国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

「新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2015/05/20

検索 詳細検索
   
 
<2015/05/13号 2015/05/20号 2015/05/27号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものを各10冊ずつとピックアップした1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

『ハーバード流 逆転のリーダーシップ』

人材関連書籍


第1章 イノベーションはひとりの天才からは生まれない
第2章 リーダーが直面する6つのパラドックス
第3章 従来のリーダーシップは通用しない
 第吃堯.瓮鵐弌爾琉嬪澆魄き出すリーダー
第4章 コミュニティーを築く
第5章 価値観と参加規則
 第局堯〜反イ稜塾呂鮹曚リーダー 
第6章 創造的な摩擦
第7章 創造的な敏速さ
第8章 創造的な解決
 第敬堯〔ね茲鮴擇蠡鵑リーダー
第9章 イノベーションの生態系を育てる
終章 未来のイノベーションのリーダーはどこにいるか

リンダ・A・ヒル/グレッグ・ブランドー/
エミリー・トゥル−ラブ/ケント・ラインバック著
日本経済新聞出版社
2015/4 382pp 2000円+税 9784-532319892

 

 イノベーションについての研究は数多い。リーダーシップに関するものはさらにこれを上回る。しかし、その両者の結びつきについて研究したものは皆無に近い。一般に考えられているすぐれたリーダーシップと、イノベーションを導くリーダーシップとは同じではない。これがこの本を出すことにした動機だと著者は述べている。
 
 これまでリーダーの役割は、魅力的なビジョンを掲げて、メンバーを引っ張ることだと考えられてきた。しかし、イノベーションを常に起こす職場におけるリーダーに求められるのは、ビジョンを描いて、イノベーションが自然に生まれるのを待つのではなく、メンバーが苦労をいとわずイノベーションを生み出そうという気持ちになり、実際にイノベーションを生み出せる「場」「条件」「環境」を築くことだ。
 このようなリーダーの仕事は、舞台の上で演じることではなく、舞台を用意することだという。

 著者らは、10年以上にわたり、イノベーションを育むことに長けたリーダーの研究を行ってきた。シリコンバレーから出発して、ヨーロッパ、アラブ首長国連邦、インド、韓国へ飛び、すぐれたイノベーションのリーダーを訪ね歩き、取材は数百時間にも及んだとしている。
 最終的に16人を選んでインタビューを行い、そのうちの12人を対象に詳しい調査をした。本書は、その人たちのことを題材に、イノベーション・リーダーについて何が必要か、どのような困難に立ち向かわねばならないかを語る。各章ごとがそれぞれの人物にまつわる話を述べながら問題を説くというのはユニークである。

 最初の3章は、導入部分にあたり、ピクサー・アニメーション・スタジオを例にして、「天才の一片」を集めて「集合天才」にする創造性を説明する。本書の原著タイトルはCollective Genius (集合天才)である。

 第吃(4〜5章)では、メンバーが積極的にイノベーションを生み出そうとする組織を築くため、リーダーたちが何をしているかを紹介する。第局(6〜8章)では、イノベーションを生み出せる組織がどのように築かれているかを見る。第敬瑤任蓮¬ね茲離ぅ離戞璽轡腑鵑鬚箸蠅△欧討い襦Lね茲離ぅ離戞璽轡腑鵑蓮多種多様なグループがコラボレーションによってイノベーションに取り組むことになると予想し、それはすでにいま起きていることだとする。

 リーダーが黙っていても、新しくて有益なものが創り出されるわけではない。イノベーションには、土台となる多様性や、イノベーションについてまわる意見の対立、試行錯誤をするうえで必要な粘り強さ、すぐに選択肢をしぼり込んでしまわない勇気が求められることから、さまざまな障害や挫折を覚悟しなければならない。その克服は、リーダーの腕によるのである。

 イノベーションの過程で鍵を握る3つの要素は、「コラボレーション」「発見型の学習」「統合的な決定」である。この3つの要素はそれぞれにリーダーが直面するパラドックスがある。パラドックスとは、「成功するためには、じっくり考え、なおかつすばやく行動せよ」といったものだ。

■コラボレーションのパラドックス(個人と集団、支持と衝突)

 コラボレーションには熱い議論や意見の不一致がともなう。豊かな議論や自由な発想にはそれが必然である。しかし、軋轢を生むことにもなる。そこで求められるのがリーダーの巧みな舵取りだ。

■発見型学習のパラドックス(学習と成果、即興と構造)

 通常求められる成果と違って、イノベーションでは目標は定められず、計画も立てられない。試行錯誤はつきものであり、多大の時間と労力と資源を必要とする。その一方で、企業には結果が欠かせない。

■統合的な決定のパラドックス(根気と切迫感、現場主義とトップダウン)

 メンバーのさまざまなアイデアを活用し、解決策を見出そうとするとき、リーダーには統合的な決定が求められる。創造性には待つことが不可欠だが、同時にすばやい決断をリーダーは求められる。


先週の新刊 人財関連
   

先週の新刊 ビジネス教養
 


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記