国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第二回
検索 詳細検索

第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回

「新試験制度説明会」レポート(前編)

 

 先日2月26日に開催された『新試験制度の説明会』(主催:独立行政法人 情報処理推進機構<IPA>情報処理技術者試験センター)に参加しましたので、ご報告したいと思います。

 本説明会で配布された資料は、IPAのWebサイトからダウンロードできます。
    http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20080117_setsumeikai_haifu.pdf

 このページで紹介しているスライドも上記URLにありますから、ぜひ資料そのものもご覧ください。

 今回は「新試験制度の説明」の部分について解説します。後半に説明のあった「ITスキル標準V3の改定」については次回に解説します。新試験制度とITスキル標準との関連に焦点を絞って解説します。

 新試験制度の7つの特色として以下があげられました。
1. 「共通キャリア・スキルフレーム」に準拠したレベル判定ツール
2. ITパスポート試験(レベル1)を創設
3. 「情報システム」のベンダ側人材とユーザ側人材の一体化
4. 「組み込みシステム」の重要性の高まりに対応
5. 高度試験を11区から9区分に整理、統合
6. 出題範囲の見直し
7. 受験者の利便性の向上

 ここでは、上記の1〜3について解説とコメントをしたいと思います。

1.共通キャリア・スキルフレームワークに準拠したレベル判定ツール
  そもそも「共通キャリア・スキルフレームワーク」とは何でしょう。ご存知の方は多くないかもしれません。「産業構造審議会人材育成ワーキンググループ報告書」で初めて出されたもので、まだ案の段階です。


「産業構造審議会人材育成ワーキンググループ報告書」より

 まだ最終的なものではありませんが、ITSS、UISS、ETSSの職種/人材像を大くくりにまとめたもので、ITに主要な人材像として下の5つにまとめています。
   ストラテジスト
   システムアーキテクト
   サービスマネージャ
   プロジェクトマネージャ
   テクニカルスペシャリスト

 そして、この人材像に合わせた形で新試験を再構築しています。


「産業構造審議会人材育成ワーキンググループ報告書」より

各々の人材に対して以下のように高度試験が対応します。
   ストラテジスト  :   ストラテジスト試験
   システムアーキテクト: システムアーキテクト試験
   サービスマネージャ : サービスマネージャ試験
   プロジェクトマネージャ: プロジェクトマネージャ試験
   テクニカルスペシャリスト: システムアーキテクト試験(一部)と
                   テクニカルスペシャリスト試験

  そして、以下のように「共通キャリア・スキルフレームワーク」のレベル判定には試験結果を採用するようになります。


「産業構造審議会人材育成ワーキンググループ報告書」より

◎レベル1から3までは、基本的に情報処理技術者試験の合否によりレベルを判定
◎レベル4は、情報処理技術者試験と業務経験等で判定

 すなわち、レベル1から3までは試験結果が「共通キャリア・スキルフレームワーク」のレベルになるということです。言いかえると「共通キャリア・スキルフレームワーク」のレベル(1〜3)の定義は、試験結果そのものです。

 ここで“錯覚”を起こしやすいのでご注意ください。同じ「レベル」という言葉を使っていますが、「ITスキル標準」のレベルではありません。このことについて、多くの人が錯覚しています(筆者も本説明を聞くまで錯覚していました)。この点は、次回のITSSのV3で詳しく解説します。

2.ITパスポート試験(レベル1)を創設

 エントリーレベルの試験(レベル1)を新たに作ったものです。従来の「初級アドミニストレータ試験」は発展的に解消です。従来の合格者は新しい「ITパスポート試験」の合格水準に達しているそうです。説明会の多くの時間をこのパスポート試験の説明に費やしていました。CBT(Computer Based Test)を使うそうです。レベル1の試験がそれほど重要なのでしょうか。

3.ベンダ側人材とユーザ側人材の一体化

 背景として、RFPすらかけないユーザ企業の情報システム要員がいます。同時にユーザの業務を知らないITベンダ人材も多いようです。ユーザ側、ITベンダ側両者が同じ認識を持つことが重要です。

 その解決策の1つ(になるかは分かりませんが)として、新試験制度では、

  ・ベンダ側人材とユーザ側人材を一体化した試験体系に改める。
   ・特にレベル1の試験、レベル2の試験については
    出題範囲としてテクノロジ系とともに、マネジメント系及びストラテジ系の分野
    まで幅広くカバーし、広くユーザ側でも活用できる試験として設計する。

としています。最初の一歩としては評価できると思います。

 しかし、レベル3やレベル4での試験が共通化できるのかは疑問です。

 レベル1の試験はサンプル問題が公開されているので推察できますが、レベル3や4はどうなるのでしょうか、現時点では不明です。

 UISSはユーザ企業情報システム部門のタスクを標準化したものですから、上記5つの人材像がどこまで有効か分かりません。今後どこまでUISSを取り込むことができるのか、注目していきたいと思います。

【筆者の新試験制度に関する感想】
  残念ながら、この試験制度が“高度”IT人材を育成する手段であるとはあまり思えませんでした。

【試験制度改革の趣旨】では次のように書かれています(スライド14)。
   1.あらゆる経済活動にITが浸透し、.....
     今後10年先を見据えたIT人材育成戦略を構築することが急務。
   2.具体的には、.... 共通キャリア・スキルフレームワークを構築し、
     客観的な人材評価メカニズムを構築する必要がある。
   3.独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、....
     共通キャリア・スキルフレームワークの下でレベル判定...
     情報処理技術者試験を抜本的に改革。

 ロジックはこの1→2→3なのですが、聴く側は「新試験制度」は、「10年先を見据えたIT人材育成戦略」である(3イコール1)と、勘違いしてしまいそうなのです。またそうさせようとしている意図がありそうなので大変心配です。以下のベン図をご覧ください。わかりやすいと思います。


(C)有限会社KBマネジメント

 情報処理技術者試験の「人材育成戦略」の中での位置づけを論理的に図解してみました。

 新試験制度はこの程度のものだということをまず認識するべきです。「10年後を見据えた人材育成戦略」の中のほんの一部でしかありません。また、試験で判定できるのは単なる「知識」です。知識があればよい仕事ができるわけではありません。それ以外の重要なことを忘れないことが大切です。

 つぎに「共通キャリア・スキルフレームワーク」の妥当性についてですが、これはまだ案の段階ですし、絶対的に議論が不足しています。これを初めて見る方がほとんどではないでしょうか。しっかりした議論をするべきです。筆者からみると、新試験制度を正当化するために作成されたもののように見えてしまいます。多くの意見を集約するべきものではないでしょうか。これについては、次回「ITスキル標準V3」の中で、解説します。

 最後に、この原稿を書いている日の朝日新聞(3月2日付)の朝刊の教育欄の記事を紹介します。ぜひ原文をお読みいただきたいと思います。

 OECD(経済協力開発機構)のPISA(学習到達度調査)に関する記事です。2年ほど前に発表された時、日本の義務教育の学力低下が新聞やニュースで話題になったのを覚えているでしょうか。いわゆる「ゆとり教育」の弊害を短絡的に扱った記事もあったと思います。実はそのようなものではありません。日本の知識偏重教育そのものを見直さなければいけないということです。そしてトップクラスの成績を上げるフィンランドの教育を紹介しています。

2006年のPISAの調査結果(57カ国・地域が参加)
  読解力リテラシー 数学的リテラシー 科学的リテラシー
フィンランド
2位(1位)
2位(2位)
1位(1位)
日本
15位(14位)
10位(6位)
6位(2位)
※カッコ内は前回03年(41各国・地域)の順位
朝日新聞(3月2日付)より

 記事の中から、私たちIT人材育成に携わる者にとって、大変参考になる部分を紹介します。

フィンランドの教育では、基本的にテストはしない。結論や正解を覚える勉強はさせない。先生は子供に勉強を強制せず、答えではなく考え方を教える。(下線は筆者が加筆)
OECDのグリア事務総長は日本の学びに対して、「多くの国の労働市場からすでに消えつつある種類の仕事に適した人材育成」と語った。これは痛烈な批判だ。
朝日新聞(3月2日付)より

 この記事で分かることは、世界的に学力の定義が変わっているのに、日本の教育制度はそれに追いついていないということです。

 IT人材に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。IT人材に必要な能力の定義も世界的に変わってきています。この新試験制度は出題範囲と難易度は変えていても、知識偏重の教育を重視している点において、何も変わっていないと思います。いま世界的に求められている能力に対応する試験なのでしょうか。はなはだ疑問です。正解のある問題がいくら解けても、正解をつくる考え方を身に付けていなければ、未知の問題を解決することができるようにはなりません。

 この新試験制度が「先進国のIT人材市場からすでに消えつつある種類の仕事に適した人材育成」にならないことを願うばかりです。

********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

清水千博
1974 年外資系コンピューターメーカー入社。長年マイコン開発システム(現:組込みシステム)の営業マネージャ、マーケティングマネージャ、 SE マネージャを歴任。その後 SE 教育マネージャ(日本およびアジア)となり活躍。 SE 認定制度および教育プログラムの確立と実施を行い、 SE 認定制度をアジア諸国( 7 カ国)に展開した。 ITSS 、 UISS のみならず、 ETSS のノウハウまで持つ数少ないコンサルタント。

2005 年 10 月 ( 有 )KB マネジメント設立
URL : http://www.kbmanagement.biz/
e-mail : shimizu@kbmanagement.biz

ITSS ユーザー協会正会員( 2004 年)
ITSS ユーザー協会認定コンサルタント( 2006 年 11 月)
ほか、現在 ITSS ユーザー協会教育企画委員会委員、 ITSS ユーザー協会スキルコンテンツ作成委員会委員、 ITSS ユーザー協会スキル標準委員会委員、 ITSS ユーザー協会 ETSS 実証研究ワーキンググループメンバーとしても活躍中。

【出版物】
「ソフトウェア・メトリクス:生産性、品質の計測方法からその全社的展開まで」(日経 BP 社)
原著:『 SOFTWARE METRICS: ESTABLISHING A COMPANY-WIDE PROGRAM 』 By Robert B. Grady, Deborah L. Caswell

…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記