国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2016/08/24

検索 詳細検索
   
 
<2016/08/10号 2016/08/24号 2016/08/31号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『戦略を形にする思考術』――レゴシリアスプレイで組織はよみがえる 

人材関連書籍


第1章 「本当の思い」に近づく技術
第2章 レゴブロックで組織を高める
第3章 レゴシリアスプレイの開発ストーリー
第4章 世界で広がるレゴシリアスプレイの可能性
第5章 レゴシリアスプレイの実例ストーリー

ロバート・ラスムセン著 蓮沼孝、石原正雄編著
徳間書店 2016/7 203pp 
1300円+税 9784-198641696

 

 デンマークで開発された玩具「レゴ」を知らない人は少ないだろう。これは世界中に広まっているおもちゃだと誰もが思う。しかし、いま多くの著名企業で社員の意識改革のために、レゴブロックを使うメソッドが導入され、関心が高まっている。
 この方法は「レゴシリアスプレイ」(LSP)と呼ばれ、2001年にレゴ社で、著者のラスムセン氏が中心となって開発された。レゴブロックを用い、個人の価値観やビジョンなど、頭の中でなんとなく意識しているモヤモヤとした部分を可視化することで、コミュニケーション能力や問題解決能力の向上を目指すメソッドである。

 第5章に、レゴシリアスプレイを導入した企業の実例(博報堂、JTB、西部技術、日立システムズ、早稲田大学大学院)が取り上げられている。この中から、日立システムズ社の実施例を選んで、研修の様子と得られた成果について紹介しておこう。

 ◆日立システムズの事例

 2011年12月、同社のショールーム移転計画にLSPのメソッドを取り入れた。この移転計画には、すでに人材サービス企業が入っており、新ショールームのコンンセプト作りなどを進めていた。メンバーからは「驚き」「感動」「インテグレーションルーム(融合空間)」といったキーワードが出されていたが、具体的なデザインやレイアウトのイメージは共有できていなかった。

 5時間という制約の中で、キーワードを可視化するセッションが行われた。約20人のメンバーを4チームに分け、最初に、本論とは関係のない「進化した生き物を作る」という題を出して演習を行い、レゴブロックを使って他者と対話することを慣れてもらった。本論のワークでは、手を使って、形を作ることで徹底的にキーワードの深堀を行った。

 ある人が「感動」を「初めて字を覚えたときのような感情」といえば、「驚き」とは「ミュージアムで童心に帰ったときのような気持ち」と表現する人もいた。これらの思いを「ショールームの未来」と重ねると、「外に開かれた開放的な空間」「診療所のような困りごとを解決してくれる場所」といった多様な表現が出てくる。それをもっと落とし込んでいくと、「開かれた空間だったら、入口は2つあったほうがいい」「商談ルームの仕切りはガラス張りにしよう」「お客さまの問題解決につながるディスプレーを設置しよう」など、具体的なデザイン、設計がイメージできる発言につながっていった。

 LSPでは、各チームの共通項を見つけることはしない。各メンバーの内観を共有して、最終的な形(この場合はショールーム)を作ることを目指す。実際には、ワークで出たアイデアが反映されて、お客さまを迎える大きな受付の横に、ガラス張りの商談ルームとプレゼンテーションルームが併設された開放的な設計になった。

LSPの利点は以下のようである。

(1) 無意識領域に閉じ込められた自分の思いを知ることができる
(2) 言葉だけでは表現できない自分の本当の考えを表現できる
(3) 出席者一人ひとりの大切にしている思いを知ることができる
(4) 出席者全員の思いを漏らさず拾い集めてチームのビジョンをつくれる
(5) 出席者全員が会議で決めたことに心からコミットして行動に移せる

 ただやみくもにレゴブロックを使って、何らかの形を作品にし、イメージを語るだけでは、LSPの本質に迫ることはできないので、訓練されたファシリテータの牽引力が不可欠とされる。LSPは、グループ内の対話を、より価値あるものにするメソッドだということになる。

 LSPのファシリテーション技術を学ぶには、マスタートレーナー協会認定トレーナーが提供する4日間のトレーニングを受講するのが一番の早道で、日本では、ロバート・ラスムセン・アンド・アソシイツが年に数回開催している。

 ファシリテータが参加者に意見を述べさせるだけでは、一部の人の発言に偏る恐れがあり、意見をうまく表現できないといった問題が起きる。レゴブロックを使うことで、誰もが問題を考え、考えを可視化するという行為を通して、全員の思いをファシリテータが引き出し、まとめるというところに効果があるのであろう。


先週の新刊 人財関連

●『超解ロジカルシンキングで面白いほど仕事がうまくいく本』 
  本田一広著 あさ出版 1100円+ 9784-860639082 

ビジネススキルの基本であるロジカルシンキングを身につけよう。「論理的に問題を解決する」「論理的なコミュニケーションを取る」「論理的な文章を作る」等のノウハウを解決する。章末に問題も掲載。著者は、株式会社日本ラーニングシステム代表取締役。

●『いい努力』 - マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった 
  山梨広一著 ダイヤモンド社 1500円+ 9784-478039588 

その努力は「いい努力」か「悪い努力」か? 動く前に「課題」を見出す。「情報」は7割集める。トップコンサルタントとして得た豊富な経験から、生産性が劇的に上がる「仕事の方法」を75項目にまとめて紹介する。著者は、スタンフォード大学経営大学院(経営学修士)修了。マッキンゼー日本支社において豊富なコンサルティング経験を有する。2014年マッキンゼー退社。 

●『自分を動かす』- あなたを成功型人間に変える 改訂新版 
  マクスウェル・マルツ著 小圷弘訳 知道出版 
  1500円+ 9784-886642844 

自己イメージを正しく持ち、達成可能な目標を設定し、ひたすら成功して満足しているあなた自身の姿をイメージしよう。心のかじ取りを意味する「サイコサイバネティックス」の理論を用いた、自己改善・自己実現の手法を紹介。 

●『トヨタの失敗学』- 「ミス」を「成果」に変える仕事術 
  OJTソリューションズ著 KADOKAWA 
  1400円+ 9784-046016300

トヨタの現場で働く人たちにとって「失敗」とは、改善へとつなげるチャンスであり、成果に結びつける「宝の山」。隠れたミスを発見する、気づかないムダを減らすなど、仕事の「質」と「速さ」を変えるメソッドを紹介する。 

●『やらされ感ある評価者研修を日本一楽しくする実践ガイド』 
  - 評価制度をマネジメント・人材育成ツールとして活用する極意 
  島森俊央著 日本生産性本部生産性労働情報センター 
  1500円+ 9784-883725113 


処遇の決定機能にとどまっている評価制度の機能を、評価の本質に立ち戻り、よりマネジメント・人材育成の機能を持たせることができるようにする方法を学べる実践ガイド。評価者研修テキストの無料ダウンロード付き。著者は、株式会社グローセンパートナー代表取締役。

●『文化を超えるグローバルリーダーシップ』 - 優れたCEOと劣ったCEOの行動スタイル 
  R.J.ハウス/P.W.ドーフマン著 中央経済社 
  4800円+ 9784-502163210 

優れたCEOと劣ったCEOの違いとは。世界24カ国、1000社以上のCEOと5000人以上のエグゼクティブのデータを分析。グローバルリーダーの羅針盤とリーダーシップ行動を調整するためのヒントを提示する。
R.J.ハウス氏は、GLOBE研究プログラムの創始者。2011年没。P.W.ドーフマン氏は、ニューメキシコ州立大学経営学部名誉教授。GLOBE財団のプレジデント兼理事長。 

   

先週の新刊 ビジネス教養

●『シリコンバレーで起きている本当のこと』 
  宮地ゆう著 朝日新聞出版 1200円+ 9784-022513991

世界を変える企業が次々現れ巨万の富を生み出しつつも、所得格差や人種差別などの問題を抱えるシリコンバレー。シリコンバレーのさまざまな実態を多角的に追った最先端ルポ。『朝日新聞デジタル』の連載をもとに再構成。
著者は、コロンビア大学大学院に留学、政治学修士修了。朝日新聞社入社、東京社会部、国際報道部などを経て、サンフランシスコ支局長。 

●『ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かすビッグデータの残酷な現実』- ネットの密かな行動から、私たちの何がわかってしまったのか?
  クリスチャン・ラダー著 矢羽野薫訳  ダイヤモンド社
  1800円+ 9784-478022993 

秘めた願望、恋愛、性的指向、容姿、偏見・・・。ハーバード大学の数学科を卒業後、4人の仲間でいっしょに出会いサイトを創業した著者が、男女関係のビッグデータから、普段は目にすることができない人間の本質をあぶり出す。著者は、アメリカの大手出会いサイト『OkCupid』共同創業者。 

●『VRコンテンツ最前線』  - 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ 
  桜花一門著 翔泳社 2400円+ 9784-798144597 

VR(バーチャルリアリティ)の基本知識を解説し、実際に制作された事例を基に、費用規模や製作期間、スタッフ構成、制作時の工夫や苦労した点などを紹介する。トラブル集も掲載。各事例の動画が見られるQRコード付き。

『欧州壊滅世界急変』- 「英EU離脱」で始まる金融大破局の連鎖 
  渡邊哲也著 徳間書店 1300円+ 9784-198641986 

イギリスのEU離脱(ブレクジット)をはじめとするヨーロッパの現状、2017年に起こりうるEUの分裂、今後の日本・中国・米国への影響と金融恐慌の可能性・・・。ブレクジット・ショック後の世界を完全分析する。
著者は、作家、経済評論家。 

『「国家」の逆襲』- グローバリズム終焉に向かう世界 
  藤井厳喜著 祥伝社 祥伝社新書 
  800円+ 9784-396114749 

グローバリズムの時代が終わり、ネオ・ナショナリズム(新国家主義)の時代が到来している。トランプ現象やイギリスのEU離脱、チャイナの経済バブル崩壊などを分析し、ネオ・ナショナリズムのあり様を浮き彫りにする。著者は、ハーバード大学国際問題研究所研究員。国際政治学者。 

●『地方創生の罠』
  山田順著 イースト・プレス 
  イースト新書 907円+ 9784-781650715 

中央発想の経済成長神話に左右されることなく、むしろダウンサイズしていくことが地方の真の幸福に結びつく。21世紀型のデジタルエコノミー、シェアエコノミーに立脚した「新しい地方」をつくっていくべきだと訴える書。
著者は、光文社を経てフリーランスに。作家。ジャーナリスト。 

  参考文献:『週刊新刊全点案内』


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記