国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] ヒューマンキャピタル2016
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
利根川護の”人事部”の基本レシピ(第2回)
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2016/06/22)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム >

新刊 人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」2012/10/17

検索 詳細検索
   
 
<2012/10/10号 2012/10/17号 2012/10/24号>    
 

 毎週1回水曜日に、エデュケのこのコーナーにて、平田周先生監修のもと直近発売された新刊書の中から人財関連、ビジネス教養に関するものを各10+1冊選んでご紹介しております。 経営・人事・人材開発・育成・研修担当者の方々や教育機関・コンサルタントの方々は ぜひ毎週チェックして情報収集にご活用ください。

 また気になる本をこのページの下でその場で購入もできますように「amazon」にリンクを貼っています。なお、研修総合サイト「エデュケ(R)」を貴社の人事、研修サイトにリンクを張って ご利用いただくことも許可いたします。ご入り用の企業様にはバナーを提供させていただきます。お問い合わせください。

【人財関連】『デキる上司は定時に帰る』




第1章 デキる上司の「イマドキ事情」
第2章 デキる上司の「基本8条件」
第3章 デキる上司の「部下戦略」
第4章 デキる上司の「チーム戦略」
第5章 デキる上司の「社内・取引先戦略」

小松俊明著 PHP研究所 PHP文庫
2012/10 221pp 552円+税 9784-569679020

 

 タイトルは「デキる上司は定時に帰る」となっているが、8つの条件の中の1つ「スケジュール管理能力があるか」の中にほんのわずか書かれているだけである。目を引くように編集者がつけたものであろうが、労働時間が長いことをよしとする風潮を打破しようという著者の思いでもある。
 そのデキる上司の「基本8条件」とは次のようなものである。

1.具体的な指示を出しているか
2.仕事の背景を詳しく説明しているか
3.スケジュール管理能力があるか
4.情報の扱い方がうまいか
5.言動に一貫性があるか
6.速やかに謝罪できるか
7.部下の弱さを理解しているか
8.小さなことに執着していないか

 上司としてやるべき4つのことの中の1つ「能力マトリックスをつくる」は、部下の能力や得意・不得意を考慮して、うまく仕事を振り分けるために、さまざまな項目を書き出し、それらについて(1)非常にデキる、(2)平均的レベル、(3)平均より劣る、の3つの段階に分けたマトリックスをつくるというアイデアである。能力だけでなく、性格やキャラクター、行動特性なども項目に入れる。

 全体を通じて、デキる上司とデキない上司の特徴やパフォーマンスを話すようにあれこれ書かれている。デキない上司の共通点として、「上が決めたことだからが口癖」「部下とお友だちになろうとする」「取引先にすぐにお詫びにいく」などをあげている。また、「赤ペンで採点する」「いたずらに挫折感を与える」「人前で叱る」「思いつきで助言・指示する」をやってはいけないこととしている。

 著者がデキる上司になるヒントとして次の3つを示す。

・上司はメンター、ファシリテーター、トレーナーになろう
・「昔はこうだった」という話はやめて、イマドキの話をしよう
・男女という色メガネを外して、要は「デキる上司」を目指そう

【ビジネス教養】『現代モジュール化経営論』――日本企業の再発展戦略

ビジネス関連書籍 書影


序章  本書の目的と概要
第吃堯‘本企業のグローバル市場での後退とモジュール化経営
 第1章 日本企業のグローバル市場での後退の実態 
 第2章 日本企業のグローバル市場での後退原因と瀬島モデルの破綻
 第3章 新事業・新製品開発の必要性と3つの発展障壁
 第4章 事業や製品などの機能連鎖構造に着目した戦略発想の変遷
第局堯.皀献紂璽覯酬弍弔梁侶
 第5章 モジュール化経営の概要
 第6章 モジュール化経営関連用語の定義
 第7章 モジュール化
 第8章 モジュラリティ
 第9章 アーキテクチャ
第敬堯‘本企業の「ダーウインの海」障壁を乗り越える最発展戦略
 第10章 「魔の川」障壁をどう渡るか
 第11章 「死の谷」障壁をどう越えるか
 第12章 日本企業は「ダーウインの海」障壁をなぜ渡れなくな
     ったのか
 第13章 現代日本企業の「ダーウインの海」障壁渡りへの挑戦
 第14章 日本企業が「ダーウインの海」障壁を渡るための新IM統合モデル

平松茂実著 学文社
2012/9 248pp 3000円+税 9784-762023088

 

 研究論文風に書かれているが、味の素蠅貌社、海外業務に携わり、取締役川崎工場長を最後に、大学教授に転じたという著者の経歴からも想像されるように、内容はきわめて経営の実際、とくにグローバルな視点で問題を捉えている。

 世界的に、オープン・アーキテクチャ化が進む中で、企業は機能連鎖としての基準システムをサブ・システムに分解し、他社の強いサブ・システムを基準システムに取り込むことで、より強力に機能する基準システムに再構築しようとする動きが顕著である。サブ・システムのことを「モジュール」と呼び、サブ・システムへの分解を「モジュール化」という。そして、モジュールをまとめて新たな基準システムに再構築した連結体が「モジュラリティ」である。モジュール内やモジュール間のシステムを構成するコンポーネントの関係のあり方(設計思想)をアーキテクチャといい、基本的に複雑で相互に密接な擦り合わせが求められるインテグラル型と、単純で独立的に機能できるモジューラー型に大別される。
 要は、グローバルな分業体制が進む中、日本企業はすべてを自社のシステムで構築しようとする(非モジュール化)伝統が強く、コンポーネントを社内的に一体化したインテグラルの性格を強く残している。このことが日本企業のグローバル市場での後退の元凶だと著者は指摘する。

 目次にある「魔の川」「死の谷」「ダーウインの海」は、説明が必要であろう。
「魔の川」とは、研究から技術開発の間にあるギャップ(困難)であり、「死の谷」とは技術開発を事業化することの難しさを表す。3つ目の「ダーウインの海」とは事業化から産業化への移行に至る間にある大きな障害である。日本企業は、この「ダーウインの海」を渡るところで、グローバル企業に遅れをとっている。
「ダーウインの海」を渡るには、モジュール化経営が不可欠だとするのが著者の見解である。自前主義を捨て、世界に存在する優れたモジュールを自社の基準システムに加えることによりグローバル市場での競争に勝つことができる。

 そのための具体的戦略として8つのモデルを提唱、著者の言葉で次のように名づけられている。

1.ビッグバン型(例:ダウ・ケミカル、BASF)
2.恒星型(例:味の素、コカ・コーラ)
3.南十字星型(例:ミキモト、任天堂)
4.アンドロメダ型(例:アルセロール・ミタル、武田薬品)
5.連星型(例:ルノーと日産自動車の連携)
6.彗星型(例:サンエムパッケージ、サージカルマスク)
7.星雲型(例:ノキア)
8.ブラックホール型(例:中国に進出した企業)

 
 

先週の新刊 人財関連
   

先週の新刊 ビジネス教養
   


 
ページのトップへ戻る▲

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2015, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記