国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”(第11回)
検索 詳細検索

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回

ターニングポイント 〜 変わるきっかけ 〜

 昨年の年末、腰の靭帯を損傷し、年末年始大変痛い思いをしました。 12 月 29 日(土)の夜、腰に違和感を持ち、腰を曲げると腰に激痛が走り、一体何が起きたのか分からないまま年初を迎え、痛みの理由が分からないまま約 1 週間自宅で過ごしました。年が明けて病院に行ったところ靭帯損傷と診断され、 2 週間あまりコルセットを付けて杖を突きながらなんとか歩くことができたのです。今は腰痛もほぼ完治して元気に過ごしていますが、痛みの理由が分からなかったときは、短い期間ではありましたが、ヘルニアなのか癌なのか理由と思われることが頭の中をよぎり、不安な日々を過ごしました。おりしも、その事件の直後に伯母が肺がんで亡くなり、父は尿道癌の手術をすることが決まり、拍車を掛けるように私の気持ちを不安に駆り立てたのです。

 人間年を取ると肉体的に様々な変化を経験します。くしくも、人生半ばにさしかかり、今年は私にとって重要なターニングポイントとなりそうな気がしてなりません。靭帯損傷の原因はどうやら蓄積疲労のようでした。常日頃、座って仕事をすることが多く、運動不足と肥満もその原因ではないかと推測しています。今回の経験で思ったことは、これまで通りの働き方、すなわち、がむしゃらに長時間仕事をする方法は変えないといけないと考えたのです。これまでは、肉体的にも元気で、自分ひとりで仕事をこなして頑張れたのですが、これからは、もっと周りの人に仕事を依頼しながら、チームで業務をこなすやり方に変えないといけないとひしひしと感じました。痛みを伴う個人的な経験とともに、家族を含め親族の不幸や変化を目の当たりに経験することによって、働き方や生き方にいたるまで深く考えさせられたのです。

 皆さんは、過去を振り返ってみたとき、自分が変わるきっかけ、いわゆるターニングポイントと思われることはありましたか。ターニングポイントを活かして、より意義のある働き方、生き方、他者への関わり方をされた方は多いと思います。あるいは、自分が置かれている環境に異なった解釈を加えるなどして、これまでとは違った視点でものごとを見ることができるようになった方も多いと思います。一方で、世の中には、変わるきっかけがあってもそれを自分のものにできない人もいます。事実としては経験しているのだけれども、過去、現在、将来の自分という存在の中で、その事実が自分にとってどのような意味があるのか、その意味付けが難しい人がいるのです。

 どうも、変化のプロセスでは、きっかけとなる事柄が存在し、周りとの係わり合いにおける自分の位置づけや世の中に働きかける行為に変化が生じるのではないかと感じます。私のメンターとして尊敬する人の中の一人である、 Dr. Richard N. Williams は、認知心理学は人の論理思考のプロセスの解明に役立つことはあっても、様々な営みの中で個々の人間の存在理由や生きることの意味づけを解き明かすことはできないと説いています。心理学や哲学の分野で、 ontology (存在論学)という学問の領域があります。元々、 ont とはギリシャ語で being (存在)という意味があります。個々が存在する意義や理由について考える学問です。 ontology は、瞬間における人間の所作を研究するのではなく、過去、現在、将来という時間軸の中で自分という人間はどのような存在なのか、その存在の意義を理解しようとする学問です。決して、短絡的な考えで自分を振り返るのではなく、中長期的な観点から、周りの人との関係性を考える。持続的な会話の中で、自分の存在意義が明かされてくるのです。

 ターニングポイントの意味を理解できるかどうか。人生の中で、きっかけをうまく使えるかどうか。それは、 ontology でいう自己の存在( being )をきちんと把握できているかどうかにかかっているのではないでしょうか。

参考文献

Williams, R. N. ( 1987 ) , “Can cognitive psychology offer a meaningful account of meaningful human action?”, Journal of Mind and Behavior , 8, 209-222.


********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

奥村幸治
パーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン株式会社(PDI)コンサルタント 人材開発に関わるコンサルタント、アセスメント、トレーニング、コーチングに携わる。ブリガムヤング大学カウンセリング心理学博士課程終了。心理学博士。NPO国際ボンディング協会理事。さめじまボンディングクリニックカウンセラー

奥村幸治氏講演 “人間力セミナー(無料)” 2008年9月26日開催
管理職・リーダ層・若手人財の人間力不足でお困りの経営、人事責任者の皆様へ
企業を活かす人間力セミナー 〜人間力の測定方法と伸ばし方〜

お申込みはコチラ
…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記