国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2016/11/02

検索 詳細検索
   
 
<2016/10/26号 2016/11/02号 2016/11/09号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『我慢をやめてみる』――人生を取り戻す「起業」のすすめ

人材関連書籍


第1章 人生を取り戻す「起業」のすすめ
第2章 世界と勝負をしよう
第3章 日本を元気な国にしよう
第4章 起業はいつからでもできる

森川亮著 朝日新聞出版 朝日新書
  2016/10 237pp 760円+税
  9784-022736864

 


 いまの日本に一番足りないものとして、著者は「起業」をあげる。日本は、高度経済成長後トップに立ってからは、守る側に回って、さらに新たな価値を生み出すチャレンジをしなくなった。既存の企業が新しい価値を生み出せなくなったいま、その役割をベンチャー企業に著者は期待する。
 日本で起業するとき障害になるのは何か。どうすれば障害をなくして起業のエコシステムを構築できるのだろうか。本書で、著者の考えが述べられている。

 まもなく50歳を迎える著者は、LINEの社長を辞めて、2015年4月、日本発のグローバルメディアを目指すC CHNNELのサービス(動画メディア)を開始した。目的は、日本を元気にするためだという。2016年3月に、月間再生数が1億回を超えたという。

 各章にあるサブタイトルを見れば、本書に何が書かれているか一目瞭然である。

第1章
・日本には「起業」がもっと必要だ
・起業文化が大企業を復活させる
・「起業」で人間らしさを取り戻す
・自分本位の起業は成功しない
・成功する起業の条件
第2章
・なぜ世界を目指すべきなのか
・C CHANNELの海外戦略
・したたかな海外パートナーたち
・「スピード」が共通言語になる
第3章
・なぜ日本でベンチャーが育ちにくいのか
・資金調達がベンチャーの行方を左右する
・VCとの上手な付き合い方
・日本にはベンチャー人材が足りない
・なぜ若者はベンチャーで働きたがらないのか
・国が過保護な政策をやめればベンチャーは育つ
・ベンチャー精神は教育から
第4章
・起業家対談

 これらの中で気になる項目をいくつか選んで著者の考えを紹介しよう。

 ●成功する起業の条件
 投資家が将来性ありと判断して注目していること。ベンチャーにとり未来価値は重要だが、将来が遠すぎると失敗の確立は高まる。知らない人にも伝わるわかりやすさが大切。
 ●なぜ日本でベンチャーが育ちにくいのか
 日本は農耕文化の強い社会で、もともとそれほどイノベーティブな社会ではない。しかし、戦争で国土が焦土と化し、さらに保守的な大人たちが姿を消したことで、イノベーションが生まれる環境が戦後一時的に整った。
国が豊かになって危機感が消え、若者もまた年を重ねたことで、日本はふたたび変化を嫌う社会に戻った。ただ、変化の機会はいまふたたびめぐってきた。リーマンショック、東日本大震災が変化を起こす契機になった。
 ●なぜ若者はベンチャーで働きたがらないのか
 起業して、もし自分の会社に人が集まってこないとしたら、それは事業ビジョンに問題がある可能性が大である。
起業家自身は寝食を忘れて働くことがあたりまえのことだと言える。しかし、ベンチャーであることを言い訳にしてブラック環境をつくってはならない。
終身雇用が制度化されている日本では、人材の流動性に欠ける。転職しない理由の1つは、転職市場が成熟していないからである。年功序列の賃金体系では、同じ会社にい続けることが賢い選択になる。そのためには解雇規制の緩和が必要である。辞めてもらうべき人には辞めてもらえば、人材の流動化を生み、働く人たちに緊張感を高め、生産性を向上させる。

 いま求められているのは、いわゆるベンチャー企業による起業だけではない。既存の企業のなかで新たな価値を生み出そうとするのもまた、ひとつの「起業」の形だと著者は言う。いくつになっても起業はできる。自ら行動した人だけが、後悔のない人生を手にできる。


先週の新刊 人財関連

●『私をリーダーに導いた250冊』 朝日新聞出版編 
  朝日新聞出版 1500円+ 9784-023315471 

トップリーダー50人の人生を変えた愛読書を、実体験に基づいたエピソードを交えて一挙紹介する熱き読書案内。『朝日新聞』の連載「リーダーたちの本棚」から50回分を加筆修正して書籍化。

●『『仕事の効率が10倍アップする記憶術サクッとノート』 
  宇都出雅巳監修 永岡書店 1000円+ 9784-522434758

脳の学習原理を活用した、記憶力と速読力を向上させるさまざまなテクニックを紹介。繰り返しチャレンジすることで記憶力と速読力がアップする、一部書き込み式の実践トレーニングも収録する。Q&Aも掲載。

●『仕事に追われない仕事術』- マニャーナの法則・完全版 
  マーク・フォースター著 青木高夫訳 
  ディスカヴァー・トゥエンティワン 1500円+ 9784-799319802

「仕事は明日!」でうまくいく。「1日に発生する仕事を集めて、必ず次の日にやる」を基本とする仕事術「マニャーナの法則」をはじめ、効果をすぐに実感できるテクニックが満載。「マニャーナの法則」(2007年刊)の改題増補改訂。著者は、英国のビジネス・コーチ。主に企業幹部・個人事業主を対象に、仕事の能率に関する独自のコーチングを行う。

●『女性人材の活躍2016: 女性コア人材の育成の現状と課題』 
  - 第7回コア人材としての女性社員育成に関する調査結果 
  日本生産性本部ダイバーシティ推進センター編集 
  日本生産性本部労働情報センター 2000円+ 9784-883725205

企業における女性社員の活躍の実態を把握することを目的に、2015年10月〜11月に実施した「コア人材としての女性社員育成に関する調査」の結果をもとに、女性コア人材育成の現状と課題をまとめる。

●『修羅場の説明力』- 危機対応のプロが教える! 
  小野展克/池田聡著 PHP研究所 PHPビジネス新書 
  850円+ 9784-569831510

取引先との交渉、役員プレゼン、上司への反論、クレーム・不祥事対応、緊急会見・・・。修羅場で私たちは何を発言し、どう振る舞えばいいのだろうか。働く人すべてに求められる説明力を危機対応のプロが徹底解説する。小野展克氏は、嘉悦大学教授・ビジネス創造学部長。経営管理博士。池田聡氏は、経営共創基盤(IGPI)パートナー、マネージングディレクター。

●『雑談力』- ストーリーで人を楽しませる 百田尚樹著 
  PHP研究所 PHP新書 780円+ 9784-569831794

面白さの7割以上は、内容ではなく話し方。ベストセラー作家が、ストーリー仕立ての技術と必ずウケるネタ56を公開。雑談で人を楽しませる快感を味わうための1冊。著者は、番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家。「永遠の0」で小説家デビュー。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『ジャック・ウェルチの「リアルライフMBA」』 
  - ビジネスで勝ち残るための13の教え 
  ジャック・ウェルチ/スージー・ウェルチ著 日本経済新聞出版社 
  1800円+ 9784-532321079

理論やコンセプトでは現実のビジネス問題を解決できない。「経営の神様」ウェルチが、ビジネスで「勝つ」ために本当に必要な知識とノウハウを、実例に基づいて伝授する。
ジャック・ウェルチ氏は、IACインタラクティブコープの顧問。スージー・ウェルチ氏は、ビジネス書の著者、テレビコメンテーター、ビジネス・ジャーナリスト。ジャック・ウェルチ経営大学院の諮問委員。

●『日本買い』- 外資系M&Aの真実 加藤有治著 
  日本経済新聞出版社 2200円+ 9784-532321093

対日M&Aにおける駆け引きと価値創出の実態とは? 投資総額3300億円の名門外資系ファンド元日本代表が、悪戦苦闘してきた中で積み上げた知識・ノウハウの重要ポイントを盛り込み、対日M&Aのメリットを伝える。
著者は、イースト・インベストメント・キャピタル株式会社(EIC)代表取締役として、企業投資活動に取り組む。

●『新ビジョン2050』- 地球温暖化、少子高齢化は克服できる 
  小宮山宏/山田興一著 日経BP社 1800円+ 9784-822236571

地球持続のために物質とエネルギーはどうあるべきかを描いた「ビジョン2050」に、プラチナ社会の視点を加えた「新ビジョン2050」を提起する。トヨタ自動車会長・内山竹志らとの対談も掲載。
小宮山宏氏は、第28代東京大学総長、三菱総合研究所理事長を歴任。「プラチナ構想ネットワーク」会長。山田興一氏は、東京大学総長室顧問、国立研究開発法人科学技術振興機構低炭素社会戦略センター副センター長。

●『どうなる世界経済』- 入門国際経済学 伊藤元重著 
  光文社 光文社新書 760円+ 9784-334039516

トランプでTPPは? イギリス離脱でどうなる? 国際経済学で、激震する世界の潮流をつかむ。2015年に行われた慶應丸の内シティキャンパスの講義をベースにまとめた、東大名誉教授のセミナー形式の入門書第2弾。
著者は、東京大学名誉教授。学習院大学国際社会科学部教授。専門は国際経済学。

●『日・米・独−10年後に生き残っている国はどこだ』 
  高山正之/川口マーン惠美著 ベストセラーズ 
  1000円+ 9784-584137529

「朝日化」するアメリカのマスコミ、現在も8基が稼働中のドイツの原発、民度は高いが歴史戦が苦手な日本・・・。10年後に世界をリードする地位にいるのはどの国か。人気論客の2人が、3国の現状を分析し、未来を展望する。
高山正之氏は、ジャーナリスト。川口マーン惠美氏は、大阪生まれ、作家。拓殖大学日本文化研究所客員教授。

●『習近平はいったい何を考えているのか』- 新・中国の大問題 
  丹羽宇一郎著 PHP研究所 PHP新書 840円+ 9784-569831800 

アメリカと中国という2つの超大国の指導部が入れ替わる2016年、2017年で、世界秩序は大きく転換する可能性がある。中国の最新動向を分析して、日本と世界の現在、そして未来を見通す。著者は、元中華人民共和国駐箚特命全権大使。早稲田大学特命教授。公益社団法人日本中国友好協会会長。


  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記