国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
    
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2018/02/07)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 平田周の“キャンパスライフからビジネスライフへ”
検索 詳細検索

第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回   第8回

第6回 英語をどうするか

 採用条件に、「TOEICの成績が600点以上」を求める企業が増えています。大学の後期で英語を習ったという人はほとんどいないといっていいでしょう。英語、どうしますか?

 ある大学の商学部のクラスで、英語に自信があるという生徒は10%未満、日本人だから英語は不要だと答えた生徒がやはり10%未満でした。では残りの生徒は? 英語はやらなければいけない、できたらいいとは思うけれど、実際には、なかなか思うように実行できない、勉強しても成果が出ないという答えでした。

 あなたはどうですか?

 大学受験で英語が必須でない大学も多く、大学に入って1年、2年で英語を教えてはいるものの、英語を習うことに興味のない生徒がほとんどです。単位をとるためにというのでは、英語が上達するわけはありません。

 何事も目的なしには、熱中はできないものです。

 しかし、採用試験を受ける時期になって、急にTOEICで600点以上が必要だ、なんて言われても困ってしまいます。常識テストのように、短い時間で覚えてしまうということは、英語の場合は不可能です。

 会社に入って、英語が必要なのかどうか。わが国のビジネスパーソンで、英語ができるという人はどのくらいの比率なのでしょうか。TOEFLやTOEICを受けた人の点数の国際比較はあり、日本が最下位に近いということは知られていますが、日本人成人、とくにビジネスパーソンの英語力について調べた結果というのは見たことがありません。身近な実感からすれば、英語ができるという人はごくわずかではないでしょうか。ただ、アルファベットの識字は、ほとんどの人がローマ字で名前が書けます。

 ということは、べつだん英語ができなくても、日本ではちゃんと仕事ができるということになります。

 前述の大学での調査で、英語を勉強しない理由として「毎日生活していて、英語が必用だということを感じない」という意見がありました。これには、なるほどと思いました。たしかに英語を話したり、読んだりする機会は日常まったくないといってもいいでしょう。このごろは、街を歩いている外人だって、流暢な日本語を話すほどです。

 ではなぜ、企業は英語力のある人材を求めているのでしょうか。グローバリゼーションが進み、海外に直接、間接、海外との関係を持たない企業はきわめて少なくなっています。ビジネスマンであれば、いつ海外出張や赴任を命じられるかもしれません。原材料の海外からの調達も急増しています。

 さらに重要視されているのが、英語が話せる、話せないのを超えて、国際感覚です。翻訳や通訳を使えば、英語ができなくても、ほとんど用は足りるでしょう。本当はいちばん英語ができなくてはならない政治家ですら、英語が堪能だというと有名になるほどですから。しかし、国際感覚はどの政治家にも必要不可欠です。

 英語に自信があれば、国際感覚はいっそう高まることは間違いありません。ビジネスパーソンにとって大事なのは、英語力もさることながら、それを必用とする国際感覚であって、ただ外国人とぺらぺらとしゃべれることではありません。

 実力が評価される時代にあって、企業で働く人たちは同僚たちと差をつけるには、やはり英語は“見えやすい”能力だといえます。

 どうすれば英語がうまくなるか。私の考えで次の5点をあげておきます。

1. 学習する目的を明確にしておく
 ・TOEICの点数を上げるため
 ・入社して国際部門で働きたいから
 ・海外勤務で困らないようにするため
 ・外資系企業で働きたいから
 ・通訳や翻訳家として仕事ができるようになるため
 ・留学をしたいから
 ・外国人との会話に困らないため
 ・外国人と文通やメールができるようになりたいため
 ・海外旅行に行ったとき困らないため
 ・教養として英語力は身につけておきたいから
 ・外国の雑誌や新聞を読みたいから
 ・海外の情報に精通していたいため
2. 上記の目的と自分の特徴(高校時代英語が得意だった、記憶力がいい、海外に強いあこがれがあるなど)に合った学習方法を決める
3. 楽しみながら、あわてず、持続して学習をする
4. 生活の中に英語がある環境をつくる
 ・字幕のない英語の映画やテレビ番組を定期的に見る
 ・英語しか話せない外国人と友達になる
 ・海外にメールの交換ができる友だちをつくる
 ・英字新聞や海外の雑誌を購読する(家に届く)
5. 海外の政治・経済情勢、文化などに興味を持つ

 どのように英語を勉強したらよいか、あるいは、社員の英語教育をどのようにすればよいかなど、具体的に方法を相談したいという方がおられましたら、100名の方にかぎりお答えしますので、以下の[ご質問はこちら]をクリックしフォームよりご質問ください。なお、100名に達しない場合でも、ご質問の受付は12月15日をもって締め切らせていただきます。

 なお、的確な回答ができるよう、できるだけ質問をなさる背景のことをお知らせいただければ幸いです。


ご質問は締め切らせていただきました。
********* 【筆者プロフィール】 ****************************************
平田 周
三田教育研究所首席研究員
どうしたら若い人たちの知力、思考力、英語力を高めることができるかを研究しています。大企業、外資系企業、中小企業などでの勤務、ベンチャーの立ち上げ、大学で教鞭など、さまざまな体験をしてきました。元東京工科大学大学院バイオ・情報メディア研究科客員教授。専攻:国際情報論。
…………◇ 本連載に関するご意見・ご感想をお寄せください ◇……………
…………………………◇ メール: eduket@nextet.net ◇…………………………

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2017, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記