国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2017/12/06)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 松下直子の人事今昔物語!?〜日本古代の人事から、現在の人事を読み解く〜(第10回)
検索 詳細検索

第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回
古代の天皇が述べた「新人を育てるために必要なこと」とは?
伊勢神宮と若手育成システムの関係は?
過去を見れば、現代(いま)が分かる。

【第十回】 今昔から、未来を推測する!?

チームワークに不可欠な要素

 ちょうどこの記事が掲載される頃、奈良市の奈良国立博物館で、第 60 回の節目となる「正倉院展」が開催されていることでしょう。私も歴史を専攻していた学生時代から、毎秋の定例行事として奈良に出かけています。たくさんの人だかりができる展示は、やはり聖武天皇遺愛の品や、皇族・貴族たちの献納品など、美しい宝物の数々。 1300 年前の宝物があれほど美しいままに伝えられていることに、多くの人が目を奪われます。
  しかし、私たち歴史を学ぶ学生が食い入るように見たのはきまって、「正倉院文書」といわれる文書類。こうした文書の断片をつなぎ合わせていくことで、歴史が紐解かれることになるからです。
  さて、最終回のなる今回は、私が歴史を学ぶきっかけとなった一人の女性の生涯をご紹介するとともに、歴史の意味を再考したいと思います。

「万葉集」巻第一より……。
よき人の よしとよく見て よしと言ひし 吉野よく見よ よき人よく見

(意訳:昔の人(天武と皇后)が良い所だとしてよく見て「よし」と言ったこの吉野を
よく見よ。今の良き人( 六人の皇子 )もよく見ておくことだ)

 壬申の乱後、天武8年5月5日の端午の節句。天武天皇は自身にとって壬申の乱ゆかりの地・吉野に、皇后(後の持統天皇)とともに六人の皇子(内二人は、実兄:天智天皇の子)とともに行幸します。そこで、六人の結束と連帯を呼びかけ、相互の皇位継承順位を誓約させたといわれる、いわゆる「吉野盟約」。これはその際に、天武天皇が詠んだとされる歌です。
  このときの天武天皇・皇后の思いはいかほどのものであったのか。組織を組織たらしめているものは何か、組織が崩壊するときの要因は……今もさして変わらない、人間の業や思いを感じずにはいられません。

【参考】有効に機能する組織の特徴

(針が明確に打ち出され、全員に理解され徹底されている。
1 人ひとりの目標や役割が明確になっている。
7茲瓩震槁犬浪燭何でも達成しようと全員が努力している。
し茲泙辰燭海函決められたことを全員が守っている。
ゼ分が言いたいことを遠慮なく言える雰囲気がある。
α完が言いたいことが十分言えている。
Ь数意見でも貴重な意見は尊重されている。
┛貮瑤琉娶がいつも優先的に扱われるようなことがない。
話している相手の話を最後まで皆が聞いている。
間違ったことを言っても許してもらえる。
間違いだと気がつけば、すぐにお互いに指摘し、手直し、訂正をしている。
仕事のすすめ方について具体的なアドバイスがある。
仕事に関するノウハウがお互いに共有できるようになっている。
自分のことだけではなく、他の人の動きにお互いが関心を持っている。
新しいことに全員が抵抗なくチャレンジしている。
袷反イ箸靴討琉媚弖萃蠅素早く、タイミングよくなされている。
1 人ひとりが自主的で主体性のある行動がとれている。
歌匹っ畚だけでなく、都合の悪い情報も早く伝達されている。
柿反イ慮従や課題が全員に明確に認識されている。
感叛咾篁纏の成果が右肩上がり、上昇機運にある。

娘として、妻として、母として、そして国家経営の最高責任者として

 実は、ここで行幸に同行をしている天武天皇の皇后、名を野讚良(うののさらら)皇女こそ、私が歴史を志すきっかけとなった女性、その人。
  天智天皇の娘として生を受けた彼女は、父親の実弟である大海人皇子(のちの天武天皇)の妃となり、草壁皇子をもうけます。その頃から、皇位継承をめぐって夫と父の仲が悪化。夫は東宮(皇太子)を辞し、父の死後は吉野に逃れます。壬申の乱を経て、夫が即位してようやく安泰、と思いきや、息子:草壁皇子が即位する前に早世。数年の称制を経て、自らが女帝として即位しました。持統天皇です。
  統治者の娘として、愛する人の妻として、そして母として、最後には自らが統治者として、時代に翻弄されながらも、様々な役割や立場において、自らの意思をもって時代を駆け抜けた野讚良皇女。

 キャリア心理学者:ドナルド・E・スーパーの「ライフキャリアレインボー」理論によれば、人間には8つの役割があるとされています。
息子・娘 学生 職業人 配偶者
ホームメーカー 余暇を楽しむ人 市民

幼少期は息子・娘の役割がほとんどですが、やがて学生の役割を担うようになります。成人すると、職業人としての役割に重点をおき、余暇を楽しむ人としての活動を少なくする時期があるかもしれません。その後、配偶者としての役割を中心に考えるようになったり、あるいは職業人兼学生として、キャリアアップにエネルギーを注ぐ時期があったりもするでしょう。その時々で、自分で優先順位をつけ、自分でウエイトづけできていればいいわけです。
  私たちは自分の人生の主役です。そして、誰かの人生の脇役です。それが往々にして、誰かの人生でも主役のように振舞ってしまう。人事パーソンは、このことを肝に銘じて、社員の方々の人生に関わらねばならぬ、と私は思っています。

「万葉集」巻第二より……。

高光る 我が日の皇子の 万代に 国知らさまし 島の宮はも

(意訳:光り輝く我が日の御子が、この島宮で永久に国土を治めるはずだったのに)

 まだ二十八才であった草壁皇子の早世。「万葉集」にはその死を悼む舎人たちの歌が二十三首収められていますが、これは柿本人麻呂による晩歌です。愛する我が子を失った野の哀しみは想像もつきませんが、その哀しみを本人に成り代わって詠んだ歌といわれています。
  野はただただ、一人の子の親として、その死を嘆きたかったはずです。しかし、皇位継承者を失った国家統治者として、早々に次の継承者を立てなければならないという責任もある。それはいったい、どれほど苦しいものだったことでしょう。

■ 過去から現在が、未来を紡ぐ 

 高校の歴史の授業で野と出逢った私は、現代人と変わらぬ「人間」の感情の存在を前にして、進路希望を「経済学部」から「文学部歴史学科」にあっさりと変更しました。「経済の方が就職率がいいのに」という周囲の反対を押しきって。
  でも、結果的に今、こうして、歴史で学んだことを仕事に活かせているのですから不思議です。何かの目的のために動くばかりではなく、後から自分のやってきたことに意味づけをしてもいいのだと、偶然を必然化するのは自分だと、痛感しています。

【参考】 スタンフォード大学:クランボルツ教授
   「計画された偶発性」( Planned Happenstance Theory )理論より。
○ 予期せぬ出来事が個人のキャリアを左右する
○ 予期せぬ出来事を避けるのではなく、起きたことを最大限に活用する
○ 偶然を積極的につくりだし、キャリア形成の力にすることが重要

 歴史家E.H.カーは「歴史は、現在と過去の対話である」といいました。歴史は、私たちを遠い過去へ連れ戻すものではなく、過去を語りながら現在が未来を紡いでいく、その尖端に私たちを立たせるもの、だと思います。単に過去を知るのではなく、その過去を「どう見るか」が、今、問われているのだと思うのです。少なくとも、私の中の「歴史」はそういう認識です。

 さあて、今回はついつい長くなってしまいましたね。
  ここまで十回にわたり、お付き合いいただき、ありがとうございました。この拙稿を機に、少しでも、人事の歴史に浪漫や未来を感じてくださった方がいれば、嬉しい限りです。

感謝多謝、再見。

***** 【筆者プロフィール】 ****************************************

株式会社オフィスあん 代表取締役/松下直子

神戸大学国史学科卒業 ( 当時の専攻は日本古代の統治論、人事論 ) 。
江崎グリコ ( 株 ) で営業、広報担当後、人事部門で採用、人材育成、人事制度設計、労務管理に携わる。 2004 年より現職。人事労務コンサルタントとしてトータル人事労務管理システム設計・運用、人材育成・職場活性化指導、各種スキル教育、キャリア開発支援などで顧問先企業を指導、各種セミナー、大学講師等で活躍中。乳幼児〜中学生を対象とした学習塾の経営も行なう。
…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記