国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜(第17回)
  検索 詳細検索

南和気の時代を勝ち抜く若手の育て方

若手のモチベーションを高めながら育てる

前回、若手育成においては、知識獲得に偏るのではなく、知識を使う経験によって育成することを重視し、さらに必ず成功体験をさせることこそが近道であることをご紹介しました。今回は、育成過程における若手のモチベーションについても考えていきたいと思います。

◆能力は、時間に対して正比例に上がるわけではない
本来、若手育成を効果的に進めるためには、知識獲得の時間をなるべく少なくして、むしろ知識を使う経験を積ませることに時間を費やすことが重要です。
図1を見てください。育成のプロセスと能力の向上が時間軸に合わせてどう推移するかを表しています。まず、初期の知識獲得段階においては、知識そのものが実務能力を上げる部分があり、一定の割合で向上していきます。次に、実際に知識を使って取り組むOJTなどの経験期間に入ると、実は本質的な能力の向上はほとんど期待できません。通常、経験を重ねれば能力は正比例に上がっていくと考えがちですが、それは間違いです。確かに、中堅社員のように、他の能力や、成功体験と結びつけて経験を重ねていけるような育成対象については当てはまりますが、新入社員や若手のように、過去の経験がない中で新たな能力を身に着ける場合は、成功体験に結びつくまでは、仕事で活用できる能力としてものにはなりません。若手の能力を向上させるには、小さなことでも良いので、とにかく自分で成し遂げたと実感できる成功体験をさせることが重要です。若手の営業マンに、セールストークを数多く教え(知識獲得)、どれだけ顧客訪問を繰り返しても(経験)、実際売れるという経験をしなければ、知識や経験をどう使うのが正しいのか確信が持てないものです。そんな時には、売れるまでいかなくとも、お客様に褒められる、上司に褒められる、といった小さな成功をまず経験させることで成功パターンが確立して、能力として応用を利かせることが可能になります。

◆経験期間の長期化が招くこと
経験期間には、能力の向上がほとんど期待できないだけではなく、もう一つ注意しなければならないことがあります。それは、モチベーションの低下です。
今度は、若手の成長プロセスと、モチベーションの推移を関連させて見てみましょう。図2を見てください。まず、初期の知識獲得段階では、しっかりとした動機づけが必要です。「なんのために能力を身につけるのか」ということをきちんと説明することによって、高いモチベーションで知識の獲得に取り組むことができます。その後も知識の獲得に伴って少しずつ向上していくものですが、知識を使う経験の段階に入ると、傾向は変化していきます。経験を積み、失敗を繰り返す期間は、モチベーションが上がらないばかりか、多くの場合低下していきます。「このままやっていても無駄なのではないか」「自分には向いていないのではないか」つまり、自信をなくしてしまうことが、急速なモチベーションの低下を招くのです。若手は特に、失敗を乗り越えた経験に乏しいですから、自信をつけるのも失うのも、中堅社員よりもかなり短期間です。時間をかけて大きな能力向上を狙うよりも、短期間サイクル小さい成功体験を繰り返していくことが、若手のモチベーションを高めていく一番の方法です。

図2
(クリックすると拡大します)

◆まず、自信をもたせることが第一歩
「若手なのだから、少々の失敗でへこたれているようでは話にならない」と思われるかもしれませんが、今の若手はすぐにへこたれているわけではなく、”頑張る理由”が必要なだけなのです。「自分にもできそうだ」「自分には向いてそうだ」そう思える自信が、若手にとっては何よりのモチベーションの源泉になっています。昔と異なり、ハングリー精神や、根性論だけでは人は動かない時代になりました。若手育成においても、しっかりとした計画に基づいて、モチベーションをコントロールしていくことが必要です。

・今日の一言
自信という言葉はよくつかわれるが、若者にとっては間違った自信でも、まず自信を持つことが大切だと思う。若者の欠点を責めず、長所を引き出して、一つでも得意のものを持たせてやる。先輩、上司にとって、それは一つの義務でさえあるかもしれない。
児島仁(元NTT社長)

次回もお楽しみに!

ご意見ご感想


南和気 講演情報!

グローバル人材フォーラム 2013 東京 Autumn開催決定!!

『グローバル経営を実現する人材戦略』
三井化学 執行役員 人事部長 市村彰浩様、コニカミノルタ 執行役員 人事部長 若島司様をお迎えし、グローバル経営に向けたグローバル人材戦略について、ご講演いただきます。

◇日時 2013年11月20日(水) 13:30〜17:15 (開場 13:00)
◇会場 ベルサール半蔵門 Hall B 
(東京都千代田区麹町1-6-4 住友不動産半蔵門駅前ビル2F)
◇主催 SAPジャパン株式会社
◇特別協賛 HRプロ株式会社
◇詳細はこちら http://www.hrpro.co.jp/sap2013.php

SAPジャパン 人事専門Webサイト
「タレントマネジメント」を成功させる要諦や、企業事例のレポートを無料ダウンロード!
http://www.sap.com/japan/hcm

********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

南 和気

SAPジャパン株式会社 人事/人財ソリューションズ Director
大阪大学法学部卒業後、米国企業を経て2004年よりSAPジャパンに入社。
人事・人材戦略のコンサルティングおよびIT活用の提言に従事。
国内外含め多くの顧客企業に"日本型タレントマネージメント"を導入。
講演多数。

…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………


月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記