国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
利根川護の”人事部”の基本レシピ(第2回)
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2016/08/24)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2013/06/12

検索 詳細検索
   
 
<2013/06/05号 2013/06/12号 2013/06/19号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものを各10+1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

【人財】『ずるい成功術』――10人の「勝ち組」に学ぶ、ラテラルシンキング

人材関連書籍


01 スティーブ・ジョブズに学ぶ「交渉術」 
02 松本清に学ぶ「発想術」
03 ジョージ・ルーカスに学ぶ「子ども思考術」
04 豊臣秀吉に学ぶ「人たらし術」
05 ドラえもんに学ぶ「コンサル術」
06 宮崎駿に学ぶ「創造術」
07 レイ・クロックに学ぶ「儲ける術」
08 清少納言に学ぶ「尽くす術」
09 ナポレオンに学ぶ「超出世術」
10 本田宗一郎に学ぶ「慕われ術」

木村尚義著 廣済堂出版
2013/6 215pp 1300円+税 9784-331517246

 

 ラテラルシンキングと聞いてどんな方法だろうと思ったが、「水平思考」という名前で一世を風靡した言葉だと知って、思い出した。1960年代にイギリスのエドワード・デボノ氏が提唱した思考法である。理論的、分析的な方法をバーティカル(垂直思考)とし、これでは意外な発想や創造性を発揮できないと考えた。
 一時流行った「ロジカル・シンキング」の逆である。ラテラルシンキングのコツとして、著者は次の3つをあげる。

・常識や前提を常に疑う
・本質は何かを抽象化する
・セレンディピティ(偶然の出会いや発想)

 では、どうすればラテラルシンキングができるか。そこで著者は矛盾に気づく。それを説明しようとするとバーティカルシンキングになってしまうのである。どうすれば、ラテラルシンキングをラテラルシンキングで説明できるか。
 そこから発想して生まれたのが本書である。けっきょく、成功している人はみな共通的にラテラルシンキングを用いている。そのことから、10人の成功者をとりあげ、どのような考えで事業を成功に導いたかをエピソード風に説明すると言う方法を選んだ。成功者の伝記的でないところがいい。

 映画監督のジョージ・ルーカスは子供のころ、家の芝刈りが嫌だった。なんとかこの苦労から逃れたいと考えた。その方法とは、小遣いを貯めて電動芝刈り機を買った。父親に頼んでも買ってもらえそうはなかった。父親はずるい奴と叱ったが、事業才能の芽を認めたという。
 問われると戸惑うが、答えを聞くと、なんだそんなことだったのかと思ってしまう。しかし、そういう方法をどうすれば身につけられるのか、10人の話を聞いても答えはわからなかった。ラテラルシンキングが足らないのか。ただ、奇想天外な解決策があるということは理解できた。

【ビジネス教養】『起業の神様マイケルE.ガーバーに学ぶ成功への10原則』

ビジネス関連書籍 書影


第1章 一万倍 − 成長するビジネスの秘密
第2章 アイデア − 限界と可能性
第3章 システム − すべてのパーツをかみ合わせる
第4章 持続するビジネス − 7つのルール
第5章 人材の創出 − 正しい質問をする
第6章 崇高な目的 − 構成する5つの要素
第7章 ビジネスの成果 − 世界を変革する
第8章 ビジネスの生命 − 存在の意義
第9章 ビジネスの複製 − 経済に与える影響
第10章 基準の創造 − 世界クラスを超えるために

マイケルE.ガーバー著 山口大輝・横尾樹子訳 ソフトバンククリエイティブ
2013/6 238pp 1500円+税 9784-797372656

 

著者は、ビジネス・コーチング会社 E-Myth Worldwideの創業者で、米Inc.誌より「世界No.1のスモールビジネスの権威」と称され、30年以上にわたり世界中のスモールビジネスを変革してきた。
 「ほとんどのビジネスオーナーは起業家ではなく、起業熱に浮かされた職人だ。偉大な会社は偉大な想像力から創られる。偉大なアイデアがビジネスの成功源だ。そして、強く思えば、前進できる。必要なのは意志の力だけだ」(はじめにより)

 いま創ろうと考えているビジネス、いま所有しているビジネスは、実際に「世界で最も成功するビジネス」になり得るのだという。それを実現するための原則が次の10原則である。

第1の原則 ビジネスは、正しく創られると現在の1万倍の規模に成長し得る
第2の原則 ビジネスは、創業の基となるアイデアより大きな成果を上げることはない
第3の原則 ビジネスは、すべてのパーツが全体の成功にも失敗にも影響するシステムである
第4の原則 ビジネスは、すべての顧客に対して、有意義で高度に差別化された結果をもたらすことにより、どのような経済状況においても、あらゆる市場で持続可能でなければならない
第5の原則 ビジネスは、成長する目的と意欲、決意を持った従業員が生徒となる学校である
第6の原則 ビジネスは、その種を蒔く土壌となる崇高な目的、実証すべきビジョン、果たすべきミッションを明示しなければならない
第7の原則 ビジネスは、崇高な目的を抱いた人にもたらされる果実である
第8の原則 ビジネスは、それ自体に生命を宿している。神に仕える中で、意義を見出す
第9の原則 ビジネスは、経済の構成要素である。経済の実体を動かしており、そのビジネスが属し、繁栄するコミュニティのために、経済の確実性を創り出す
第10の原則 ビジネスは、その成否を評価する新たな基準を創り出す。明示されているかどうかに関わらず、すべてのビジネスが既存の基準を超えて繁栄する可能性を高めるために

 これらの原則について語るために、本書の10章がそれぞれあてられている。そして最後にこう結んでいる。「自分自身にがっかりして、諦めることのない限り、素晴らしいもの、想像力に富んだもの、あなた自身の独立宣言以外に、追求することのできる道はないのだ」
 誰もが、いま働いている会社でも、これから起業するビジネスでも、世界で最も成功するビジネスにすることができる。そう信じることだと。

 
 

先週の新刊 人財関連
   

先週の新刊 ビジネス教養
   


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2015, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記