国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2016/11/16

検索 詳細検索
   
 
<2016/11/09号 2016/11/16号 2016/11/24号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『課長・部長のためのビジネス戦略の基本』

人材関連書籍


CHAPTER1 ビジネス戦略とは何か
CHAPTER2 全社戦略で基盤を作る
CHAPTER3 優れた事業戦略が売り上げを伸ばす
CHAPTER4 「組織は戦略に従う」という思考
CHAPTER5 マーケティング戦略で市場を開拓する
CHAPTER6 優秀な技術戦略、生産戦略で効率化を実現
CHAPTER7 新たな戦略で業界を牽引する

桝本誠二著 マイナビ出版
2016/10 222pp 1580円+税  9784-839958923

 

 戦略を考える場合、2つの視点がある。1つは「ポジショニング」であり、もう1つは「ケイパビリティ」である。
 ポジショニングとは、市場における自社のポジションを探し、そのポジションを確保するための戦略を立てる方法である。競合他社と比べて自社の商品に独自性を持たせるというのもその一つである。これにより競合他社にはできないポジションをつかむことができる。
 ケイパビリティは、市場に目をやるよりも、自社にある強みを探り、その強みを生かした戦略を立てるという方法である。研究開発力はその例である。独自のすぐれた技術があれば市場で勝てる。
 これらの2つは、相反するものではなく、相互補完的である。ポジショニングだけでは戦略的に不十分なとき、ケイパビリティを生かし、ケイパビリティの不足をポジショニングで補う。
 
 ドメイン設定から全社戦略(経営戦略)が始まるという。経営戦略でいうドメインとは、企業が定めた事業活動を行う領域を指す。ドメインは、顧客(市場)、技術、機能の3要素が集まってつくられるものである。
 ドメインの設定は広すぎてもいけないし、狭い範囲で設定しまうと新たに台頭してくる市場に入ることを不可能にしてしまう。
 全社戦略から事業戦略がつくられ、事業戦略に基づいて機能戦略が立てられる。機能戦略とは、各事業部で作成した戦略を具体的にどのように実践していくかを考え、マーケティングや技術、生産、組織などの各部署別に策定する戦略であり、さまざまな実務に合わせた戦略がある。

 第1章で戦略とは何かについて説明し、ポジショニングとケイパビリティの違いを論じる。第2章では全社戦略で基盤を作る方法を紹介する。第3章は売り上げを伸ばす事業戦略、第4章は組織戦略について述べる。第5章はマーケティング戦略について説明、この場合、機能戦略と事業戦略などと重なる部分があるだけでなく、全社戦略にも大きな影響を及ぼすことを指摘する。第6章は効率化を実現する生産戦略である。第7章でイノベーションを中心とする戦略について語られている。

 経営論に出てくるさまざまな用語が見出しにある。知識の整理にはなろう。

 孫子の兵法、ランチェスター戦略、ミッションとビジョン、
 コア・コンピタンス、アンゾフの成長マトリクス、
 PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)、
 ビジネス・スクリーン、コンプライアンスとCSR、
 IPO(イニシアル・パブリック・オファリング)、SWOT分析、
 3C分析、マイケル・ポーターのファイブフォース、
 コトラーの4分類、ブルーオーシャン戦略、
 VRIO分析(価値・希少性・模倣可能性・組織)、
 STP戦略(セグメンテーション・ターゲティング・ポジションニング)、
 4P戦略(プロダクト・プライス・プロモーション・プレース)、
 プロダクト・ライフ・サイクル、セル生産方式、
 ジャスト・イン・タイム、サプライチェーン・マネジメント、
 BTO方式(デル・モデル)、ファブレス経営、破壊的イノベーション、
 オープンイノベーション、リバースイノベーション、等々

 本書は、タイトルにあるように「ビジネス戦略の基本」を紹介しているが、「課長・部長のための」という点にはひっかかる。とりわけ管理職という視点からの戦略が見えない。ごく当たり前の戦略に関する知識の総まとめといった感じがする。
 いろいろな手法を知っていることは有利であろう。しかし、方法論はあくまでツールにすぎない。ツールがあればすぐれた戦略が立てられるわけではない。ツールが先行しては、本当の戦略にはならない。まず問題の本質を深く考えることが重要である。これこそが豊富な経験を活かす部長・課長の競争優位ではないか。



先週の新刊 人財関連

●『「集中力」を一瞬で引き出す心理学』 渋谷昌三著 
  青春出版社 青春新書PLAY BOOKS 1000円+ 9784-413210720 

心の使い方を知るだけで、「質」と「スピード」は劇的に高まる。最新心理学の理論に基づく集中力アップのメソッドに加えて、自分の心をうまくコントロールし、集中力を発揮する方法を解説する。著者は、目白大学大学院心理学研究科・社会学部教授。

●『図解働き方』- 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 
  稲盛和夫著 三笠書房 1200円+ 9784-837926566

一生懸命に働くと、人生の歯車がよい方向に回転する。稲盛和夫が、「働く」ということに関する自身の考えと体験を語り、労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性を伝える。著者は、京セラ名誉会長。KDDI最高顧問。日本航空名誉顧問。稲盛財団を設立。経営塾「稲盛塾」塾長。 

●『林修の仕事原論』- 壁を破る37の方法 林修著 
  青春出版社 青春新書INTELLIGENCE 820円+ 9784-413045018 

新の人脈は仕事を通してしか広がらない。できる人は女性を味方につけている。“自分の居場所”を真剣に見つけよう・・・。人気予備校講師・林修が、自らの「仕事観」に基づいた仕事の基本について綴る。2014年の再刊。著者は、東進ハイスクール、東進衛生予備校現代文講師。 

●『すべての仕事は「問い」からはじまる』 
  - たった1秒の「問題解決」思考 大嶋祥誉著 
  SBクリエイティブ 1400円+ 9784-797382624 

仕事も人生も、普段の「問い」次第で変わる。何かを問いかければ、自動的に脳は動きはじめる。「問い」の仕組みと力を解説し、仕事や生き方のもやもやを解消するヒントを伝える。切り取って使う「問い」リスト付き。著者は、センジュヒューマンデザインワークス代表取締役。エグゼクティブ・コーチ、組織開発・人材育成コンサルタント。 


●『ワンフレーズ論理思考』 掘公俊著 
  日本経済新聞出版社 1200円+ 9784-532321130 

たったひと言でロジカルになれる。ロジカルシンキングを進めるのに欠かせないワンフレーズを厳選して紹介。背景にある論理思考の考え方を解説し、日常会話での使い方を伝える。『日経新聞』電子版連載コラムをもとに書籍化。著者は、掘公俊事務所代表、組織コンサルタント。 

●『経営改革は“人事”からはじめなさい』 小野耕司著 
  幻冬舎メディアコンサルティング 800円+ 9784-344994836 

社員の働き方、考課、賃金で、全ての経営課題は解決する。多くの中堅・中小企業に対して実践的な人事コンサルティングを行っている著者が20年の人事畑での経験で培ってきた、経営を劇的に変革する人事改革のステップを紹介。 

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『世界で一番他人にやさしい国・日本』 
  マンリオ・カデロ/加藤英明著 祥伝社 祥伝社新書 
  780円+ 9784-396114886 

他人を思いやる、世界に類を見ない日本人の心の秘密とは。1975年の初来日以来、日本に魅入られて40年余、サンマリノ大使にして各国大使を代表する「駐日外交団長」が語る。異色の日本文化論。
マンリオ・カデロ氏は、イタリア生まれ。ジャーナリストとして活動。「駐日外交団長」就任。加藤英明氏は、外交評論化。日本ペンクラブ理事などを歴任。 

●『東アジア高度成長の歴史的起源』 掘和生編 京都大学学術出版会 
  4800円+ 9784-814000548

高度経済成長にみる、日本・台湾・韓国の独自性とは? アジアの高度経済成長という世界史的現象を、戦前に遡る歴史的起源から解明する。一国史的分析の限界を越える、日本・台湾・韓国の国際共同研究の成果。著者は、京都大学大学院経済学研究科教授。専攻は東アジア経済史。 

●『グローバル化進む日本企業のダイナミズム』 
  みずほ銀行国際戦略情報部編 金融財政事情研究会 
  2600円+ 9784-322128857

中国・東アジアから中東、アフリカまで、日系企業の視点で、世界7地域の生産拠点、販売市場の現状と将来性、現地展開上の課題をわかりやすく整理する。企業の直接投資判断、金融機関の取引先海外進出支援に役立つ情報が満載。 


●『成熟期を迎えたアジアに羽ばたく日本企業』 
  - 中堅・中小企業の出番がやってきた 増田辰弘著 
  カナリアコミュニケーションズ 1500円+ 9784-778203719 

低い賃金を求めた製造業のアジア進出から、高度成長した現地でのビジネス展開へと時代は変わりつつある。現地で独自の戦いを挑む中堅・中小の日本企業を取り上げ、これから成功するための秘訣を探る。

●『なぜ異次元金融緩和は失策なのか』 建部正義著 
  新日本出版社 1700円+ 9784-406060707 

「2%の物価安定目標」という諸悪の根源を捨てるべし。金融理論、日銀関係者の言説、世界的な金融政策の例から実証した、黒田日銀政策批判の決定版。「マイナス金利付き金融緩和」や「量的・質的金融緩和」を斬る。著者は、中央大学名誉教授。専門は金融論。

●『社長引責 破綻からV字回復の内幕』 有森隆著 
  さくら舎 1500円+ 9784-865810776 

パナソニック、富士重工、カルビー、ベネッセ・・・。破綻寸前に追い込まれた企業は、社長交代によって、いかにして再生に向かったか。経営が悪化し、地獄を見た企業9社を取り上げ、企業の衰退と復活のドラマの内幕を描く。著者は、経済ジャーナリスト。経済・産業界での豊富な人脈を活かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。 



  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記