国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2016/12/21

検索 詳細検索
   
 
<2016/12/14号 2016/12/21号 2016/12/28号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『効率がすべて』――誰でもできるけど4%の人しかやっていない報われる行動

人材関連書籍


第1章 まずは、根本的に自分を変えてみよう
第2章 時間を圧縮し、濃密にすることで生産性を高める
第3章 迷わず、躊躇せず、すぐやる!
第4章 不自然さのない「続ける仕組み」を持つ
第5章 もっと人間関係は割り切っていい
第6章 結局、環境によって達成の速さ、成果の大きさが決まる
終章 新しい自分で迷わず前進していい

井上裕之著 ワニブックス
  2016/12 199pp 1400円+税 
  9784-847095245

 

 80対20の法則をもとに、100人の人がいれば20人の人が優秀ということになるが、自分の本当の目的を達成している人というのは、その20人のうちの20%、すなわちわずか4%、4人にすぎないのではないかと著者は考えた。では、この4%の人は他の96%の人とどこが違うのか。
 それはやっていることが成果につながっているかどうかにかかわっている。つまり、96%の人は、成果が出ないことを一生懸命やっているということだ。

 96%の人がやっていることをやらないで、4%の人がやっていることをやればいいのである。では、その行動の違いはどこにあるのか。本書はその説明をする。成果につながる効率的な行動をするための秘訣である。
 その要諦は、以下のようである。

 ・根本的に自分の考え方を変え、行動パターンを変える
 ・行動の質を高めて、生産性を高める
 ・すぐに動き出す
 ・挫折することなく継続する
 ・相乗効果で結果を生み出す人間関係
 ・自分を成長させる環境

 第1章で「根本的に自分を変える方法」、第2章で「時間を圧縮して生産性を高める方法」、第3章で「躊躇せずすぐにやる方法」、第4章で「続ける仕組みのつくり方」、第5章で「人間関係を割り切る方法」を説明した後、第6章では、「結局、環境によって達成の速さ、成果の大きさが決まる」とし、その方法を述べている。

 49の項目について語られているが、その中でユニークなものを選んで紹介しておこう。

 ・ミッションが明確であれば、決断に迷うことはなく、シンプルに行動できる
 ・ビジョンが明確で、やる気が高い人が成功する
 ・自分の行動の意味を他者に明確に説明できなければならない
 ・正解を導き出すのではなく、状況の中で最善の行動を取り、成果を生む
 ・仕事に真剣に向き合えない人は、仕事へのこだわりが足りない
 ・自分はできると確信していれば、質もスピードも上がる
 ・目標を達成する人は、事実から価値を見つけたり、価値を生み出す人
 ・できる人は、時間と生産性を意識しながら行動している
 ・人が群がっていない、上質な部屋を探し、ドアを開ける
 ・過去の出来事に対するこだわりは、未来の行動の阻害になる
 ・楽観的精神は、執着心とセットで持つことで初めて意味を持つ
 ・行動を続けられる人は、やることに楽しいという感情を持つ
 ・一流は一流としかつき合わない
 ・できる人は、ひとりでいることに、孤独感ではなく充実感を見いだす
 ・自分が無知であるということを認識する
 ・今いる世界から出ることによって、自分が無知であることが見えてくる

 著者は、歯科医師だが、さまざまな団体に属し、自身セラピスト、経営コンサルタントを名乗っている。現職は、医療法人社団いのうえ歯科医院理事長、島根大学医学部臨床教授など。


先週の新刊 人財関連

●『SEとプロマネを極める仕事が早くなる文章作法』増補改訂版 
  福田修/豊田倫子著 日経BP社 1800円+ 9784-822239091 

SEとプロマネが文章を書くうえで必要となる事柄を網羅。ソフトウエア文章の目的、日本語の特徴、文章の分かりやすさ、開発生産性と文章の品質との関係、見積要求仕様書の書き方などを解説する。文章力テストも収録。
福田修氏は、テクノロジー・オブ・アジア株式会社代表取締役。豊田倫子氏は、コンピュータハウスザ・ミクロ東京代表。認定レジリエンストレーニング講師。

●『大事なことに集中する』 
  - 気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法 
  カル・ニューポート著 門田美鈴訳 ダイヤモンド社 
  1600円+ 9784-478068557

気を散らされる数多くのものを捨て、注意を集中させる少数のものに取り組めば、大きな成果をあげることができる。気鋭のコンピュータ学者が、認知科学・心理学をベースに、生産性を最大化する方法を伝授する。著者は、マサチューセッツ工科大学においてコンピュータ・サイエンスでPh.D.を取得。ジョージタウン大学准教授。ブログ『Study Hacks』を運営。

●『「出る杭」は伸ばせ!』- なぜ日本からグーグルは生まれないのか? 
  辻野晃一郎著 文藝春秋 1300円+ 9784-163905754

閉塞感の漂う今の日本に必要な人材は「出る杭」だ。大企業、外資系、ベンチャー、管理職、起業、すべてを経験した著者だからこそ語れる、これから先、生き残るためのビジネス論。『週刊文春』連載に加筆し書籍化。著者は、グーグル日本法人代表取締役社長等を経て、アレックス株式会社代表取締役兼CEO。

●『仕事が速い人は図で考える』 奥村隆一著 
  KADOKAWA 1400円+ 9784-046018120

抱えている問題や課題の答えを最短ルートで導き出せるようになる。
1000人に思考法の研修を行ってきたコンサルタントが、スピード図解思考術について3つのステップで解説する。著者は、三菱総合研究所主任研究員。

●『結果を出し続けるチームリーダーの仕事術』 
  - アクセンチュア社員が実践する超一流のマネジメント 
  坂本啓介著 学研プラス 1400円+ 9784-054065161

稼ぐリーダーは、この方法でチームを強くする。世界38万人以上の社員数を誇る総合コンサルティングファーム・アクセンチュアの「戦略的チーム術」を公開。リーダー初心者でも劇的に成果が上がるメソッドを紹介する。著者は、アクセンチュア株式会社オペレーションズ本部インフラストラクチャ・サービスグループシニア・マネジャー。

●『どんな時にも成果を出すリーダーが磨き続ける5つの要諦』 
  - あの人はなぜ、いつも成果を出し続けられるのか? 
  藤井義彦著 日本生産性本部生産性労働情報センター 
  1500円+ 9784-883725212

組織のポテンシャルを最大限に引き出し活かせるリーダーのみが、変化の時代に生き残る。成果を上げるための「ビジョン力」「戦略力」や、それらを徹底する「実行力」など、リーダーシップの5要諦を体得する方法を解説する。著者は、ガンガー総合研究所代表取締役。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『人間と機械のあいだ』- 心はどこにあるのか 
  池上高志/石黒浩著 講談社 1300円+ 9784-062203852

爆発的な技術進化の時代、「明日」はどうなっているのだろう? 人工生命とアンドロイド、それぞれの第一人者同士が、むき出しの機械に生命性を与える「機械人間オルタ」開発の全貌について白熱の議論を交わす。
池上高志氏は、東京大学大学院総合文化研究科教授。複雑系・人工生命研究。
石黒浩氏は、大阪大学大学院基礎工学研究科教授(特別教授)。ロボット研究。 

●『イノベーションはなぜ途絶えたか』- 科学立国日本の危機 
  山口栄一著 筑摩書房 ちくま新書 800円+ 9784-480069320

日本のイノベーションが途絶えたのはなぜか。その制度的な要因を解明するとともに、科学的発見からイノベーションが生まれるプロセスを明らかにし、科学立国日本の再興に向けた実践的な打開策を提示する。著者は、理学博士(東京大学)。京都大学大学院思修館教授。イノベーション理論・物性物理学。

●『すべてわかるIoT大全 2017』 
  - 最新事例、活用手法、基盤技術からセキュリティまで 
  日経BP社 2800円+ 9784-822239190

モノのインターネット「IoT」に関する先進事例を多数紹介。エッジ、LPWA、5G、IPv6などの基盤技術や、IoTセキュリティの脅威と対策についても解説する。『日経コンピュータ』掲載等を加筆修正して書籍化。 

●『なぜ良い戦略が利益に結び付かないのか』 
  - 高収益企業になるための5つの実践法 
  ポール・レインワンド/チェザレ・メイナルディ著 
  ダイヤモンド社 2000円+ 9784-478069936

イケア、スターバックス、ファイザー、アップル、アマゾンなど成功した会社の事例研究から、組織能力(ケイパビリティ)に基づく戦略の実行で高収益企業になる5つの実践法を紹介する。
ポール・レインワンド氏は、PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&のグローバル・マネージング・ディレクター。チェザレ・メイナルディ氏は、Strategy&元グローバルCEO。

●『デービッド・アトキンソン新・所得倍増論』 
  - 潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 
  デービッド・アトキンソン著 東洋経済新報社 
  1500円+ 9784-492396353

先進国でもっとも生産性が低く、もっとも貧困率が高い日本。これからの日本経済には何が必要で、どう改善していったらいいのか。日本が落ちぶれた「原因」を特定し、復活への「秘策」を明らかにする。著者は、イギリス生まれ。小西美術工藝社代表取締役社長。奈良県立大学客員教授。

●『脳が目覚めるたった1つの習慣』- 仕事ができる人を“科学的”に解明 
  瀧靖之著 かんき出版 1300円+ 9784-761272234

16万人の脳画像を見てきた脳医学者が、「好奇心」「コミュニケーション」「有酸素運動」の3ステップを通じて、脳力のスイッチをONにする方法を紹介。日常生活の中で脳を萎縮させない方法や考え方も記す。著者は、東北大学加齢医学研究所教授。医師。医学博士。



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記