国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/01/17)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜(第6回)
  検索 詳細検索

南和気の時代を勝ち抜く若手の育て方

丸い若手を尖らせる。短所を長所に変えるマネージメント

今の若手は、総じてまじめで高い学習能力を持っています。一方で、保守的で受け身のマインドであることも特徴です。では、今の若手が、失敗やミスを恐れない積極性を身に付けていくにはどうすればよいのでしょうか。
 
◆ハングリー精神? いつの時代のことでしょう。

企業の教育・研修部の方と人材育成についてお話すると、「昔は若手を叩いて、絞って、その反動で、実力が伸びたものだ。今の新人研修でも何より根性を叩き込むことから始めている」とおっしゃる方が今でも多くいらっしゃいます。
20年ほど前までは、終身雇用全盛時代で、若手は何とか歯を食いしばって頑張っていれば、そのうち給料や待遇もエスカレーター式に上がっていくという夢を信じてがむしゃらに頑張ることができました。当時は先輩も上司も周りをみれば実際そのように会社員人生を送っていたのです。

ime-zi

しかし、現在の若手はバブル崩壊後に生まれた世代で、成長過程をずっと不景気の中で過ごしています。
良くも悪くも、企業に対して多くの期待を持っていませんし、入社してからの先輩たちが、頑張ってもなかなか出世できない現実も目の当たりにしています。そういう世代に、ハングリー精神ありきの育成をしても通用しません。新人研修期間で一時的に根性を鍛えたとしても、職場に戻ればすぐに忘れてしまいますし、本当の意味でハングリー精神を身に付けたわけではなく、むしろ優秀な人材ほど理不尽さを感じ、モチベーションを落としていきます。
では、今の若手にとってモチベーションの源は何でしょうか。

◆自信を持たせることがモチベーションを育てる
多くの若手は、ただでさえ消極的になっている上に、ゆとり教育の影響で平準化、平均化の教育が施され、いわゆる”尖らない若手”になってしまっています。では、”尖った若手”とはどんな人材だったでしょうか。それはいい換えれば、”何か一つ、過剰な自信がある”人材なのです。横並び、平等社会の中で自信を見失っている今の若手世代のやる気を引き出すには、まずシンプルに自分の長所を理解させて、自信をもって行動させることに尽きます。ただし、根拠のない自信を持たせて勘違いしてしまっては逆効果ですので、一人一人の長所を正しく理解させることが重要です。
とはいいましても、”長所を理解させる”といっても、まだ社会人経験も浅い若手の長所を見つけることはそう簡単ではありません。ただでさえ脱個性の世代です。新人を見比べてみても、一人一人のはっきりとした長所は把握しにくいと思います。もちろん、第4回で述べた観察スキルはこれからの管理職には非常に重要なスキルですが、短期的にはもう少し違ったアプローチをお勧めしています。

◆短所を長所に変える
往々にして、若手の長所はなかなか気づかなくても、短所に関しては上司の方々はすぐに指摘することができます。そこで私は、長所がわかりにくい若手に関しては、普段短所だと思っていることを、長所に変えて自信を持たせていく方法をお勧めしています。
例えば、あなたに、神経質な部下のA君がいるとしましょう。細かいところを気にして作業が進まなかったり、会議でも本筋とは異なる細かいことを指摘して、議論の流れを止めてしまったりという面があります。まさに「木を見て森をみず」というタイプです。しかし、細かい分、時間はかかるかもしれませんが、最終的にはミスの少ない良い仕事ができる可能性もあります。若手の長所と短所は表裏一体の場合が非常に多いので、上司の言葉次第で、長所にも短所にもなりえます。もしこのA君に対して、「君は細か過ぎるね」と指摘すると、神経質なA君は「細かさ」=「悪いこと」と考えてしまい、結果的に細かなミスを防ぐ長所も失ってしまいます。
そこで、このような場合には、「君は、細かいところまで行き届いているね」と指摘するようにします。そうすると、A君は「細かさ」=「行き届いていること」と自分の長所として理解します。その上で、「ただ、作業の時間を短縮できるともっと良くなる」と指導します。ちょっとした言葉の違いですが、言葉に敏感なメール・チャット世代の若手が受け取る感覚は大きく異なります。

◆長所を理解させることで、戦闘力を高める。
現代の若手は、従順で理解力も高く、情報収集力にも長けています。しかし、一方で消極的で、周囲の目を気にし過ぎる面もあります。若手の戦闘力を高めるためには、長所を理解させて自信を持たせることが大切です。そして、その長所を鋭く尖らせていきましょう。

・今日の一言
“やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば 人は動かじ”
山本五十六

次回もお楽しみに!

ご意見ご感想


SAPジャパン 人事専門Webサイト
「タレントマネジメント」を成功させる要諦や、企業事例のレポートを無料ダウンロード!
http://www.sap.com/japan/hcm

********* 【筆者プロフィール】 ****************************************

南 和気

SAPジャパン株式会社 人事/人財ソリューションズ Director
大阪大学法学部卒業後、米国企業を経て2004年よりSAPジャパンに入社。
人事・人材戦略のコンサルティングおよびIT活用の提言に従事。
国内外含め多くの顧客企業に"日本型タレントマネージメント"を導入。
講演多数。

…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………


月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記