国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第六回
検索 詳細検索

第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回

【共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版】の問題/課題と改善点

 

【共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版】の解説です。

 2008/10/21にIPAより「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」が発表されました。ITSS/UISS/ETSSさらに情報処理技術者試験に共通のキャリアとスキルに関するフレームワークとして、まとめられたものです。
大変興味深いものだと思いますので、解説いたします。

1.「共通キャリア・スキルフレームワーク」の背景
2.「共通キャリア・スキルフレームワーク」の目的
3.「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」の内容
4.「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」の問題/課題と改善点

 今号では、「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」の問題/課題と改善点をご紹介します。

 全体として、方向性は正しいと思います。現状の4つのスキル標準(ITSS、UISS、ETSSさらに情報処理技術者試験)の存在は多すぎて複雑です。スキル標準の普及を妨げている要因になっていることは確かだと思います。メリットよりデメリットの方が大きく、その意味でも整理する必要性は高いと思います。特に情報処理技術者試験、ITSS、UISSの3つは、その関係が明確にできると思います。
 しかしながら、現状はまだ「第一版」なので、対策が十分にとられているとはいい難いのも事実です。そこで「第一版」における課題を整理し、第二版、第三版につながる改善策を提示しようと思います。以下に、
  −キャリアに関して
  −知識とスキルに関して
  −各スキル標準との関係
の3分野に関して、課題と改善策をまとめてみます。

4.1 キャリアに関して
 まず、「共通キャリア・スキルフレームワーク」のキャリアに関する共通フレームワークの部分に関して考えてみます。さらに2つに分類します。
−キャリアレベルに関して
−職種との対応

4.1.1 キャリアレベルに関して
キャリアレベルの定義は4つの標準すべてにうまくまとまっています。

                   「共通キャリア・スキルフレームワーク第一版」より引用

 しかし、上記レベル1〜3の定義が試験で本当に測れるのでしょうか? 特にレベル3は応用情報技術者試験(AP)に合格すれば3標準ともレベル3に認定されます。これは本当に正しいのでしょうか。常に疑問が残ります。
 グローバルスタンダードのスキルとして、PMBOKはあまりに有名ですが、試験に合格するだけでなく、一定時間の経験を求めています。また、最近注目を集めているBABOK(ビジネスアナリシス知識体系)では、一定の経験が先に審査され、認定されて初めて受験の資格が与えられるという厳しい形式になっています。レベル3の「すべて独力で遂行できる」ことを保証するためには、試験のみならずそれなりの実務経験を加味するべきではないでしょうか。そうすれば、「すべて独力で遂行できる」ことを保証できるのみならず、試験の負担も軽減できると思います。

4.1.2 「共通キャリアスキルフレームワーク」と3スキル標準の職種との関係
                    「共通キャリア・スキルフレームワーク第一版」より抜粋

 「第一版」ではかなり無理やりにまとめた、という印象が強いと思います。
「共通キャリア・スキルフレームワーク」側のみならず、各スキル標準の職種にも課題があると思います。以下に、
−ストラテジスト
−プロジェクトマネージャ
−テクニカルスペシャリスト
−サービスマネージャ
に関して、課題と改善策を考えます。

 4.1.2.1 ストラテジスト
 かなり強引にまとめた感じがします。大きな疑問は営業(セールス)です。営業はここでいうストラテジストでしょうか。ビジネス戦略を考えるという意味でのストラテジストと、具体的顧客(アカウント)や案件を戦略的にアプローチするという意味のストラテジストではその内容がかなり異なります。BOKにリストされている要件(知識項目例)は概ね前者のビジネス戦略に関するものと、プロダクトマネジメントに関するもののようです。営業戦略としてはアカウントマネジメント、ファネルマネジメント、案件別競合戦略などが不可欠です。
 では、それらの知識項目を追加すればよいのでしょうか。そう簡単ではありません。特に営業の場合、まずこのような知識があるのと、それができる(スキルがある)こととの乖離があります。さらに受注を達成するためには、個人のスキルがいくら高くても会社の組織力がなければ成功しません。
 ですから営業パーソン個人の知識(知っていること)と営業実績との相関は意外と低いのです。よくスポーツに例えられます。システムビジネス(ソリューションビジネス)の営業はラグビーやサッカーのようなチームプレイです。相手もチームです。チームとチームとの戦いの中で、ベストなタイミングでベストなプレーができて初めてポイントになります。一瞬のエラーは致命傷になりえます。ドリブル、パス、シュートなどの個人の能力だけでなく、チームメイトとの連携や相手の動きまで関係します。すべてうまくいってはじめて得点に結びつくのです。そこには相手(顧客と競合)によって、戦略を変える必要もあります。常に勝てるわけでもありません。自社(パートナーを含む)のリソースが不足している場合など、譲らざるを得ない場合すらあります。ですから負け方にも戦略(戦術)があります。

 ではどうするのが良いのでしょうか。アプローチは2つあります。ひとつはストラテジストとして知識項目を追加すること。もう一つはセールスという分類そのものを追加することです。いずれにしても、知識(知っていることと)と受注実績との相関は低いことを考慮しなくてはいけません。4.1.1キャリアレベルで述べたように、経験(実績)を加味することが重要です。営業こそ、ペーパー知識は何も役に立たない職種です。

 まずセールスの人口比率を考えるべきでしょう。2007年の「IT人材市場動向予備調査」では、職種別人材分布でセールスは全体の5%未満です。ですから急ぐ必要はないと思います。ただ上記のような課題を認識しておくことが必要です。
 「第二版」ではなく、「第三版」あたりで改善するのが良いと思います。

4.1.2.2 プロジェクトマネージャ
 ITSSとUISSは問題ありません。基本的に同じ職種といえます。ETSSの「開発プロセス改善スペシャリスト」が課題です。当該製品の開発プロセスの個別の知識が極めて重要です。この知識の前提なくして、プロジェクトマネジメント能力だけで判断は不可能だと思います。建築のプロジェクトマネージャがITシステムのプロジェクトマネジメントで成功するでしょうか?やはりITシステムの高度な知識を必要とするでしょう。それと同じことではないでしょうか。
 ではどうするべきでしょうか。これもレベル3においても実務経験(実績)を加味することが解決策ではないでしょうか。当該製品固有の知識は実務経験が証明してくれます。そうすれば、プロジェクトマネジメントの共通スキルだけを試験すれば、レベル判定が可能です。また、試験の負荷も軽減できると思います。

4.1.2.3 テクニカルスペシャリスト
 いくつかの課題があります。

ITSSの「ソフトウェアデベロップメント」
情報処理技術者試験の高度試験(レベル4)が対応していません。「第二版」以降を楽しみにしましょう。

ETSSの「ドメインスペシャリスト」「開発環境エンジニア」
 これらは当該製品の固有技術(第3階層以降)への依存が大きい職種です。現行のBOKおよび情報処理技術者試験では正確な測定はできないと思います。「第二版」以降での改訂が必要だと思います。

ETSSの「QAスペシャリスト」
 これも現行のBOKに明確な定義がありません。大分類「開発技術」の下の中分類として「品質保証」を付け加えるのが良いと思います。プロジェクトマネジメントの「品質マネジメント」との違いを明確にする必要もあります。品質改善活動はプロジェクト内ではなく、母体組織の責任です。

UISSの「ISオペレーション」「ISアドミニストレータ」「セキュリティアドミニストレータ」など
 似た職種が多すぎます。共通キャリア・スキルフレームワークの問題というより、UISS側の問題ではないでしょうか。もう少し整理するべきだと思います。UISSからしてみると、タスクを定義しているだけなので、細かなキャリアモデルは企業の実態に合わせていくらでもカスタマイズすればよいと、あまり気にしていないのでしょう。

4.1.2.4 サービスマネージャ
 カスタマーサービスとITサービスマネジメントは分離するのが現実的です。カスタマーサービスは一義的にはメーカーの仕事です。現状のBOKには該当知識がありません。情報処理技術者試験の対象にもありません。いいかえると、情報処理技術者試験が共通キャリア・スキルフレームワークにまだ準拠していない部分です。「第二版」以降を期待しましょう。
 ITサービスマネジメントの部分はBOKおよび情報処理技術者試験にきちんと対応していますので問題ありません。

 続きは、次号までお待ちください。知識とスキルに関する課題です。

********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

清水千博

1974年外資系コンピューターメーカー入社。長年マイコン開発システム(現:組み込みシステム)の営業マネージャ、マーケティングマネージャ、SEマネージャを歴任。その後SE教育マネージャ(日本およびアジア)となり活躍。SE 認定制度および教育プログラムの確立と実施を行い、SE認定制度をアジア諸国(7カ国)に展開した。ITSS、UISSのみならず、ETSSのノウハウまで持つ数少ないコンサルタント。
最近はビジネスアナリストの国際標準BABOK®の普及活動にも力を入れている。
2005年10月(有)KBマネジメント設立
URL: http://www.kbmanagement.biz/
e-mail: shimizu@kbmanagement.biz
スキル標準ユーザー協会正会員(2004年)
スキル標準ユーザー協会認定コンサルタント(2006年11月)
IIBA™正会員、IIBA™日本支部会員(2009年1月)
(有)KBマネジメントはBABOK®で有名なIIBA™ の認定教育プロバイダ(EEP™)(2009年2月)
(日本企業として最初の認定)
【出版物】
・「ソフトウェア・メトリクス:生産性、品質の計測方法からその全社的展開まで」
(日経BP社)
原著: SOFTWARE METRICS: ESTABLISHING A COMPANY-WIDE PROGRAM
     By Robert B. Grady, Deborah L. Caswell

…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記