国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2016/08/31

検索 詳細検索
   
 
<2016/08/24号 2016/08/31号 2016/09/07号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『最強のモチベーション術』――人は何を考え、どう動くのか?

人材関連書籍


第1章 モチベーションの真実
第2章 モチベーションをアップさせる鉄則
第3章 タイプに応じた「やる気」の高め方
第4章 こんなとき、どうするか? 
     〜ケースに応じた処方箋

太田肇著 
  日本実業出版社 2016/8 214pp 
  1500円+税 9784-534054128

 

 モチベーションについて書かれた本は数多い。本書の違いを著者は、「現実の会社や職場の中で人が何を考え、どのように行動するか」という視点から説明していることをあげる。わが国社会では、ホンネを話したがらない風習があり、判断を誤ることが多く、理論は理解しただけでは役に立たないものである。一人ひとりが、どのような性格や価値観を持ち、置かれた状況のもとで何を思い、どう行動するかを深く洞察することの大切さを強調する。

 第1章では、モチベーションの理論と現実の世界とを照らし合わせながら、本当の「やる気」は何によって、どのように生まれるのかを説明する。第2章では、モチベーションの「量」より「質」が問われているいまの時代に、質の高いモチベーションを引きだすにはどうすればよいかを述べている。第3章はタイプに応じたモチベーションを高める方法、第4章は現場でしばしば問題になる具体的ケースについて対策を示す。

 やる気の源泉としていろいろあげることができるが、「何がやる気を引きだすか」という問いに対する単純明快な答えはない。仕事の楽しさや成長にしても、承認や報酬にしても、それが背後で何につながっているかを理解して、はじめてその人のやる気の源泉にたどり着くことができる。

 やる気が生まれる動機は、基本的にはイルカやアシカの調教と同じだと言えるが、人間には感情や考える力が発達しているため、人間の行動は動因理論だけでは説明できない部分が大きい。
 時間はかかるかもしれないが、高次の欲求や有能感、自己効力感によって動機づけられる経験を積ませ、お金のためだけで働くのとは違う充実感を味わわせてやるべきだとする。そうすれば、満足がさらなるモチベーションに駆り立てるという好循環が形成される。

 わが国における一般的な評価制度や処遇体系を見ても、突出した成果をあげようとリスクを冒すより、無難にそこそこの成績を残したほうが得をする場合が多い。そのような制度が残っている以上、いくら社員を鼓舞し、挑戦を促しても効果は出ない。制度を変えれば、自ずと態度や行動も変化するはずだ。
個人の行動の背後には、さまざまな思惑や利害、打算が隠れているものである。ホンネを理解しないかぎり、効果ある指導はできない。

 日本人が誇ってきた勤勉さや安定したモチベーションが生かされるような仕事が急激に減ってきている。残されたのは、創造性や革新性、勘やひらめき、判断力や洞察力といった人間特有の能力が求められる仕事である。これらの仕事で要求されるのは質の高いモチベーションである。「全力で」「精一杯」「がんばれ」といった言葉は、「質」ではなく「量」を念頭に置いたモチベーションである。

 やる気倍増のツボとしてあげているのは次のようなものである。
・自律性を高める
・認められる機会を増やす
・意識を外に向けさせる

 モチベーションについてはいろいろと書かれているが、本書で見られる特長は、モチベーションに必要な要件を項目的にあげて説明するという方式ではなく、モチベーションについて、いろいろな角度から考えながら説明をしていく語り口にあるといえる。最近は、視覚化を強調するため、このようなスタイルの本が少なくなった。問題を深く考えるには、やはりこのほうが向いている。


先週の新刊 人財関連

●『「働きがいあふれる」チームのつくり方』 
  - 社員が辞めない、ワクワクする職場 前川孝雄著 
  ベストセラーズ ベスト新書 880円+ 9784-584125281 

「不満」がなくても、「満足」がない職場では人は育たない。「働きやすさ」を追求するから会社はダメになる。人が育つ現場づくりを支援する著者が、崩壊する働く現場への警鐘と、働きがいあふれるチームへの立て直し方を語る。著者は、株式会社FeelWorks代表取締役。青山学院大学兼任講師。

●『こうすれば人は動いてくれる』 ボブ・バーグ著 
  弓場隆訳 サンマーク出版 1500円+ 9784-763135742

どうして、誰も言うことを聞いてくれないのだろう? 米国で有名な「人間関係の超プロ」が、フランクリン、リンカーン、ガンジー、マザー・テレサなど偉人たちの共通点を研究して編み出した「人が動いてくれる」秘術を紹介。著者は、アメリカの経営コンサルタント。人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表。

●『超仮説思考』- 正解が見えない課題を圧倒的に解決する 
  高野研一著 かんき出版 1500円+ 9784-761271992

新しい知識やフレームワークを紹介するのではなく、優れた経営者たちの自由自在なモノの見方を題材とした様々なエクササイズを用いて、トレーニング形式で直観力を鍛える「ビジネス版禅問答」の書。著者は、コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社代表取締役社長。

●『「超」入門!論理トレーニング』 横山雅彦著 
  筑摩書房 ちくま新書 860円+ 9784-480069054 

グローバル社会で日本人が備えるべきは、英語そのものではなく、英語の「心の習慣」である「ロジック」を学び直すことだ。日常会話やメールなどで、論理思考「コミュニケーション」として使いこなすためのコツを伝授する。

●『人事評価で業績を上げる!「A4一枚評価制度」』 
  榎本あつし著 アニモ出版 2000円+ 9784-897951928

業績向上を目的とする「A4一枚評価制度」を紹介。人事評価の考え方から、シンプルな評価シートの作成・運用のしかたまでを解説する。シート類のダウンロードアドレス付き。

●『「伝わる文章力」がつく本』 
  - 文型を使えば、短くわかりやすく迷わず書ける! 
  樋口裕一著 大和書房 1400円+ 9784-479795407

たった1枚の報告書、たった1通のメールで、あなたの評価は劇的に変わる。
文章をスラスラ書けるようになるために必要な「文型」を示し、それを使いこなすためのテクニックを、多くの実例を交えてわかりやすく説明する。著者は、仏文学、アフリカ文学の翻訳家。通信添削による作文、小論文専門塾「白藍塾」塾長。多摩大学教授。

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『日本のマネジメントの名著を読む』 日本経済新聞社編 
  日本経済新聞出版社 日経文庫 1000円+ 9784-532113575

「失敗の本質」「戦略不全の論理」「知的創造企業」など、日本を代表する経営学者や経営者たちが執筆した名著10冊の内容と今日的意義を、ケーススタディをまじえながら紹介する。

●『さよならインターネット』 
  - まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真著 
  中央公論新社 中公新書ラクレ 820円+ 9784-121505606 

常時接続に無線接続、そしてIoTで、やさしかった「世界」は消失した。インターネットの寵児が自身の半生を振り返りつつ、インターネットの未来、そしてそこへとつながる社会や私たち自身のこれからの姿を考える。著者は、CAMPFIRE代表、起業家。株式会社paperboy & co.を創業。2008年、当時最年少でジャスダック市場へ上場。

●『資本主義の限界』 木下栄蔵著 扶桑社 
  1400円+ 9784-594075316


専門領域を飛び越えて活躍する気鋭の学者が発見した経済学の新しい視座とは、たった1本の線だった。人類がはじめて経験する経済局面「反のバブル」を徹底解説。日本経済の低迷を「正と反の経済線」で解き明かす。著者は、名城大学都市情報学部教授。工学博士。 

『マイナス金利政策』- 3次元金融緩和の効果と限界 
  岩田一政/左三川郁子編著 日本経済新聞出版社 
  2800円+ 9784-532357047 


賛否両論が渦巻く歴史的な大実験、マイナス金利政策。経済、マーケットへの影響は? 副作用は? 長期停滞論、ヘリコプター・マネー論も交え、マイナス金利政策の効果を徹底検証する。
岩田一政氏は、日本経済研究センター代表理事・理事長。東京大学名誉教授。
左三川郁子氏は、日本経済研究センター主任研究員・金融研究室長。 

『日本はこの先どうなるのか』 高橋洋一著 幻冬舎 
  1000円+ 9784-344029750

英国のEU離脱、日本の戦争リスク・・・。「日本や世界で本当に起こっていることは何か」をデータをもとに解説する。『現代ビジネス』『DIAMOND online』掲載に加筆修正し、書き下ろしを加えて書籍化。著者は、政策研究博士。嘉悦大学ビジネス創造学部教授。株式会社政策工房代表取締役会長。

●『歴史問題の正解』 有馬哲夫著 新潮社 新潮新書 
  760円+ 9784-106106828 

「日本は無条件降伏をしていない」「南京事件は中国のプロパガンダ」「真珠湾攻撃は騙し討ちではない」・・・。国内外の公文書館で掘り起こした第一次資料から、意外な真実を明らかにする。著者は、早稲田大学社会科学部・大学院社会科学研究科教授(メディア論)。

  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記