなかった本質を伝え、日本が負けないための処方箋を提示する。 底本:Ver.1.0 (PDF版) 
著者は、工学博士。一般財団法人インターネット協会理事長兼IoT推進委員長。

●『「トランプ大統領」から始まる中国大乱』 
  石平/黄文雄著 徳間書店 1000円+ 9784-198643218 

トランプの対中戦略で中国はパニック状態に、エキスパート2人が、トランプ大統領の誕生がもたらすアジア秩序や中国情勢の大変化から、日中・米中関係の今後まで、徹底的に論じ合う。
石平氏は、1962年四川省生まれ。黄文雄氏は、1938年台湾生まれ。


  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記