国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 岡崎邦明の“グローバルコミュニケーション”(第10回)
検索 詳細検索

   第1回  第2回  第3回  第4回  第5回  第6回  第7回  第8回  第9回  第10回  第11回  第12回  第13回  第14回  第15回  第16回  第17回  第18回  第19回  第20回  第21回  第22回  第23回

暴動に巻き込まれるリスク

 現在、中国上海では万博が盛大に開催されています。中国の人々がきちんと長い行列をつくって並んでいる姿をテレビで見ると、隔世の感を覚えます。今回は、私が経験した上海での展示会のトラブルをご紹介しましょう。

今から20年ほど前のことです。会社全体で開催する中国での展示会において、私は所属する事業部製品の展示会のとりまとめを任されました。その展示会は上海、北京の2ヶ所で開催されたのですが、上海では「上海展覧中心」において比較的大きな規模の展示を行うことになりました、日本で綿密に計画し、開催前に上海に出張して展示の準備を行い、オープンの当日を迎えました。

 オープン予定時刻の3時間近く前になると、人が集まり始めました。オープン1時間前になると、会場前に数百人以上の人だかりができるほどになりました。そうこうするうちに、会場に来た人々と警備の人間との押し問答が始まったのです。日本ではこのような光景は見たことがない私は、興味を感じ、その成り行きを展示場の中から眺めていました。どうやら、集まった人々は「早くオープンしろ」と要求しているようです。日本では、展示会はオープン時間ちょうどに開演するのが普通ですが、群集はそれを待てない様子なのです。

 会場前の群集はだんだんと団子のようにかたまり、警備の人間と押し合いを始めました。最初は小さな押し合いであったものが、段々大きくなってきました。そして、なんと、会場入口のガラスドアが大きく揺れるようになったのです。

 押し合いへし合いが大きくなるにつれて、会場の建物のガラスの壁が揺れるようになり、このままではドアも割れ、ガラスも飛び散るのではないかと私は不安になってきました。入口周辺では、数百人の集団が警備の人間と押し合っており、日本では聞いたことのないような大きな叫び声も聞こえてきます。群集は殺気だってきており、このままだと大変なことになりそうです。

 そのとき、入口のガラスがガチャーンと割れ群集がドドーっと乱入してきました。数百人の群集が一瞬にして展示会場内に流れ込み、展示パネルや展示品等が見えなくなったのです。そして、この群集の乱入と同時に、それぞれの展示会ブースに張り付いていた中国人現地スタッフが消え、一人もいなくなってしまいました。その場に残っていたのは、何が起こっているかわからない日本人出張者だけでした。中国人スタッフは危険を察知し、すぐさまその場を去ったのです。

 しかし30分ほどすると、少しずつ展示場内が見え、平静を取り戻してきました。そして、それから1時間以上経った頃、現地スタッフが少しずつ戻り始め、その一人が私に「大丈夫でしたか?」とだけ言いました。現地スタッフの多くは、この展示会サポートのためだけに集まってもらった人間で、深い付き合いはなかったため、危険を察知したときに、それを知らせてくれなかったのでしょう。

 この乱入により、展示品の一部に破損があったようでしたが、幸運にも大きな被害はないようでした。その後、展示会は順調に進み、無事終了することができました。

 実際の暴動を経験した日本人は、多くはいません。中国や中国の人々のことをよく知らない日本人に対し、中国の現地スタッフは状況を理解し、危険を予知したのでしょう。あのときは、運よく大きな事件になりませんでしたが、信頼できる現地メンバ(水先案内人)を確保し、リスクを予知してその対策をしっかり立て、行動を確認しておくことが重要と認識した一件でした。

 その後、北京や上海での暴動のニュースを見ました。リスクはどこにでも存在します。実際、「今まで問題はなかったのだから、これからもない」と思っていても、問題が起きて困ったことが沢山ありました。運悪く暴動に巻き込まれ、命を落とした外国人の話も聞いたことがあります。機械やものは壊れても直せたり、後からお金で買ったりすることができますが、命を落としたり、大怪我をしたら取り返しがつきません。

 日本人の多くが、中国やその他海外の常識を知りません。信頼できる現地の水先案内人の指導に従い、これから発生するであろうリスクを乗り越えたいものです。

 上記のトラブル以外にも、展示場のトイレにドアがなかったり、展示会場近くの食堂で昼食の際、いつも濡れた箸が出てくるので気持ち悪くハンカチで拭き取って食べたりするびっくりするような出来事に多く遭遇し勉強になりました。現地でも学びながらリスクを回避する方法を身につけることが大切です。

以上

ご意見ご感想

********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

岡邦明 (Okazaki Kuniaki) 有限会社アルゴソフト 代表取締役
海外事業の経験やノウハウを活かし、海外アウトソーシング連事業を行っている。 海外異文化対応の中で、個人の強みを知って成果を出すための人材分析手法(気質モデル)を開発、そして、外国人の日本適応能力、日本人の海外適応能力の向上のためのeラーニング・コンテンツを開発。現在、気質モデルにもとづくパーソナル/チームアセスメントによる最適な人材選定/育成とチーム編制などの取組みも進めている。編著書『ソフトウェアのグローバルな外注管理とその実際』日本テクノセンター 

http://www.algosoft.jp/

パーソナル/チームアセスメントについては以下のサイトをご参照ください。
http://www.algosoft.jp/アセスメント/

eラーニング・コンテンツについては以下のサイトをご参照ください。
http://www.algosoft.jp/webinar-bmeラーニング/概要/


 

…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記